都立中入試と「いりたま作文」②

「いりたま作文」の「原形」は、かなり古い時代から存在しています。

70年代、80年代にはすでに使われていたと思われます。

 

それは、もともと100~200程度で「意見」を書かせる入試問題に対応するために考案されたものです。

 

100~200字程度で「意見」を書く場合、結論を先に書くのがセオリーです。字数オーバーにならないように、まず、結論を書いて、残りの字数で、書き切れるように調整しながら「理由」を書くと、はやく、確実に問題に対処できるわけです。

 

ですから、「い」→「り」の順番で「作文」を書くというのは、あながち間違った方法というわけではありません。

 

たとえば、200字の「作文」を出題する三鷹中の入試問題などでは、堅実な答案をつくることができるでしょう。

 

私自身、まず200字程度で「意見→理由」を述べる「疑似いりたま作文」を書かせるところから、指導を始めます。

 

 

しかし、一般的な都立中の「作文」の解答を「いりたま作文」で書くと、バランスを欠いた薄気味悪い文章が出来上がります。

 

ひとつは、先に書いたように、「なぜなら」を適切に使うように指導がなされていないからです。

 

さらにもうひとつ、まったく単純な理由を挙げることができます。

 

多くの都立中の「作文」は、400字程度の字数設定となっていますが、その「400字」という字数が、「いりたま作文」が有効性を発揮する「キャパ」を超えているわけです。

 

「いりたま作文」で「400字の作文」を書くと、冗長になってしまうのです。

 

 

200字程度が「最適」である「いりたま作文」を、「400字」に適合させると、答案用紙を「埋める」作業が必要になります。

そのため、多くの「いりたま作文」が、「た」にあたる「体験」を引き延ばして書き、文量を稼ぐような構成になります。

 

著しくバランスを書いた答案になると、400字のうち、300字程度も「体験」を書き連ねるというような歪な「作文」が出来上がります。

 

 

このような「体験」で「水増し」をするという「作文」の書き方を、都立中は嫌厭します。

 

それで、さまざまな「指示」を与えて「作文」の内容を制御したり、「体験」そのものを「作文」に組み込めないような出題形式にしたりして、「水増し作文」を封じ込める「対策」が取られるようになったわけです。

 

 

 

前にも書いたように、私は、「いりたま作文」をあまり好ましく思っていません。

 

 

ここではあまり多くを述べませんが、「いりたま作文」は、その文章自体に欠陥があらわれやすいということ以上に、「その型」で文章を書き続けるということに大きな弊害があります。

 

 

しかし、それでも、「業界」がこれを受験対策に導入したことについては、ある意味当然のことだと考えています。

 

受験指導を行う者は、「合格」に対して、現実的、合理的であるべきだと思うからです。

 

 

 

都立中入試の黎明期に、「作文」に対応する「切り札」として導入された「いりたま作文」は、これまで、存分にその効果を発揮してきました。

それぞれの都立中で作成された「作文」の問題は、「いりたま作文」にがっちりハマるものが多くありました。

 

 

しかし、受検生のほとんどが「いりたま作文」を書くようになり、客観的な学力判定が困難になってしまいました。

 

そこで、「いりたま作文」を発動させないような問題形式が「トレンド」にあらわれてきたわけです。

 

 

近年、「適性検査Ⅰ」では、なかなか高得点を取れなくなっているという話を聞きますが、その主因は、やはり出題傾向の変化にあると考えられます。

 

「作問・採点側」は、「いりたま作文」を排除しようとしているのに、「指導・解答側」が、依然として「いりたま作文」(の応用)で対応しようとしているために、得点が得られないわけです。

 

 

 

「共通問題」の導入を契機として、都立中入試は、明らかに「新しいフェーズ」に突入しました。

 

 

いまや「いりたま作文」は「旧式の方法論」となりつつあります。

 

 

去年の段階ではまだ気づけませんでしたが、今年の入試問題を見て、確信しました。

 

 

 

今後は、「こちら側」も対策を考えていかなければなりませんね。

 

 

(ivy 松村)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>