お知らせ「漢検」&「夏期講習会」

塾内生の方へ:

漢検の申込締切日が迫っています。

 

受検希望の方は、お早めにお申し込みください。

 

 

 

塾外生の方へ:

夏期講習のご案内です。

 

ivyの夏期講習会が、7月23日(月)からはじまります。

 

詳しくは、「お知らせ」のページをご覧ください。

 

 

→「夏期講習のお知らせ

 

 

 

 

ポスターを作りました。

 

 

kaki

 

しかし、このポスターは、諸事情があって、「ボツ」になりました。

せっかくなので、ここに載せることにしました。

 

 

 

今年の夏期講習も、漢字検定を実施します。

検定日は8月21日です。

漢検の検定料は講習料に含まれていません。

 

講習最終日に志望校判定テスト(小学部進学コースは成果判定テスト)を行います。

(テスト料金は、講習料に含まれています。)

 

 

 

:lol: 小4進学コース :lol:

◎教科:算・国 各50分(50分×2)

◎日数:12日間(Ⅱ期・Ⅲ期・Ⅴ期)

◎時間:9:00~10:50

◎講習料:20,520円→9,720円

 

◎日程:

 

7月 8月
23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
× × × × :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P × × × × :-P :-P :-P :-P × × × ×
第 Ⅰ 期 第 Ⅱ 期 第 Ⅲ 期 第 Ⅳ 期 第 Ⅴ 期 第 Ⅵ 期

:lol: 小5進学コース :lol: 

◎教科:算・国 各50分(50分×2)

◎日数:12日間 (Ⅱ期・Ⅲ期・Ⅵ期)

◎時間:16:30~18:20

◎講習料:20,520円→9,720円

 

◎日程:

 

7月 8月
23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
× × × × :-P  :-P  :-P  :-P  :-P  :-P  :-P  :-P  × × × × × × × × :-P  :-P  :-P  :-P  
第 Ⅰ 期 第 Ⅱ 期 第 Ⅲ 期 第 Ⅳ 期 第 Ⅴ 期 第 Ⅵ 期

 :lol: 小6進学コース :lol: 

◎教科:算・国 各50分(50分×2)

◎日数:14日間(Ⅰ期・Ⅳ期・Ⅵ期)

◎時間:9:00~10:50

◎講習料:・23,220円→12,420円

 

◎日程:

 

7月 8月
23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
:-P :-P :-P  :-P  × × × × × × × × :-P :-P :-P :-P × × × × :-P  :-P  :-P  :-P 
第 Ⅰ 期 第 Ⅱ 期 第 Ⅲ 期 第 Ⅳ 期 第 Ⅴ 期 第 Ⅵ 期

:lol: 小6都立中受検コース :lol: 

◎教科:適性 50分×2 作文 50分(50分×3)

◎日数:20日間(Ⅰ期・Ⅲ期・Ⅳ期・Ⅴ期・Ⅵ期)

◎時間:15:30~18:20

◎講習料:・54,000円→42,120円

 

◎日程:

 

7月 8月
23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
:-P :-P :-P :-P × × × × :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P
第 Ⅰ 期 第 Ⅱ 期 第 Ⅲ 期 第 Ⅳ 期 第 Ⅴ 期 第 Ⅵ 期

:lol: 中1特訓コース :lol:

◎教科:英・数・国 各50分(50分×3)

◎日数:16日間(Ⅱ期・Ⅲ期・Ⅴ期・Ⅵ期)

◎時間:18:50~21:40

◎講習料:35,640円→21,600円

 

◎日程:

 

7月 8月
23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
× × × × :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P × × × × :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P
第 Ⅰ 期 第 Ⅱ 期 第 Ⅲ 期 第 Ⅳ 期 第 Ⅴ 期 第 Ⅵ 期

:lol: 中2特訓コース :lol: 

◎教科:英・数・国 各50分(50分×3)

◎日数:16日間(Ⅰ期・Ⅳ期・Ⅴ期・Ⅵ期)

◎時間:18:50~21:40

◎講習料:46,440円→27,000円

 

◎日程:

 

7月 8月
23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
 :-P  :-P :-P :-P × × × × × × × × :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P
 Ⅰ 期 第 Ⅱ 期 第 Ⅲ 期 第 Ⅳ 期 第 Ⅴ 期 第 Ⅵ 期

