フライボール・レボリューション

ちょっと、野球の話を。

 

 

最近、MLB(アメリカのプロ野球、「メジャーリーグ」)で「フライボール・レボリューション」という新しい打撃理論が流行し、日本でも話題になっています。

 

簡潔に結論を述べると、フライを打つように心がけたほうが、打撃成績が向上するという考え方です。

 

すこし技術的な用語で説明すると、アッパー・スイングのほうが、ダウン・スイングよりも優れているというわけです。

 

 

この打撃理論が「レボリューション」(革命)と呼ばれるのは、それが、従来のバッティング・セオリーを根底から覆すものだからです。

 

「フライボール・レボリューション」は、これまでの「定説」とはまったくの「真逆」を主張します。

 

 

これまでの主流の打撃理論においては、一般的には、ダウン・スイングこそが理想的なバッティングフォームであると考えられてきました。

特に日本は、アメリカよりもダウン・スイングに対する「信仰」が根強くあるように思います。

 

その原因のひとつは、日本野球史上最強打者である王貞治氏のバッティング・スタイルが神格化されたことにあるのではないかと思います。「一本足打法」は、あまりにも見事なダウン・スイングです。

 

王氏は「一本足打法」を体得するのに、天井から垂らしたひもに結びつけた紙片を、日本刀で切るという練習を行いました。

シャープなダウン・スイングでなければ、不安定な紙片を切ることはできないのだそうです。

そのような、「狂気」ともいえるような「修業」の果てに、究極のダウン・スイング、「一本足打法」は完成しました。

 

 

日本でダウン・スイングが推奨されてきたのには、「戦術的な理由」も存在します。

要するに、フライを打ち上げるよりもゴロを打つ方が、出塁や進塁の可能性が高いと考えられていたわけです。

 

そのうえで、「ホームランはヒットの延長」という観念が広く浸透してしまったために、ダウン・スイングは、原則的な打撃フォームとして一般化したわけです。

 

 

 

野球というスポーツは、他にはない独特の競技形式を持っています。

 

テニスや卓球のようなラリーゲームや、格闘技などでは、選手は、それぞれ「同様の技術体系」のもとに対戦を行います。

 

一方、野球においては、投手と打者は、投球と打撃という、互いの「別々の技術体系」を用いて「対決」するわけです。

 

しかし、両者は、野球という競技において、ある意味で「補完関係」にあるといえます。

 

投球技術が進化すれば、それに対抗するための打撃技術が開発されます。

打撃技術が向上すれば、それに促されて投球技術も発展します。

 

 

「フライボール・レボリューション」というムーブメントを考察するうえで、特に重要なのは、投球技術への「対抗策」という視点ではないかと思います。

 

 

 

20世紀の終わりごろから、MLBは「パワーの時代」に入りました。

 

より強大な「パワー」を求めて、多くのバッターが「一線」を超えました。

それは、MLBの歴史に大きな「汚点」をもたらしたわけですが、ともかく、屈強なパワー・ヒッターに対抗するため、MLBのピッチャーはさらなる「進化」を求められたわけです。

 

 

バッターのスイング速度が向上したために、「直球」は、どれほどのスピード・ボールであってもはじき返されます。

 

「きれいなバックスピン」のかかった真っすぐな軌道の速球のことを、野球の専門用語で「フォーシーム」といいます。

 

「パワーの時代」に、フォーシームは「狙われやすいボール」とみなされるようになったのです。

そのため、MLBの投手の多くはフォーシームを捨て、微妙な変化をする速球、「ムービングボール」で強打者に立ち向かうようになりました。

 

 

また、強力な打撃を封じ込めるための、より効果的な変化球が試行されました。

そして、滑るように打撃ポイントを逸れていく軌道の、速くて急角度の変化球が、打者を仕留める「ウィニング・ショット」として重用されるようになったのです。

 

 

日本人投手にとって、フォークボールは大きな武器となりました。

また、高速スライダーを持ち味とする投手が台頭しました。

 

さらに、シンカー、ツーシーム、カットボールといった、「鋭く沈む変化球」の有効性が広く知られるようになりました。

 

 

 

「フライボール・レボリューション」の興隆は、このような投球技術の発展の「文脈」と無関係ではないと思います。

 

 

