英語の発音「オウ」と「オー」①

夏期講習前に、英語の発音について書いた記事を、手直ししようと思ったまま放置していました。

せっかくなので、載せますね。

 

 

 

英語の「発音問題」で、特に気を付けたいのが、[ou](オウ)と[ɔː](オー)の識別です。

 

・「オウ」→[ou]…二重母音

・「オー」→[ɔː]…長母音

 

 

日本人は、この2種類の発音を曖昧に認識しています。

たとえば、「王様」(オウサマ)に声をかけるときに、多くの人は「オーサマ」と言います。

 

日本語の発音体系は、両者に差異を見出しません。

そのために、英語の[ou](オウ)と[ɔː](オー)は混合されて日本語に取り入れられました。

 

以下の英単語の発音を思い起こしてみましょう。

 

“go”「行く」

“open”「開ける」

“over”「~の上に」

“home”「家庭」

 

 

 

確認してみましょう。

 

“go”の発音は、[gou](ゴウ)です。「ゴー」ではありません。

“open”発音は、[oupən](オウペン)です。「オープン」ではありません。

“over”の発音は、[ouvər](オウヴァ)です。「オーバー」ではありません。

“home”の発音は、[houm](ホウム)です。「ホーム」ではありません。

 

 

 

英語は、[ou](オウ)と[ɔː](オー)を明確に区別します。

以下の例を見てみましょう。

 

 

二重母音 長母音
[ou](オウ) [ɔː](オー)
ow オウ aw オー
so ソウ saw ソー
low ロウ law ロー
loan ロウン lawn ローン
flow フロウ flaw フロー
hole ホウル hall ホール
bowl ボウル ball ボール
coal コウル call コール
cold コウルド called コールド
coat コウト court コート
boat ボウト bought ボート
stole ストウル stall ストール
woke ウォウク walk ウォーク

 

 

 

これらの語は、それぞれ違う発音なので、注意しなければなりません。

 

 

それから、私たちは、二重母音の[ou](オウ)と短母音の[o](オ)を混同していることがあります。

 

以下の英単語の発音を思い起こしてみましょう。

 

“only”「唯一の」

“sofa”「長いす」

“hotel”「宿泊所」

“hello”「やあ」

 

 

確認してみましょう。

 

“only”の発音は、[ounli](オウンリ)です。「オンリー」ではありません。

“sofa”の発音は、[soufa](ソウファ)です。「ソファー」ではありません。

“hotel”の発音は、[houtel](ホウテル)です。「ホテル」ではありません。

“hello”の発音は、[helou](ヘロウ)です。「ハロー」ではありません。

 

 

 

私たちは、特に、[ou](オウ)の発音に気を配らなければならないということがわかります。

 

(ivy 松村)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>