 :lol: 中3特訓3科コース :lol: 

◎教科:英・数・国 各50分(50分×3)

◎日数:24日間 (Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期・Ⅳ期・Ⅴ期・Ⅵ期)

◎時間:11:00~17:20

◎講習料:108,000円→77,760円

 

◎日程:

 

7月 8月
23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
:-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P
第 Ⅰ 期 第 Ⅱ 期 第 Ⅲ 期 第 Ⅳ 期 第 Ⅴ 期 第 Ⅵ 期

:lol: 中3特訓5科コース :lol: 

◎教科:英・数・国・理・社 各50分(50分×5)

◎日数:24日間(Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期・Ⅳ期・Ⅴ期・Ⅵ期)

◎時間:9:00~17:20

◎講習料:129,600円→93,960円

 

◎日程:

 

7月 8月
23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
:-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P
第 Ⅰ 期 第 Ⅱ 期 第 Ⅲ 期 第 Ⅳ 期 第 Ⅴ 期 第 Ⅵ 期

:lol: 中3選抜3科コース :lol: 

◎教科:英・数・国 各100分(50分×6)

◎日数:24日間(Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期・Ⅳ期・Ⅴ期・Ⅵ期)

◎時間:11:00~17:20

◎講習料:108,000円→77,760円

 

◎日程:

 

7月 8月
23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
:-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P
第 Ⅰ 期 第 Ⅱ 期 第 Ⅲ 期 第 Ⅳ 期 第 Ⅴ 期 第 Ⅵ 期

:lol: 中3選抜5科コース :lol: 

◎教科:英・数・国 各100分 理・社 各50分(50分×8)

◎日数:24日間(Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期・Ⅳ期・Ⅴ期・Ⅵ期)

◎時間:9:00~17:20

◎講習料:129,600円→93,960円

 

◎日程:

 

7月 8月
23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
:-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P
第 Ⅰ 期 第 Ⅱ 期 第 Ⅲ 期 第 Ⅳ 期 第 Ⅴ 期 第 Ⅵ 期

 

 

 

ぜひ、ご検討ください。

 

 

 

(ivy 松村)

 

 

 

 

 

お知らせ「夏期講習会」

夏期講習のご案内です。

 

ivyの夏期講習会が、7月21日(金)からはじまります。

 

詳しくは、「おしらせ」のページをご覧ください。

 

 

→「夏期講習のお知らせ

 

 

 

 

ポスターを作りました。

 

 

kaki2017

 

 

 

新規講習生は、全学年「8日間講習料無料」となります。

 

 

今年の夏期講習も、漢字検定を実施します。

検定日は22日です。

漢検の検定料は講習料に含まれていません。

 

8月23日に、志望校判定テスト(成果判定テスト)を行います。

(テスト料金は、講習料に含まれています。)

 

 

 

:lol: 小4進学コース :lol:

◎教科:算・国 各50分(50分×2)

◎日数:12日間(Ⅱ期・Ⅳ期・Ⅵ期)

◎時間:14:30~16:20

◎講習料:20,520円→9,720円

 

◎日程:

 

  7月

  8月

21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
× × × × :-P :-P :-P :-P × × × × :-P :-P :-P :-P × × × × × × × × :-P :-P :-P :-P
Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 Ⅴ期 合宿期間 Ⅵ期

:lol: 小5進学コース :lol: 

◎教科:算・国 各50分(50分×2)

◎日数:12日間 (Ⅱ期・Ⅳ期・Ⅵ期)

◎時間:9:00~10:50

◎講習料:20,520円→9,720円

 

◎日程:

 

  7月

  8月

21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
× × × × :-P :-P :-P :-P × × × × :-P :-P :-P :-P × × × × × × × × :-P :-P :-P :-P
Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 Ⅴ期 合宿期間 Ⅵ期

 :lol: 小6進学コース :lol: 

◎教科:算・国 各50分(50分×2)

◎日数:14日間(Ⅰ期・Ⅲ期・Ⅴ期・8/22・8/23)

◎時間:9:00~10:50

◎講習料:・23,220円→12,420円

 

◎日程:

 