端的に、「鋭く沈む変化球」をダウン・スイングではじき返すことは非常に困難です。

 

沈むボールをダウン・スイングで打つとなると、「点」でボールをとらえなければなりません。

 

しかし、アッパー・スイングであれば、沈むボールを「線」でとらえることができます。下方向に向かうボールを、下から迎え打つわけです。

 

 

さらに、アッパー・スイングによる「大きな利点」があります。

 

「沈むボール」を、下からこすりあげるようにアッパー・スイングで打ち返すと、打球には強烈なバックスピンがかかります。バックスピンによって揚力を得たボールは大きく飛距離を伸ばすので、十分なタイミングでヒッティングできたときには、本塁打になりやすい打球が飛びます。

 

パワー・ヒッターであればあるほど、アッパー・スイングの効果は大きくなるというわけです。

 

 

「フライボール・レボリューション」は、最も理想的なバッティングとは、本塁打を打つことであるというシンプルな真理を、私たちに思い起こさせてくれるように思います。

 

 

 

今年の夏の甲子園大会では、本塁打が量産されました。

 

高校球児のバッティングに対する意識が変わってきているということを聞きます。

かつてのように「ゴロを打て」という指導をする指導者が減って、「思い切り打て」という指導をする指導者が増えているそうです。

 

実際、ボールを遠くに飛ばさなければホームランは生まれません。

 

こうした傾向は、「フライボール・レボリューション」の波が日本にもたらされたことによるものなのかもしれません。

 

 

 

さて、MLBでは、「フライボール・レボリューション」の「次の局面」が現れつつあるのだそうです。

 

 

アッパー・スイングに対抗する武器として、「フォーシーム」が再評価されはじめています。

 

 

投手は「直球」を投げるときに、指先でボールにバックスピンをかけながらリリースします。

 

ボールが「一回転」する間にボールの「縫い目」が「正面」に4度現れるような、きれいなバックスピンをかけられた速球を、特にフォーシームといいます。

 

フォーシームは、最も多く「縫い目」が「正面」に現れる回転です。

キレのあるフォーシームは、逆回転する「縫い目」がより大きな揚力を作り出すために、浮き上がる軌道の、「伸び」のあるスピード・ボールとなります。

 

よく、速球が浮き上がって見えるのは「錯覚」で、ボールが浮き上がることは物理的にあり得ないという話が聞かれますが、強烈なバックスピンをかけたボールは物理的に浮き上がります。

 

もちろん、そのような浮き上がるスピード・ボールを投げることができるピッチャーは限られているわけですが、フォーシームの有効性は、物理的に浮き上がるかどうか、ではなくアッパー・スイングでとらえられないような軌道のボールであるという点です。

 

普通、投げられたボールは、推進する時間と距離ととともに、速度と回転を失い、重力によって地面に向かって緩やかに落ちていくような軌道になります。

 

しかし、十分に威力のあるフォーシームは、捕手が投球をミットに収めるまで「ストレート」の軌道を維持します。

すると、ボールは、打者の予測よりも上の軌道を通過するので、打者はボールの下を空振りしてしまうわけです。

 

フォーシームは、ある意味で、「上方向」へ変化する変化球であるということができます。

 

アッパー・スイングで、「上に向かうボール」をとらえることは困難です。

 

特に、アッパー・スインガーが、投手の配球術によって沈むボールを強く意識づけられたときには、フォーシームに苦しめられることになります。

 

 

時代に捨て去られたはずのフォーシームが、時代の最先端に蘇ろうとしています。

 

「フォーシーム・リバイバル」は、ピッチングの醍醐味とは、速球で打者をねじ伏せることであるというシンプルな事実を、私たちに思い出させてくれるように思います。

 

 

 

「フライボール・レボリューション」にまつわる話は、さまざまな部分で「示唆的」だと感じます。

 

「勉強」にも、「思い込み」や「先入観」がたくさんありそうです。

 

長時間、大量の勉強をしているのに成績が上がらない、という場合、定番の勉強方法であるけれども、実は「合理的」ではないやりかたで勉強している可能性があるわけです。

 

 

また、投手と打者との関係は、「入試問題の出題者」と「塾の教師」との「関係」と類似しているようにも思えます。

 

 

(ivy 松村)