英語の発音「オウ」と「オー」⑤

“oa”のつづりは[ou](オウ)と読みます。

 

oak(オウク)→×「オーク」〈植物〉

oatmeal(オウトミール)→×「オートミール」

boat(ボウト)→×「ボート」

coat(コウト)→×「(上着の)コート」

float(フロウト)「浮かぶ」)→×「フロート」

coast(コウスト)「海岸」→×「コースト」

toast(トウスト)→×「トースト」

roast(ロースト)→×「ロースト」

throat(スロウト)「のど」→×「スロート」

boast(ボウスト)「自慢」

toad(トウド)「ヒキガエル」

goal(ゴウル)→×「ゴール」

coal(コウル)「石炭」→×「コール」

coach (コウチ)→×「コーチ」

poach(ポウチ)「ゆでる」

approach(アプロウチ)「接近する」→×「アプローチ」

soak(ソウク)「浸す」

soap(ソウプ)「石鹸」→×「ソープ」

loaf(ロウフ)「パン一斤」

foam(フォウム)「泡」→×「フォーム」

roaming(ロウミング)→×「ローミング」

loan(ロウン)→×「ローン」

moan(モウン)「うめき声」

road(ロウド)「道」→×「ロード」

 

 

以下のような単語は[ɔː](オー)になります。

 

broad(ブロード)「広い」

abroad(アブロード)「海外に」

broadcast(ブロードキャスト)「放送」

Broadway(ブロードウェイ)「ブロードウェイ」

 

“road”(ロウド)との発音の違いに気をつけてください。

 

 

また、“oa”を含む、以下のような特殊な発音の単語にも注意しましょう。

 

cocoa(コウコウ)→×「ココア」

koala(コウアーラ)→×「コアラ」

oasis(オウエイシス)→×「オアシス」

 

 

 

“oa”に“r”がついて、“oar”になると、[ɔːr](オーァ)になります。

 

oar(オーァ)→×「オール」

soar(ソーァ)「舞い上がる」

roar(ローァ)「轟音」

coarse(コーァス)「粗い」

hoarse(ホーァス)「かすれた声の」

board(ボーァド)「板」

aboard(アボーァド)「搭乗して」

cupboard(カボーァド)「食器棚」

hoard(ホーァド)「蓄える」

 

 

 

つづりが“oe”となる単語は、発音が[ou]となります。

 

 

doe(ドウ)「(鹿や羊の)雌」

toe(トウ)「つま先」

hoe(ホウ)「鍬(くわ)」

roe(ロウ)「魚の卵」

foe(フォウ)「敵」

woe(ウォウ)「悲哀」

 

aloe(アロウ)→×「アロエ」

floe(フロウ)「(水に浮いている)氷原」

sloe(スロウ)「スモモの一種」

throe(スロウ)「激痛」

oboe(オウボウ)→×「オーボエ」〈楽器〉

 

 

 

以下のような単語は、例外です。

 

[uː](ウー)

shoe(シュゥー)「靴」

canoe(カヌゥー)「カヌー」

 

[ʌ](ア)

does(ダズ)

 

 

 

さらに、つづりが「ol+子音」のときに、[ou](オウ)の発音が現れる単語があります。

 

folk song(フォウク・ソング)→×「フォーク・ソング」

 

“folk”の“l”は黙字です。発音しません。

 

 

old(オウルド)「古い」→×「オールド」

hold(ホウルド)「持つ」→×「ホールド」

cold(コウルド)「寒い」→×「コールド」

gold(ゴウルド)「黄金」→×「ゴールド」

told(トウルド)*“tell”の過去形・過去分詞形→×「トールド」

fold(フォウルド)「折りたたむ」→×「フォールド」

mold(モウルド)「鋳型」

sold(ソウルド)*“sell”の過去形・過去分詞形→×「ソールド」

 

bolt(ボウルト)→×「ボルト」

jolt(ジョウルト)「揺さぶる」

dolt(ドウルト)「うすのろ」

molt(モウルト)「(動物の)毛の生え替わり」

colt(コウルト)「雄の子馬」

volt(ヴォウルト)→×「ボルト」〈電圧の単位〉

revolt (リヴォウルト)「反乱」

 

holy(ホウリィ)「神聖な」

 

roll(ロウル)「転がる」→×「ロール」

poll(ポウル)「投票」

toll(トウル)「通行料」

 