  7月

  8月

21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
:-P :-P :-P :-P × × × × :-P :-P :-P :-P × × × × :-P :-P :-P :-P × × × × × × :-P :-P
Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 Ⅴ期 合宿期間 Ⅵ期

:lol: 小6都立中受検コース :lol: 

◎教科:適性 50分×2 作文 50分(50分×3)

◎日数:14日間(Ⅰ期・Ⅲ期・Ⅴ期・8/22・8/23)

◎時間:14:30~17:20

◎講習料:・45,900円→29,430円

 

◎日程:

 

  7月

  8月

21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
:-P :-P :-P :-P × × × × :-P :-P :-P :-P × × × × :-P :-P :-P :-P × × × × × × :-P :-P
Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 Ⅴ期 合宿期間 Ⅵ期

:lol: 中1特訓コース :lol:

◎教科:英・数・国 各50分(50分×3)

◎日数:16日間(Ⅰ期・Ⅲ期・Ⅴ期・Ⅵ期)

◎時間:18:40~21:30

◎講習料:37,800円→21,600円

 

◎日程:

 

  7月

  8月

21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
:-P :-P :-P :-P × × × × :-P :-P :-P :-P × × × × :-P :-P :-P :-P × × × × :-P :-P :-P :-P
Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 Ⅴ期 合宿期間 Ⅵ期

:lol: 中2特訓コース :lol: 

◎教科:英・数・国 各50分(50分×3)

◎日数:16日間(Ⅱ期・Ⅲ期・Ⅳ期・Ⅵ期)

◎時間:18:40~21:30

◎講習料:48,600円→27,000円

 

◎日程:

 

  7月

  8月

21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
 × × ×  × :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P × × × × × × × × :-P :-P :-P :-P
Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 Ⅴ期 合宿期間 Ⅵ期

:lol: 中2選抜コース :lol: 

◎教科:英・数・国 各50分(50分×3)

◎日数:18日間(Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅳ期・Ⅴ期・8/22・8/23)

◎時間:8:40~21:30

◎講習料:54,000円→32,400円

 

◎日程:

 

  7月

  8月

21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18   20 21 22 23
:-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P × × × × :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P × × × × × × :-P :-P
Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 Ⅴ期 合宿期間 Ⅵ期

 :lol: 中3特訓3科コース :lol: 

◎教科:英・数・国 各50分(50分×3)

◎日数:24日間 (Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期・Ⅳ期・Ⅴ期・Ⅵ期)

◎時間:11:00~14:20

◎講習料:56,160円→41,580円

 

◎日程:

 

  7月

  8月

21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
:-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :mrgreen: :mrgreen: :mrgreen: :mrgreen: :-P :-P :-P :-P
Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 Ⅴ期 合宿期間 Ⅵ期

:lol: 中3特訓5科コース :lol: 

◎教科:英・数・国・理・社 各50分(50分×5)

◎日数:24日間(Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期・Ⅳ期・Ⅴ期・Ⅵ期)

◎時間:9:00~14:20

◎講習料:83,160円→61,560円

 

◎日程:

 

  7月

  8月

21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
:-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :mrgreen: :mrgreen: :mrgreen: :mrgreen: :-P :-P :-P :-P
Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 Ⅴ期 合宿期間 Ⅵ期

:lol: 中3選抜3科コース :lol: 

◎教科:英・数・国 各100分(50分×6)

◎日数:24日間(Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期・Ⅳ期・Ⅴ期・Ⅵ期)

◎時間:11:00~17:20

◎講習料:108,000円→77,760円

 

◎日程:

 

  7月

  8月

21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
:-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :mrgreen: :mrgreen: :mrgreen: :mrgreen: :-P :-P :-P :-P
Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 Ⅴ期 合宿期間 Ⅵ期

:lol: 中3選抜5科コース :lol: 

◎教科:英・数・国 各100分 理・社 各50分(50分×8)

◎日数:24日間(Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期・Ⅳ期・Ⅴ期・Ⅵ期)

◎時間:9:00~17:20

◎講習料:129,600円→93,960円

 

◎日程:

 

  7月

  8月

21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
:-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :-P :mrgreen: :mrgreen: :mrgreen: :mrgreen: :-P :-P :-P :-P
Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期 Ⅳ期 Ⅴ期 合宿期間 Ⅵ期

