読書案内③(自然・環境)

本を読む「きっかけ」は、さまざまです。

 

①宣伝に惹かれる

②人に薦められる

③興味のある内容、必要なことが書かれてある本を探して手に入れる

④面白そうだと思って、読んでみる

⑤読むように指示される

 

 

本を入手する方法が、いくつかあります。

 

①人に借りる

②プレゼントされる

③図書館/図書室で閲覧する/借りる

④有料図書館、貸本屋などで借りる

⑤新刊を買う

⑥古本を買う

⑦物々交換

 

 

本を入手する「ルート」も、たくさんあります。

 

①書店、本屋、コンビニなど

②インターネットなど→配達

③古本屋、リサイクルショップなど

④古本市、フリーマーケットなど

⑤図書館、図書室、貸本屋など

⑥拾う

 

 

 

外国を旅行してみると、よくわかりますが、日本は、本当に本が豊かな国です。

日常の中に、本があふれています。

 

逆に、裕福ではない国では、本は、貴重な「知の資源」として、とても大切にされています。

それはそれで素晴らしいと思わされます。

 

 

日本は、出版大国です。

 

 

本が担った「役割」の大部分は、やがて「デジタル端末」に受け渡されるでしょう。

 

しかし、それでも、「本」は、その存在価値を失うことはないと思います。

 

 

私たちは、本があふれる国に住んでいます。

 

本を読まないのは、本当に、もったいない。

 

 

 

長い旅の途上』  星野 道夫

 

長い旅の途上

 

 

 

アラスカ 光と風』  星野 道夫

 

アラスカ 光と風

 

 

 

旅をする木』  星野 道夫

 

旅をする木

 

 

 

草花のふしぎ世界探検』  ピッキオ

 

草花のふしぎ世界探検

 

 

 

地球(ガイア)のささやき』  龍村 仁

 

地球のささやき

 

 

 

地球(ガイア)の祈り』  龍村 仁

 

地球の祈り

 

 

 

山の自然学』  小泉 武栄

 

山の自然学

 

 

 

白神山地――8000年の〈生命〉をたずねて』  鈴木 喜代春

 

白神山地

 

 

 

生物多様性と私たち――COP10から未来へ』  香坂 玲

 

生物多様性と私たち

 

 

 

地球環境読本――人間と地球の未来を考えるための30のヒント』  加藤 尚武

 

地球環境読本

 

 

 

環境問題の基本のキホン――物質とエネルギー』  志村 史夫

 

環境問題の基本のキホン

 

 

 

あなたが世界を変える日――12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ』  セヴァン・カリス=スズキ

 

あなたが世界を変える日

 

 

 

環境とつき合う50話』  森住 明弘

 

環境とつきあう50話

 

 

 

循環型社会入門』  片谷 教孝 / 鈴木 嘉彦

 

循環型社会入門

 

 

 

森のこころと文明』  安田 喜憲

 

森のこころと文明

 

 

 

沈黙の春』  レイチェル・カーソン / 青樹 簗一 訳

 

沈黙の春

 

 

 

運命の海に出会って――レイチェル・カーソン』  マーティー・ジェザー / 山口 和代 訳

 

運命の海に出会って

 

 

 

ガラスの地球を救え――21世紀の君たちへ』  手塚 治虫

 

ガラスの地球を救え

 

 

 

鉄が地球温暖化を防ぐ』  畠山 重篤

 

鉄が地球温暖化を防ぐ

 

 

 

森よ生き返れ』 宮脇 昭

 

森よ生き返れ

 

 

 

富士山を汚すのは誰か ――清掃登山と環境問題』  野口 健

 

富士山を汚すのは誰か

 

 

 

野生動物の首をしめるゴミ』  宮崎 学

 

野生動物の首をしめるゴミ

 

 

 

タマゾン川――多摩川でいのちを考える』  山崎 充哲

 

タマゾン川

 

 

 

(ivy 松村)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>