本年度の高校入試の動向

いよいよ入試が近づいてきました。

 

ちょっと、本年度の高校受験について書きたいと思います。

 

ただ、その前に、一言。

 

受験生は読まない方がいいと思います。

 

 

こういう情報を気にする人もいれば気にしない人もいるでしょうが、結局、受験校を決めている人にとっては、ノイズとなるかもしれません。

 

個人的な「思い」として、生徒たちに「強い精神力」を培ってもらいたいという気持ちもありますが、現実を知ることが悪影響になるような人もいるかもしれません。

 

 

私個人は、ある種の「役割意識」のようなものに駆られてこうした記事を書くわけですが、必ず受験生のみなさんに知らせたいものとして書いているわけではないので、無理して目をとおさないでください。

 

 

まあ、そうはいっても、読む人は読むのでしょうから、その場合は、自分の意志で読んでください。

 

 

あと、一点。

ちょっと忙しくて、情報を集めきれていません。

予想や推測も交えて「動向」を書きますが、全てを鵜呑みにしないようにお願いします。

 

 

 

さて、本年度の高校受験ですが、私立を「本命」とする受験生が増えています。

 

私立の推薦入試が終わりましたが、応募者数が分かった高校の、本年度の応募者数と昨年度の応募者数の合計を比較してみました。

 

 

 

2018年度 2017年度 増減
明八 393 304 89
中附 304 231 73
法政 141 84 57
日大二 139 105 34
明明 126 93 33
豊島岡 85 58 27
中杉 268 251 17
青学 198 190 8
慶應女子 109 104 5
中大高 170 189 -19

 

 

本年度の私立高校の推薦入試は、応募者数が増加し、倍率を大きく上昇させた高校があります。

 

特に、明八と中附の人数増が目につきます。

この2校は推薦入試の出願基準が低いために、応募者数がよりいっそう増加しました。

 

 

本年度は、明八、中附、法政など、東京都西部の私立附属校に、推薦入試の応募者の増加が見られました。

一方、都立の推薦入試の応募者が減少しています。

 

もう少し「全体」の状況が見えてこなければ確実なことはいえませんが、少なくとも東京都西部の附属校を対象に、私立志向が伸長しているといえると思います。

 

 

その要因はおもに2つあると考えられています。

 

ひとつは、俗に「授業料無償化」と呼ばれている私立高校の「授業料軽減制度」です。

所得などの「条件」を満たす家庭で、私立高校に通う経済的負担が軽減されるために、私立を志望先に考える受験生が増えていると考えられています。

 

もうひとつは、いわゆる「大学入試改革」です。

本年度の高校受験生は、いわゆる「大学入試改革」が「直撃」する世代です。

そのため、大学受験時に、センター試験にかわる「共通テスト」を受験しなければなりません。不透明感が強い大学受験を敬遠し、附属校を志望する受験生が増えていると考えられています。

 

 

加えて、私は、「好景気」が根本的な要因ではないかと思います。

 

 

統計的な資料がないので実際のところはよくわかりませんが、「授業料軽減制度」を利用して私立に通う生徒は、「併願優遇」などを活発に実施している高校に多いのではないかという気がしています。

 

また、私立高校志望者が増えているのは、都立高校の「訴求力」が弱まっていることの「裏返し」であるともいえると思います。

内申点の換算方法の変更、特別選考の廃止、マークシートの導入など、制度や形式の変更が相次ぎました。

現在の東京都教育委員会は、ある意味で、私立学校を「バックアップ」するような方向性を持っています。

 

 

 

「景気」の影響が強くあらわれる「中学受験」の募集に目を転じてみると、「期待ほど」ではないにしても、順調です。

 

しかし、やはり「都立中」の応募が抑制されていることが見てとれます。

同日に入試日が設定される国立附属中学の応募は「良好」なので、中受は、私国立受験が「盛り返している」ということができそうです。

 

 

中受は、「インターネット出願」が一般化したことで、各校とも「後半戦」の募集に苦戦しています。「状況」を見極めて、ギリギリのタイミングで出願ができるようになったので、「先の受験分」を出願しておく必要がなくなりました。

 

したがって、「中学入試全体」の出願者数は減少するでしょう。

 

