都立中の「作文」④

白鷗中学は、28年度まで、「作文」に「条件」を設けていましたが、29年度から「条件」を失くしています。

他の中学が「構成の統制」を進めているのに対し、自由度を高くしているわけですから、ちょっと珍しい傾向だといえるかもしれません。

 

しかし、28年度からは、説明系の「作文」にシフトしています。

 

したがって、問題の「性質上」、「体験」を延々書き連ねるような「ワンパターン作文」を書いてしまうと、点数が上がってこないと思います。

 

 

白鷗27

〔問題3〕

あなたの将来の目標について、資料A 資料Bをふまえ、次の条件(1)~条件(3)を全て満たして四百字以上四百五十字以内で書きなさい。

 

条件(1) 学校や家庭での生活の中で、あなたが「直観」または「直感」を使った例や経験を書く。

条件(2) あなたの将来の目標に近づくために、今後身に着けていく必要があることを書く。

条件(3) 条件(1)の例や条件(2)の必要なことがどのように結びつくと考えるかを書く。

 

 

白鷗28

〔問題3〕

あなたの身近にある道具について、資料A 資料Bをふまえ、次の条件(1)~条件(3)を全て満たして四百字以上四百五十字以内で書きなさい。

なお、取り上げる道具を解答用紙の最初のらんに書きなさい。このらんは、字数に数えません。

条件(1) ある共通の機能を持ち、「多様性」を残しているものと、機能を特化したものを取り上げる。ただし、資料Bにある金槌とハンマーの例は用いないこと。

条件(2) 取り上げたものそれぞれの特徴について書く。

条件(3) 取り上げたもののうちどちらがよいか、あなたの考えとその理由を書く。

 

 

白鷗29

〔問題3〕

あなたは将来、海外から日本に来た方にどのようにして「おもてなし」をしようと思いますか。本文をふまえ、四百字以上四百五十字以内で具体的に書きなさい。

 

 

白鷗30

〔問題3〕

私たちが生きている社会の中で、資料B の「思考停止」してしまっている例を一つあげ、それを変え多様性を大切にしていくためにはどうしたらよいか、資料A、資料Bの内容をふまえて、あなたの考えを四百字以上四百五十字以内で書きなさい。

 

 

 

三鷹中もまた、29度以降、出題傾向が変わりました。

 

三鷹は、例年、「文学的文章」(小説・随筆)と「説明的文章」の2つの課題文が用意されます。

それぞれの文章について、記述問題が1題、「短い作文」(180~200字)が1題出題され、全体で計4題の出題となります。

 

つまり、三鷹中学の「適性検査Ⅰ」は、他の都立中と一線を画す出題形式となっているわけですが、詳細に見てみると、やはり最近2年の問題に変化がみられます。

 

 

28年度まで、200字程度の2つの「短い作文」は、ともに「体験」を組み込んで書くタイプのものでしたが、29年度以降、「体験」を組み込んで書くものは1つだけとなりました。

 

27年度の[1]の〔問題2〕は、ちょっと「イレギュラー」な出題となり、「体験」を組み込む指示のない問題となっていますが、従来2つの「短い作文」は、基本的に「体験」を組み込んで書く「傾向」が定着していました。

 

明確に「方向性」が固まり、「体験」を組み込むものが1つにしぼられるのは、29年度からです。

 

 

三鷹中の29年度以降の出題内容は、以下のように整理されました。

 

〔問題1〕「理由」の説明〔心情〕(50~60字)

〔問題2〕体験を組み込んだ「短い作文」〔主題〕(180~200字)

〔問題3〕「内容」の説明〔文脈〕(50~60字)

〔問題4〕「具体例」をともなった説明〔主題〕(180~200字)

 

 

三鷹中の、過去4年の「適性検査Ⅰ」の問題を確認してみましょう。

 

 

三鷹27

[1]

〔問題1〕「堂々と答えられる」のはなぜか。本文の言葉を使って、二十八字以上三十五字以内で説明しなさい。

 

〔問題2〕 「まど・みちお、という名前に出会うより、ずっとずっと前に、私は『ぞうさん』に出会っていた。」と同じように、次の空らんにそれぞれ十字以内の適語を入れて題名を作り、あなたにとって「出会い」とは何かを百八十字以上二百字以内で書きなさい。

 

[2]

〔問題1〕

空らんに入る語句を三字以上六字以内で書きなさい。

 

〔問題2〕

「なつかしい風景の復活」とありますが、自分の家と川がつながっていることを一人ひとりが意識しなければ、多摩川が再生の道を歩むことはできませんでした。川の汚染以外で、あなたが学校で学んだ環境問題を挙げ、それについてあなたの考えを学校生活の中での体験を交えて百八十字以上二百字以内で書きなさい。

 

 

三鷹28

〔問題1〕

宮崎県出身の友だちに不思議そうに「なんで?」と聞き返されたのだ。とありますが、それはなぜですか。六十字以上七十字以内で説明しなさい。

 

〔問題2〕

「私たちの目の高さは、蟻にとっては大空なんです」という言葉を通じて筆者が言いたいことを、あなたの体験を交えて一六〇字以上一八〇字以内で説明しなさい。なお、必ず「角度」「他者」ということばを両方用いること。

 

〔問題3〕

「人生は旅」という隠喩は、人生に対するどのような思考から生まれたものですか。筆者の言葉を用いて、四十字以上四十五字以内で説明しなさい。

 

〔問題4〕

あなたの小学校時代について比喩を用いて次の空らんの中に表しなさい。また、その比喩を用いた理由を、あなたの体験を交え、一六〇字以上一八〇字以内で説明しなさい。

 

 

三鷹29

〔問題1〕

ガネーシャが、『人間は意識を変えることはできない』 と言ったのはなぜですか。本文中にある「楽」「期待」の二語を必ず用いて、五十字以上六十字以内で書きなさい。

 

〔問題2〕

『変わる』 とは、この場面ではどのようなことを意味していますか。あなた自身の具体的な体験を交えて、百六十字以上百八十字以内で説明しなさい。

 

〔問題3〕

「明治のはじめ、日本は固有の文化はすべて価値なしと考えた。」

とあるが、そのように考えたのはなぜであると、筆者は説明しているか。本文で挙げられている例を出しながら、四十字以上五十字以内で書きなさい。

 

〔問題4〕

筆者の言うような、「外国の真似をすればいい、と誤った観念にしばられ」ない考えをもつためには、あなたはどうすればよいと思いますか。具体的な取り組みや手立てを挙げながら、一八〇字以上二〇〇字以内で書きなさい。

 

 

三鷹30

〔問題1〕

「ポロポロなみだをこぼし」とありますが、このときの小鳥がなみだを流した理由を、五十字以上六十字以内で説明しなさい。

 

〔問題2〕

「お父さまのおっしゃったこと」とありますが、霜王様の言葉から北風はどのようなことを学びましたか。本文中の言葉を使いながら、あなた自身の体験も交えて、百八十字以上二百字以内で説明しなさい。

 

〔問題3〕

「言葉の用いられ方や、言葉の持つ印象は時代によって変わっていく。」とありますが、時代によって変化していく言葉をどのように受け入れていけばよいと筆者は説明していますか。五十字以上六十字以内で書きなさい。

 

〔問題4〕

「名前が変われば、意識が変わる。常識が変わる。」とありますが、このことから筆者はどのようなことを伝えたいと考えていますか。あなたが考える「○○って、△△だ。」という命名法を用いた具体例を挙げながら百八十字以上二百字以内で説明しなさい。

 

 

(ivy 松村)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>