都立高校推薦入試

明日から都立高校の推薦入試が始まります。

 

1日で終わらせる高校もありますが、基本的には2日かけて行われます。

 

1日目は集団討論と作文、2日目は面接を行う高校が多いようです。

面接の待ち時間が長くならないための配慮ですね。

1日目の終わりに指示があり、2日目は面接の時間に合わせて集合するようになっています。

 

ivyでは、都立高校推薦入試対策に力を入れて指導してきました。

作文指導・添削、個人面接練習・指導、集団討論演習・指導など、合計で15時間を超える時間を費やして対策を行いました。

 

これだけ多くの時間をかけて都立推薦対策を行った生徒は他にはないと思います。

後は、生徒のみなさんが、今日までの対策を通して培ったこと、身につけたことを出し切ってほしいと願うのみです。

 

 

塾の中には、都立の推薦入試は「受かったらラッキーだ」と教え、とにかく一般受験の勉強をするように指導するところもあるようです。

 

それも、ひとつの考え方なのかもしれません。

 

実際、都立の推薦は、内申+「素質」が大きく結果にあらわれる入試です。

「表現すること」「伝えること」が苦手な生徒が、短期間でその「素質」を身につけることはなかなか厳しいものです。

 

もちろん、私たち人間は、訓練や練習を通して能力を伸ばしていくことができます。

苦手なことを「一生苦手」とするかどうかは、自分の取り組み次第です。

 

時間をかけて訓練を積んでいけば、考えをまとめて文章を書いたり、論理的に意見を述べたり、相手の発言の趣旨をくみ取って応答したりすることができるようになります。

 

しかし、受験生の貴重な時間を悠長に使うことはできません。

 

時間のない中で、効率的ではない対策に時間をとるくらいなら、はじめから割り切って、都立推薦対策をしない、という選択もあるのでしょう。また、労力や経費の面での問題もあるのでしょう。

 

 

ですから「推薦入試に費やす時間を少なくし、その分を勉強に使うようにすれば、それだけ合格の可能性が増すのだ」というようなことをいう人がいます。そういう人は、究極的には推薦入試を受けることも時間の浪費であると考えます。しかし、本当にそうでしょうか。

 

それは、時間を消耗品としてとらえる発想です。

一面では正しいですが、発想が硬直していると思います。

 

人間の成長は時間には比例しません。

 

時間を節約したからといって、そのことが学力を伸ばすことに直接つながることはありません。

人を成長させるものは、経験と感動と発見です。

毎年推薦入試対策を行っていますが、集団討論が導入されて以降、特にそのことを強く感じます。

短期間でこれほど人は成長するのか、と思わされるのです。

 

私は都立の推薦入試はよいものだと思っています。

塾の教師として何をすべきなのか、ということも明確にわかってきました。

出来れば今後、全員に受けてほしいと思っているくらいです。

間違いなく、その経験が財産になります。

 

 

 

一般入試の受験勉強との兼ね合いの中で、できる限りの推薦入試対策を行いました。授業前、授業後、それから授業のない日、面接や討論で「ダメ出し」を受けまくって、作文を何度も書き直しました。

 

それでも可能性は、なかなか厳しいと思っています。

その理由も生徒のみなさんに伝えました。

 

そして、そのうえで、それでも全力で推薦入試対策に取り組むことの意義を伝えました。

「あきらめ」と「覚悟」は違います。

 

 

今日は、最後の推薦入試対策特訓でした。

最後の討論演習で、一人ひとりの可能性を目にしました。

その輝きに、魂が震えました。

 

 

都立高校推薦入試は、高校受験全体の中の一部のパートであると同時に、ゴールへの扉でもあります。

 

私たちは、ここでゴールするのだという意志を持って準備してきました。

そのために使った時間も労力も、無駄になることはありません。

人生においても、受験においても。

 

もし、その扉をこじ開け、志望校の一員になることができたら、いっしょに喜びを分かち合いましょう。

 

 

 (ivy 松村)

どのように過去問を解くのか

 

 

昨日は、山梨に高校入試応援に行ってきました。高校入試の幕開けでした。

向こうは雪が積もっていて、歩くのに難儀しました。

縁起を担ぐわけではありませんが、自分のためというよりも、生徒のために一歩一歩気を付けながら歩いたのでした。

 