 

 

 

ぜひ、ご検討ください。

 

 

 

(ivy 松村)

 

 

 

 

 

漢字検定の結果

夏休みに実施した漢字検定の合否結果が判明しました。

 

塾内生のみなさんには、次回塾にいらした際にお伝えします。

 

外部受験された方には、今月末頃に漢検協会から届く予定の正式な合否通知を郵送します。もうしばらくお待ちください。(早く知りたいという方は、お問合せください。)

 

 

準2級、3級の合格率は、約8割です。非常に大きな成果でした。

 

 

 

今回の漢検の結果は、4級以上の受検者に関しては「予想どおり」の結果となりました。

 

生徒のみなさん自身の「手応え」の「そのまま」の結果が出ています。

 

 

夏休みの間、こちらが用意した「ロードマップ」に沿って、しっかりと勉強を積み重ねていった生徒は全員、合格を手にしました。

 

 

夏期講習ーー黙々とノートに漢字を書き続けた日々を、思い起こしてください。

「努力」と「結果」が、意識の中で結びついたときに、これまでの行為の「意味」を理解することができます。

 

 

 

漢字検定は8月23日に実施されました。

それまでに4度、「過去問」を解く機会を設けました。

 

・8月9日(第Ⅳ期の最終日、検定日の2週間前)

・8月14日(第Ⅴ期の最終日、検定日の9日前)

・8月21日(検定日の2日前)

・8月22日(検定日の前日)

 

 

特に、1回目、2回目の「過去問」演習は重要でした。

 

その時点での自分の「実力」を測り、学習計画を調整していくためです。

「過去問」を解いて合格点に達していないときには、学習にテコ入れが必要になります。

 

今回の漢検の合格者のうち、3分の1ほどの生徒は、1回目、2回目の「過去問」演習でかなり厳しい点数を取っていました。

そこで危機感を感じ、取り組みに対する意識を上げ、学習の質を上げていくことができたからこそ、合格を手にすることができました。

 

 

頑張って取り組んでいたのだけれども、「過去問」演習でなかなか合格点に届くことができなかった生徒がいました。しかし、「本番」で無事、「合格」に達しました。

 

実は、私は、合格する、とわかっていました。点数が徐々に上がってきていたのと、合格したい、という気持ちが折れていなかったので、「最後に届く」と思っていました。

(まあ、「後出し」では何とでも言えるわけですが。)

「合格」に値する勉強を続けてきた人に、ふさわしい結果がもたらされたわけです。

 

 

中には、漢検を「なめていた」生徒がいたはずです。

「過去問」演習で、尻に火がついて、あわてて家で集中的に勉強したのだろう、という生徒がいました。

まあ、それもまた、ひとつの学びです。

 

 

 

漢字検定合格に向けて、その「道筋」を入念に計画しました。

 

「検定対策」が後半に差し掛かってから、効果的な「対策教材」を投入しました。 それは最初から計画していた流れでした。

 

その教材は旺文社のものですが、本当に素晴らしい内容です。

その教材を使えば短期間で効果的な学習ができますが、逆にいえば、それは「ギリギリ合格する」ための教材であるともいえます。

非常に無駄のない作りになっているけれども、それだけに頼ることはできないわけです。

 

それぞれの級で出題される漢字を覚え、出題される問題形式を確認し、自分の「弱点」が把握できた段階で、重点的に学習を強化しなければならない部分を固めるために使用することにしました。

(準2級のものが発行されていないのが残念です。ぜひ出版していただきたいと願っているのですが。)

 

 

行事や部活動、クラブ活動等で夏期講習を休まなければならなくなった生徒には、早い時期に教材を渡しました。

その教材を有効に使った人は、良い結果を手繰り寄せることができたようです。

 

 

 

聡明な生徒たちは、もう、気づいているはずです。

 

漢字検定は、「受験」の予行演習だったのです。

 

どのように「勉強」を積み重ね、どのように「準備」し、どのように「本番」を迎えるべきなのか、を学ぶ機会だったのです。

 

 

 

漢字検定の当日、私はできる限りピリピリした空気を作ろうとしていました。

 

本当は言わないでおこうと思ったのですが、中2の生徒たちを集めた教室で、緊張感に耐え切れなくなって苛立ちが態度にあらわれはじめた生徒がいたので、「種明かし」をしました。