 

しかし、2月1日の受験者数は増加しそうです。

 

「状況」をざっくりと見てみると、「人気校」は堅調ですが、中堅校では応募者数が伸び悩んでいる中学もあります。

 

数多くの中学を受験し、合格した中学のうち、「最もよい中学」に入る、というような受験が減ってきているのかもしれません。

 

ある一定ランクの中学に入れなければ、高校受験で「リベンジ」する、という受験が少しずつ増えているように思います。都立高校が、その「受け皿」として機能し始めているからです。

 

そのため、中堅以下の中学の募集が低調になっているのではないかと考えます。

 

 

 

さて、高校入試ですが、ちょっと「難しい部分」が出てきそうです。

 

私立の附属校で、推薦受験者に「優遇措置」を取っている高校がありますが、そういった高校の推薦受験者が増えるということは、そのアドバンテージを持った受験生が多く一般入試に回ってくるので、一般入試は苛烈な戦いになるでしょう。

 

 

また、私立高校受験全体でも、「推薦」や「単願・専願」、「併願優遇」などの制度を活用する受験生が増加すると、「フリー」の受験の「枠」が狭まり、厳しい戦いとなります。

 

 

 

都立高校のことも少し。

 

八王子東の人気が上がりそうだと予想した人は多いと思います。実は、私もそうです。

中学の「志望校調査」では、男子1.38、女子1.43でしたので、「それほど」ではありません。

しかし、会場模試などのデータを見てみると、「潜在的な志望者」はかなり多いと感じます。

 

八王子東の場合は、ここでは書きませんが、「募集」が「あまり上手ではない」ところがあります。

 

おそらく、「人員」は国立に流れています。

国立は、(ちょっとセコいところもありますが)大学合格実績がよかったことが、非常に大きな求心力を発揮しました。

 

これから都立の推薦の合格発表があり、私立の一般入試があります。

その「状況」次第では、八王子東の応募に変化があらわれるかもしれません。

 

(ivy 松村)

 

連絡「本日は積雪のため休講となります」

積雪のため、本日の授業は休講となります。

 

 

本日授業のある学年のみなさんには連絡を差し上げましたが、授業のない学年の方もご周知くださいますようお願い申し上げます。

 

 

本日、塾で勉強をしたいという方は教室で自習をすることも可能ですが、来る前に連絡をくださるようにお願いします。

 

自宅で勉強をする人は、「何をすべきか」ということをしっかりと考えて取り組んでください。

 

 

外出、帰宅の際には、十分気を付けて歩くようにしてください。

私も、寒いときに手をポケットにしまいたくなるのですが、バランスを崩したときに体勢を立て直したり体を支えたりできなくなってしまうので、とても危険です。

傘を持つ反対の手は、ポケットから出して歩きましょう。

 

 

 

今日は、雪の降る前から、高速の事故の影響で、甲州街道が大渋滞で大変でした。

本当に、大変でした。

 

 

明日の私立の推薦入試は、開始時間を変更したところもあるようです。

変更内容などを確認して、今日・明日の準備をしておきましょう。

 

 

がんばれ!

 

(ivy 松村)

 

首都大学東京について

先日、センター試験の応援に、試験会場だった首都大学に行ってきました。

 

それで、ちょっと首都大について書こうと思います。

 

 

首都大は、個人的にかなり「お得」な大学だと思います。

ちょっと、くだけた言い方をするなら「コスパ」のいい大学です。

 

特に、日野、八王子に住んでいるのであれば、「立地」の面でも魅力的です。

 

 

また、募集面から考えると、各種の推薦入試が充実しています。

ことに注目すべきなのは、「指定校推薦」です。

「指定校推薦」を実施している国立大学はありません。限られた一部の公立大学だけが「指定校推薦」を行っています。そのうちのひとつが首都大です。

 

首都大は、多摩地区の進学校との連携が強いので、多摩地区には、首都大の指定校推薦枠を多く持っている高校があります。

 

 

 

それから、首都大は、学部の再編を行いました。

「都市教養学部」が、人文社会学部、法学部、経済経営学部、理学部などに再編成されました。

これは、ある意味で、首都大の母体となった「都立大学」の「伝統」の復興といえるのかもしれません。

 

