英語の発音「オウ」と「オー」④

英単語の語末が「子音+e」で終わる場合、子音の直前の母音を二重母音にして発音します。

 

したがって、「o+子音+e」のつづりは、基本的に[ou](オウ)の発音になります。

 

しかし、多くの「例外」があるので、注意が必要です。

 

 

 

hole(ホウル)「穴」→×「ホール」

whole(ホウル)「全体の」

role(ロウル)「役割」→×「ロール」

sole(ソウル)「靴の裏」→×「ソール」

pole(ポウル)「さお」→×「ポール」

stole(ストウル) *“steal”の過去形

 

clothe(クロウズ)「着せる」

 

close(クロウス)「近い」

close(クロウズ)「閉じる」

rose(ロウズ)「薔薇」*“rise”の過去形、「バラ」

nose(ノウズ)「鼻」

those(ゾウズ)「あれらの」

chose(チョウズ) *“choose”の過去形

pose(ポウズ)→×「ポーズ」

arose(アロウズ) *“arise”の過去形

suppose(サポウズ)「~だと思う」

propose(プラポウズ)「結婚を申し込む」→×「プロポーズ」

 

froze(フロウズ) *“freeze”の過去形

 

bone(ボウン)「骨」→「ボーン」

tone(トオウン)「音色」→×「トーン」

cone(コウン)「円錐」→×「コーン」

zone(ゾウン)「地帯」→×「ゾーン」

phone(フォウン)「電話」→×「フォーン」

throne(スロウン)「王座」

stone(ストウン)「石」→×「ストーン」

postpone(ポウストポウン)「延期する」

 

lone(ロウン)「一人の」clone(クロウン)→×「クローン」

alone(アロウン)「独りで」→×「アローン」

lonely(ロウンリィ)「孤独な」→×「ロンリー」

 

vote(ヴォウト)「投票する」

wrote(ロウト) *“write”の過去形

remote(リモウト)「遠隔の」→×「リモート」

note(ノウト)「覚え書き」→×「ノート」

notebook(ノウトブク)→×「ノートブック」

 

coke(コウク)「コカ・コーラ」→×「コーク」

woke(ウォウク) *“wake”の過去形

joke(ジョウク)「冗談」→×「ジョーク」

smoke(スモウク)「煙」→×「スモーク」

spoke(スポウク) *“speak”の過去形

stroke(ストロウク)「ひとかき」→×「ストローク」

 

code(コウド)「記号」→×「コード」

rode(ロウド)“ride”の過去形

mode(モウド)「様式」→×「モード」

explode(イクスプロウド)「爆発する」

 

home(ホウム)「自宅」→×「ホーム」

dome(ドウム)「丸い天井」→×「ドーム」

Rome(ロウム)→×「ローマ」

rhizome(リゾウム)「地下茎」→×「リゾーム」

syndrome(シンドロウム)症候群」→×「シンドローム」

 

rope(ロウプ)「なわ」→×「ロープ」

hope(ホウプ)「望み」→×「ホープ」

scope(スコウプ)「視野」→×「スコープ」

slope(ソロウプ)「傾斜」→×「スロープ」

globe(グロウヴ)「地球」→×「グローブ」

envelope(エンヴァロウプ)「封筒」

 

cove(コウヴ)「入り江」

wove(ウォウヴ) *“weave”の過去形 *→“weaved”

dove (ドウヴ) *“dive”の過去形 *→“dived”

drove(ドロウヴ) *“drive”の過去形

stove(ストウヴ)「レンジ、暖炉」→×「ストーブ」

mangrove(マングロウヴ)→×「マングローブ」

 

 

 

 

[ɔː]/[ɔːr](オー)の発音になる単語:

 

gone(ゴーン) *“go”の過去分詞形

 

ore(オーァ)「鉱石」

more(モーァ) *“many”の比較級

core(コーァ)「中心」

tore(トーァ) *“tear”の過去形

sore(ソーァ)「痛い」

shore(ショーァ)「岸」

bore (ボーァ) 「退屈させる」*“bear”の過去形

wore(ウォーァ) *“wear”の過去形

score(スコーァ)「得点」

store(ストーァ)「店」

before(ビフォーァ)「~の前に」

 

 

 

[uː](ウー)の発音:

 

lose(ルーズ)「失う」

whose(フーズ)「誰の」

 

move(ムーヴ)「動かす」

remove(リムーヴ)「取り除く」

prove(プルーヴ)「証明する」

approve(アプルーヴ)「良いと認める」

reprove(リプルーヴ)「叱る」

improve(インプルーヴ)「改善する」

 

 

 

[ʌ](ア)の発音:

 

one(ワン)「一」

none(ナン)「どれも~ない」

done(ダン) *“do”の過去分詞形

come(カム)「来る」

some(サム)「いくらかの」

dove(ダヴ)「鳩」

love(ラヴ)「愛」

above(アバヴ)「~より上に」

glove(グラヴ)「手袋」

shove(シャヴ)「押しのける」

 

 

 

その他、[ə](ア)=「弱い発音のア」になるものもあります。

 

awesome(オーサム)[ɔːsəm]「すさまじい」

handsome(ハンサム)「凛々しい」

lonesome(ロウンサム)「寂しい」

 

purpose(パーパス)[pəːrpəs]「目的」

 

 

 

(ivy 松村)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>