今日はセンターテストが行われました。

いよいよ入試のシーズンが本格的に到来したのだという感慨に、身が引き締まります。

 

 

 

この時期に、受験生は過去問を解きます。

 

もちろん、合格最低点を公表している高校の過去問を解くときには、それを越える点数を取ることを意識しなければなりません。

 

しかし、合格点を取る、ということが過去問を解く目的ではありません。

合格の可能性を計る、というのもちょっと違います。

 

 

塾の教師は「一点にこだわれ!」などと言って、受験生を鼓舞します。

私も、点数に対して貪欲になれ、というようなことを受験生によく言っています。

 

しかし、合格点が取れているかどうかということを、ことさら重視してはいません。

 

結局、過去問は入試で合格点を取るための練習材料です。

「その問題の点数を取れるかどうか」にこだわるのは本質を逸しています。

 

「入試本番で点数を取れるようになる」ために活用するものです。

 

 

 

少し考えればわかりますが、スポーツの大会前の調整試合などに負けることがあって、執拗に「負けたこと」を反省させるような指導者がいたら、ちょっと馬鹿げています。

 

調整試合は、本番で最も良いパフォーマンスを出すために、活用されるべきものです。

 

論理的な指導者の下でスポーツのトレーニングをした経験がある人はわかると思うのですが、調整試合には、その度ごとにテーマがあって、それができるかどうか、あるいはできているかどうかを確認するために試合を行うのです。

 

 

例えば、サッカーであれば、あるシステムを採用してみて、ボールの位置がこうなったときには特定の選手はこう動く、といったような約束事をゲームの中でできるかどうかといった確認。

または、守備の選手を入れ替えたときに守備陣形をこの位置で維持できるかどうかといった確認。

本番に備えて、そういったことを確認して、より良いやり方を採用したり修正したりするのです。

 

 

こうした「調整」はすべて、本番で、狙った通りの試合運びを行うためにあるものです。

当然ですが、最も考慮しなければならないのは「本番の結果」であって、すべての調整はそのための資源でしかありません。

 

 

過去問を解いた後で、生徒と「反省会」をします。その中で、何について話をするのかというと、プラン通りの「試験運び」ができたかどうかです。

特に、時間制限が厳しいことがわかっている高校を受ける生徒には、時間の使い方について細かく話をします。

 

 

チャレンジ校の過去問を解く場合、毎回毎回合格点に達することができない、ということが普通にあります。いつまでたっても光明が見えてこないという状況です。

それだけ厳しい挑戦をするということを決意したのです。

 

チャレンジ受験が第一志望になる場合、粘って粘って合格可能性をじりじり上げていく根性が必要になります。

それを養うために過去問を活用するのです。

 

 

過去問を解くのは 問題に慣れるためではありません。

合格できるかどうかを計るためでもありません。

 

合格点を取るために、何をするべきか、何ができるのかを分析するために過去問を解くのです。

 

 

(ivy 松村)

冬期講習終了

 

 

冬期講習が終了しました。

 

生徒のみなさん、お疲れ様でした。

 

参加してくれた生徒さんにとっては、充実した冬期講習になりました。

 

講習最終日の今日は、中1の「月例テスト」でした。

「できないこと」に直面してしまった生徒にとっても、自分に足りない部分や伸ばしていかなければならない部分を発見したということは、逆説的に、これからの学習にとってプラスとなるものです。

まさに、「勉強しなければ」と再認識できたことが意義深いことでした。

 

この講習をきっかけに、塾で継続的に勉強をしていこうと決意した人もいます。冬期講習が、これからの生活の中に、大きな学習の流れを作っていくスタートになりました。

大事なのは「今から」です。頑張りましょう。

 

体調を崩してしまって参加できなかった人や、都合で参加できなかった人もいました。あせらずに、3学期からしっかりと取り組んでいきましょう。

 

 

中3生は入試に即した演習を中心とした冬期講習でした。毎日、英語小テストの直しをやってもらいましたが、ずいぶん後で、講習の思い出になっているかもしれません。

 

もう、すぐに入試本番を迎えます。不安もあると思いますが、「やるしかない」のです。覚悟をもって前に進むしかありません。

 

 

 

この時期に一番やってはいけないことは、ごまかすことです。

 