 

“oll”の“o”を[ɔː](オー)と読む単語もあります。

 

[ɔː](オー)

doll(ドール)「人形」

 

 

つづりが“ost”の単語も、やはり[ou](オウ)の発音になります。

 

 

host(ホウスト)「主人」→×「ホスト」

most(モウスト)→×「モースト」

post(ポウスト)→×「ポスト」

ghost(ゴウスト)→「幽霊」×「ゴースト」

 

 

 

 

ただし、以下の単語などは、[ɔ](オ)あるいは、[ɔː](オー)と発音されます。

 

 

lost(ロスト、ロースト)*“lose”の過去形・過去分詞形

cost(コスト、コースト)「費用」

 

roster(ロースタァ)「(スポーツチームの)選手名簿」

foster(フォースタァ)「育成する」

 

Boston(ボースタン、ボスタン)「ボストン」

 

 

 

一方、つづりが「al+子音」のときは、[ɔː](オー)になることがあります。

 

all(オール)「すべて」

ball(ボール)「ボール」

fall(フォール)「落ちる」

tall(トール)「背が高い」

wall(ウォール)「壁」

hall(ホール)「ホール」

call(コール)「呼ぶ」

mall(モール)「(ショッピング)モール」

small(スモール)「小さい」

stall(ストール)「失速する」

install(インストール)「インストール」

 

also(オールソウ)「~もまた」→×「オルソー」

almost(オールモウスト)「ほとんどの」→×「オールモスト」

alternative(オールターナティヴ)「代わりの」→×「オルタナティブ」

although(オー[ル]ゾウ)「しかしながら」

always(オー[ル]ウェイズ)「いつも」

already(オー[ル]レディ)「すでに」

 

salt(ソールト)「塩」→×「ソルト」

halt(ホールト)「停止」

malt(モールト)「麦芽」→×「モルト」

falter(フォールタァ) 「つまづく」

Yalta(ヨールタ)→×「ヤルタ」 *「ヤルタ会談」の

Baltic(ボールティック)「バルト海の」→×「バルチック」

 

 

 

次のような単語の“l”は発音しません。

 

walk(ウォーク)「歩く」

talk(トーク)「話す」

calk(コーク)「滑り止めの釘」

chalk(チョーク)「チョーク」

balk(ボーク)「(野球の)ボーク」

 

 

次の単語は、発音が[ɔː](オー)または[ɑː](アー)となります。

 

calm(コーム)「穏やかな」 *(カーム)も

balm(ボーム)「芳香」 *(バーム)も

palm(ポーム)「ヤシの葉」 *(パーム)も

almond(オーマンド)→×「アーモンド」 *(アーマンド)も

 

 

以下の単語は、[ɑː]/[æː](アー)になります。

 

half(ハーフ)「半分」

calf(カーフ)「子牛」

salmon(サーモン)「鮭」

 

 

その他、語頭の“al”の発音は、基本的には[æl](アル)または、[əl](アル)になります。

 

[æl](アル):

alps(アルプス)「アルプス山脈」

album(アルバム)「アルバム」

alcohol(アルカホール)→×「アルコール」

alphabet(アルファベト)「アルファベット」

algorithm(アルガリズム)「アルゴリズム」

alkali(アルカリ)「アルカリ」

Algeria(アルジアリア)「アルジェリア」

allegory(アレゴーリィ)「寓話」

allergy(アレァジィ)→×「アレルギー」

 

[əl](アル):

alliance(アライアンス)「同盟」

allegro(アレグロウ)→×「アレグロ」〈音楽用語〉

 

 

「ついで」の話ですが、“alien”(エイリアン)「外から来た人」は、「al+子音」の構成の単語ではありませんが、“al”の発音の例外ですので、覚えておきましょう。

 

 

それから、語末が「~al」の形容詞に「ly」をつけて副詞にすると「al+子音」の構成になりますが、この場合の発音は、[əl](アル)になります。

 

 

actually、basically、cynically、especially、finally、generally、gradually、individually、internationally、locally、logically、musically、nationally、naturally、normally、officially、originally、regionally、specially、severally、technically、traditionally、universally、usually…など。

 

“really”は、「リアリィ」という人もいますが、多くの人は「リーリィ」といいます。

 

 

 (ivy 松村)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>