 

90年代、各大学で、学問の「枠組み」を超えた研究を活性化させるために、幅広い学問領域をカバーするような「新しい学部」を設置する動きが広がりました。

そのころから、「国際○○学部」、「人間○○学部」、「文化○○学部」というような多彩な名称の学部の新設が「流行」します。

 

「新しい学部」は、また、学生募集の面で大きな訴求力を発揮し、さらに増殖していきました。結果、各大学に「複雑な名称」の学部が乱立することになりました。

 

もちろん、研究機関である大学として、目的があって組織が編成されている(はずである)わけですが、他方、「外部の人間」からは、一見では何を学ぶところかわからなくなっています。

 

2005年に都が設置する4つの大学を糾合して誕生した首都大学には、そうした「トレンド」の影響が、非常に濃く現れていました。

 

 

そんな首都大が行った「回帰的再編」は、「逆行の一手」です。

もしかすると、「トレンド」は、今後「何を学べるのか」がよくわかる学部の人気が上がっていくという局面に移行するのかもしれません。

 

実際、再編された首都大の学部の倍率は上がると予想されています。

 

 

 

それにしても、首都大は、世間には、パッとしない「地味」な大学のように思われている節があります。

名前は独特ですが、取り立てて特徴のない、存在感の薄い大学であるという印象を持った人は多くいます。

 

しかし、首都大の「すごさ」が世間に見過ごされているからこそ、首都大は「ねらい目」の「お得」な大学であるということができます。

 

 

 

首都大学の中核となった「都立大学」は、ある意味で特別な位置づけの大学でした。

東京という強力な自治体が運営する「都立大学」は、他の大学を補完する重要な役割を担っていました。

 

「都立大学」は、「大学院大学」としての性格が色濃い大学でした。

 

つまり、「研究者を育てる」という使命を帯びた大学であったわけです。

実は、日本の大学教授や研究者のうち「都立大学(首都大学)」出身者の割合は、大学の規模に比してかなり多いのです。

 

現在の首都大学にも、その「伝統」が受け継がれています。

首都大は、大学院進学率が高い大学です。

 

 

現在は、大学をとりまく状況が非常に厳しく、「研究者の道」が非常に険しいものになっていますが、「研究者の道」を志望するのであれば、首都大学進学は、良い選択肢になると思います。

 

 

蛇足ですが、一般的に、大学院にはその大学の学部生が進学するため、院生は自大学出身者が多くなります。しかし、「都立大学→首都大学」には、多くの学生に「研究者の道」を開く、という役割が期待され、他の大学から積極的に大学院生を受け入れています。

大学院進学を考えている大学生は、首都大学を検討してみるとよいかもしれません。

 

 

首都大学は、上記のような性格を有した大学なので、正統な学問体系を学ぶことができます。

一方で、リベラルアーツを重視する「伝統」があり、幅広い多彩な分野を学ぶ機会も充実しています。

 

 

 

そして、首都大学には、もうひとつ特筆すべき特徴があります。

 

それは、公務員になる卒業生が多いということです。

 

首都大学の学生だからといって、そのことが公務員試験に有利になるということはありませんが、自治体が設置する大学であるという特性は、少なからず「アドバンテージ」を形作っていると思います。

 

「公務員に強い」という評判が立てば、必然的に「公務員志望者」が多く集まります。

志望者同士で情報交換を活発に行うことができるし、刺激を受けたり発奮したりするような機会も多く得ることができます。

同じような進路を目指す人が周りにいることは、それだけでプラスの材料となります。

 

また、公務員志望者が多いわけですから、大学側もそれをバックアップしようとします。

教員も、それを意識した指導を行うでしょう。

 

首都大の教員の方は、都の職員の方とコミュニケーションをとることも多いはずですし、都庁出身の方が講義を持つこともあるでしょう。また、学生自身が直接都の職員の方と接する機会もあるでしょう。

 

つまり、「公務員志望者」が、頻繁に「志望先」を意識する機会を持つことができるわけです。

 

「公務員志望者」にとって首都大は、良い選択肢になると思います。

 

 

 