講習中にも中3生に、同じ内容の話をしましたが、今一度、ここに書いておきます。

 

受験が近づいてくると、重圧から逃げてゲームや携帯いじりに時間を費やしたために、指示のあった課題をやっていないのに「やったこと」にしたり、過去問を解いて「できなかった自分」を受け入れるのがあまりにつらくて、本当は全く点数が取れていないのに「取れていたこと」にしたりして、心の平穏に浸ろうとしたりする人が、必ずいます。

 

全国の受験生の4割くらいが、こうした愚かな行動を取ります。みなさんは、絶対にこうした間抜けな人たちの仲間入りをしないでください。

 

「ごまかし」と「報い」の間に因果関係があるのか、ということは科学的に証明されていません。ですから、こうした行為が本当によくない結果を導くことになるのか、という合理的な説明はできないのですが、経験的に、多くの人が「ごまかしをする人間は失敗をする」と考えています。

 

こうした行為は、人を欺いているわけではありませから、罪を犯したわけではありませんし、悪徳を働いたということでもありません。

 

ただ、刹那的に自分の心を楽にしたいという、あまりにもみじめな欲望によって、「自分」の成長を阻害しているのです。

 

 

受験は、精神的な戦いでもあります。

 

「弱い人間」は強くならなければ、結果をつかむことができません。

 

「弱い人間」にとって不利なイベントに参加させられていると考えますか?

 

自分の人生の道筋を思ってください。

これは、「強い自分」になるための試練となるのではありませんか?

受験をきっかけにして、自分を変えることができれば、その先の試練にも立ち向かっていけるのに。

 

だから、ゴミのような欲望に負けたらだめなのです。

 

強いプレッシャーを感じている人は、それだけ大きな挑戦をしているということでもあります。その挑戦は、必ず価値のあるものです。

 

いっしょに乗り越えていきましょう。

 

(ivy 松村)

Frohes Neues Jahr !

あけましておめでとうございます。

 

本年もどうぞ、ivyをよろしくお願いいたします。

 

 

中3は、いよいよ勝負の時が近づいています。

緊張や不安の中で精一杯頑張ろうとしているみなさんを、最後まで支えていきます。授業時間を延長したり、たくさん課題を出したり、厳しく注意したりするのも、真剣な気持ちの現れなのだと理解してもらえると嬉しいです。人生の中に、全力で勉強できる時間があるのは幸せなことです。

いっしょにがんばりましょう。

 

 

中2は、受験勉強をはじめる年になります。

中2の三学期が受験の鍵になります。3年の一学期になる前に、「貯金」しておかなければならないのは、皆さん自身がよく分かっていることだと思います。一月から、もう受験勉強が始まるのだという気持ちで取り組んでください。

いっしょにがんばりましょう。

 

 

中1は、学習に対する取り組みを強化していきましょう。

一・二学期を通して塾での学習ペースに慣れてきた人は、取り組みの方法や中身をレベルアップさせて、さらに上を目指していきましょう。中学の勉強を甘く見ていたために、勉強に焦りが出てきた人は、ここから、しっかり学習の習慣を作って、少しずつ状況を改善していきましょう。

いっしょにがんばりましょう。

 

 

小6は、いよいよ中学に上がる年です。

中学の勉強について行けるように、取り組み方や勉強方法をしっかりと教えていきます。不安もあると思いますが、同時にわくわくする気持ちもあると思います。その「わくわく」といっしょに中学生活が過ごせるように、塾でしっかりと準備していきましょう。

いっしょにがんばりましょう。

 

 

小5は、成績だけではなく、勉強の姿勢を良くしていくことを目標にしましょう。

勉強に対する意欲はすばらしいです。でも、勉強は「正解かどうか」だけが大事だというわけではありません。ていねい字を書いたり、課題やプリントをきちんと整理したりすることも勉強の一部なのです。少しづつ、良い習慣を身につけていきましょう。

いっしょにがんばりましょう。

 

 

小4は、得意を増やす年にしましょう。

塾に通って、勉強のやり方や、問題の解き方がわかってきて、テストの点数もよくなってきました。でも、まだ苦手がありますね。算数での分数の計算や、国語の読解問題などをがんばって、得意にしていきましょう。

いっしょにがんばりましょう。

 

 

(ivy 松村)