首都大学は「就職」の面であまり有利な大学ではないと思われています。

特に地方では、知名度と大学ランクに大きな溝があり、苦戦することになります。

 

しかし、そういった「表面的な評判」にはあらわれない大学の「実力」というものがあると思います。

 

 

「就職に有利かどうか」という視覚だけで大学を判断していると、さまざまなものを身落としてしまうでしょう。

また、人気企業に就職した学生の「人数」ばかりに目を奪われていると、重要な情報を見失ってしまうでしょう。

 

 

首都大学のように、大学院に進学したり公務員になったりする学生が多い大学の「就職ランキング」は目立たないものになります。

さらに、首都大学のように学生数の少ない大学は、「実績」を示す「人数」が抑制されます。

 

もうすこし付け加えるならば、首都大は様々なレベルの、様々な性格の複数の大学が統合されてできた大学です。

現在でも複数の大学が1つの大学名のもとに併存しているというような部分があります。

そのため、前身の大学の「系統」によって、進路選択にちがいが見られます。

つまり、学科によって、進路の状況が大きく異なっているわけです。

 

 

新しく再編された学部は、「都立大学」をルーツとする学部です。

「都立大学」をルーツとする学部を志望する学生は、その学部の「状況」をみる必要があるでしょう。

 

 

「民間企業への就職」という目線だけで大学を見ていると、大学の本当の「姿」を見誤ってしまうと思います。

 

 

一般的には、たとえば早稲田大学と首都大学では、早稲田大学の方が「格」が上であると考える人が多いと思います。「就職」の際に、「早稲田」という「ブランド」は大きな力を発揮するでしょう。

 

しかし、人生には「別の岐路」もあります。

「進路」はひとつだけではないわけで、別の道を進むのであれば、別の大学のほうががよいということもあるかもしれません。

 

さらにいえば、「学ぶために大学に行く」という人間にとっては、学習・研究の環境についても考慮すべき別の観点がありうるでしょう。

 

 

 

(ivy 松村)

 

 

「ムーミン」よりも「バイキング」

土曜日と日曜日にセンター試験が行われました。

 

私は、朝、首都大に行ってきました。

 

 

受験生のみなさん、まずは、お疲れ様でした。

 

大学受験は、まだまだ先のある受験です。

いっそう頑張ってまいりましょう。

 

 

 

さて、今年のセンター試験の地理Bの問題が話題になっています。

スウェーデン、ノルウェー、フィンランドの北欧の3国に関する設問です。

 

 

「ムーミン」はフィンランドが舞台のアニメなのかどうか、ということが議論されているようです。

 

 

 

問題を見てみると、3国で作られたアニメーションが取り上げられていました。

 

①『ニルスの不思議な旅』

②『ムーミン』

③『小さなバイキング ビッケ』

 

3つのアニメーション作品のうち、①の『ニルスの不思議な旅』は、スウェーデンを舞台にした作品であると明らかにされています。

 

 

また、3国の言語の例が示されています。

 

 

④「Vad kostar der?」(ヴァッ コスタ デッ?)「それ、いくら?」

⑤「Hva koster det?」(ヴァ コステル デ?)「いくらですか?」

⑥「Paljonko se maksaa?」(パリヨンコ セ マクサー?)「いくらですか?」

 

 

 

3つの言語の例のうち、④の「Vad kostar der?」(ヴァッ コスタ デッ?)といういい方が、スウェーデン語で値段を尋ねるときの言い方であると示されています。

 

 

残りのそれぞれの2つアニメーションと言語のうち、どちらがノルウェーでどちらがフィンランドかを答える問題です。

 

 

 

「言語」を比較してみると、⑤の「Hva koster det?」(ヴァ コステル デ?)という言い方が、スウェーデン語によく似ていることがわかります。

 

スウェーデン語とノルウェー語はともに「ゲルマン語(インド=ヨーロッパ語)」の系統に連なる言語です。そのことを知っていれば、⑤はノルウェー語であると特定することができます。

 

一方、フィン語(フィンランド語)は、「ウラル語」という別系統の言語です。

 

ちなみに、英語も「ゲルマン語」の傍系です。

英語にも、「cost」という上掲の2言語と同様の語源を持つ動詞がありますね。

 

 

 

北欧の地理(や歴史)をしっかりと勉強してきた受験生は、スウェーデンとノルウェーが文化的に近い国同士であることを知っているでしょう。

 

 

 

アニメーションに関して、センター試験の終了直後から、『ムーミン』の舞台なんて、わからないよ…、といった悲嘆の声が、数多くネットに寄せられていました。

 

受験生の心情を思えば、うらみごとのひとつも言いたくなるのも理解できますが…。

 

 

多くの人が指摘しているように、当該の設問は、②の『小さなバイキング ビッケ』を手がかりに答えを導くような構成になっています。

 

つまり、「バイキング」という歴史的、文化的背景を持っている国を特定するわけです。それは、スウェーデンとノルウェーの2国です。

そのうち、スウェーデンを舞台としたアニメは、①の『ニルスの不思議な旅』であると指定されています。したがって、②の『小さなバイキング ビッケ』がノルウェーの作品であると推定することができるわけです。

 

 

 

試験に取り上げられた3つの子供向けのアニメーション作品は、70年代から80年代の初頭にかけて、日本のテレビで放送されていました。

作問者の思い入れが反映されていたり、あるいは、話題を喚起しようというある種の「遊び心」の表れだったりするのかもしれません。

 

 

それにしても、思いのほか大きな議論になっていますが、私は、個人的には、この設問に好印象を持っています。

 

 

自身の持つ知識と照合させながら、与えられた情報を比較・精査して、整合する解を導く問題だと思います。

 

 

 

一部で、『ムーミン』の舞台は架空の世界で、厳密にはフィンランドではない、という「ツッコミ」がなされています。

 

あと、『ムーミン』の原作者はスウェーデン系のフィンランド人で、原作はスウェーデン語で書かれた、とか。

 

『小さなバイキング ビッケ』の原作者は、実は、スウェーデン人だとか。

 

 

もちろん、「ファン」の方々にとっては「重要な問題」なのでしょうが、これは「地理の学力」を問うための「試験問題」です。

 

 

 

さらにまた、こうした問題は「北欧諸国」のステレオイメージを植え付けることになることを危惧する声もあるそうです。

 

個人的には、「大学で」学生たちのそういった先入観や偏見を取り払うことこそが、大学の先生方の使命なのではないかと思ったりします。

「入学試験」の機能と、学問的な「姿勢」は分けて考えるべきではないかという気がします。

 

 

 

アニメーションという日常的な題材を用いたことは、むしろ評価されるべきなのかもしれないとさえ、思います。

受験生は、経験したこともない形式の問に対して、注意深く対処し、思考力を発揮したり推論を働かせたりすることで正答に迫ることができます。

 

 

これまで、「識者」たちは「暗記・詰め込み」の勉強を、まさに蛇蝎のごとく貶めてきました。

 

で、今度は、「試験」として構造的に意味を持たない「細部」に難癖をつけて、揚げ足を取るわけです。

 

ちょっと、うんざりしますね。

 

 

「試験」なのですから、「試験」としての「機能」をみなければなりません。

 

 

 

この設問、不正解になってしまった受験生は、それは、本当に残念だったと思います。でも、反省をして、その経験を次に活かすしかありません。

 

自分の不見識や不注意を顧みるのか、「悪問」のせいで失点してしまったと悪態をつくのか、ちょっと大げさにいえば、それは「点数」以上の埋めがたい「学力差」を示すでしょう。

 

 

まだ、「これから」です。

がんばりましょう。

 

 

 

ところで、ムーミンが暮らしているのは「ムーミン谷」というところなのだそうですが、どうして住民の子供の名前が地名についているのか、と問うのは「野暮」というもの。

まあ、日野市に暮らす「日野さん」もいるはずです。

 

しかし、それにしても、ムーミンはいつも真っ裸です。スナフキンやミイは、服を着ているのに。

まあ、ムーミンは「そういう種族」で、物語がそういう「世界観」なのだと思いますが、ちょっと気になるのは、ムーミンのお父さんです。

 

真っ裸に「シルクハット」をかぶっています。

ちょっと、「こっちの世界」には、いてほしくないお父さんですね。

 

 

!!まさか、フィンランドには!?

 

 

(ivy 松村)