 

 

「入試の緊張感は、こんなもんじゃない。君たちは、こういうプレッシャーやストレスに耐えていけるようにならなくてはいけないのです。」

 

 

それから、目の色が変わって、集中力がぐっと上がった生徒が何人かいました。

 

 

最後に、全ての「道筋」が「受験」をなぞっているのだと、「種明かし」をするつもりでした。

検定がはじまる前に私の意図を伝えてしまったことに、しばらく「もやもや」していたのですが、結果としては「よかった」のかもしれません。むしろ、最初から伝えるべきだったのかもしれません。

でも、最後に「計画」を曲げてしまったことに、ちょっと引っかかっているのです。

実は、いまだに、「正解」を探しています。

 

 

 

さて、大きな成果を手に入れることができた生徒たちがいる一方で、不合格だった生徒もいます。

率直にいって、「運が悪かった」というような、同情すべき不合格者はいません。

いろいろと「不合格の理由」を書き連ねて反省してもらおうと思っていたのですが、やめました。

 

ただ、「不合格」と向き合ってください。

 

(ivy 松村)

 

「合宿」の意義

夏期講習が終了しました。

 

参加した生徒のみなさん、おつかれさまでした。

夏期講習を通して培った力を2学期にぶつけていきましょう!

 

後期授業開始は9月1日(木)となっています。

また、一緒に勉強するのを楽しみにしています。

 

 

 

中3生には、それぞれ課題を出しています。

 

私立志望の生徒は、私立難関校の過去問2年分を解き、採点しレポートを作成してもらいます。

都立志望の生徒は、28日のVもぎのレポートと、都立の15年度の入試問題を解き、採点し、そのレポートを作成します。

 

Vもぎを受けない生徒は、私立と都立の過去問演習を行うことになっています。

課題を受け取ることができなかった人は、夏期講習の復習、英語のテキスト演習を各自で行ってください。

 

八王子市の中学では、26日が始業式となっているところがあります。

休み明けのテストがある人は、ちょっと大変だと思いますが、しっかりと計画して課題をこなすようにしてください。

 

 

 

今年は夏期合宿を行いました。

 

昨年は各種検定を実施しました。

今年は合宿を成功の裡に終えることができました。

 

毎年、運営面で少しずつ「進化」しています。

 

 

夏期合宿は、開校当初から私自身がなんとか実現させたいという思いを持っていた企画でした。

生徒たちからの要望が強かったこともあり、また、ご家庭のサポートと後押しをいただくことができて、実現がかないました。

 

 

「合宿」をとおして、生徒たちは大きく成長してくれました。

 

 

 

学習塾が「夏合宿」を行うのは、現在では、もはやある意味「風物詩」のようなものです。

大手塾は、こぞって大規模な「夏合宿」の宣伝をします。

 

学習塾の「夏合宿」が一般化し始めたのは、おそらく80年代半ば頃なのだろうと思います。

 

80年代に、長野県などで「スキーリゾート」の開発が盛んに行われ、多くのホテルが建設されましたが、そういった施設では、繁忙期ではない「夏」の稼働率を上げることが経営上の大きな課題としてあったわけです。

 

学習塾の「夏合宿」は、憎らしいほどにピタリとはまるパズルの「ピース」でした。

現在でも、学習塾の「夏合宿」は、そういったホテルを利用するのが一般的です。

 

 

面白いもので、学習塾の「夏合宿」は涼しい高原で行うもの、という「刷り込み」が起こってしまって、わざわざ遠いところに何時間もかけてバスで行って、泊まり込みの勉強をする塾が増えていきました。

「大自然」の中で・・・というような宣伝文句が謳われたりするわけですが、よくよく考えてみると、参加する生徒たちはほとんどの時間を屋内で勉強して過ごすわけですから、「外の環境」は全く学習効果に関係がないわけです。

 

 

固定観念から離れ、「合宿」というものがもたらす効用と役割を、なるべくシンプルに、なるべく経済的に提供しようと考えてみると、「夏合宿」の別の「形」が見えてきます。

 

(もし、大手塾に属していなければ「合宿」での指導をすることができないと考えている塾の人がいるならば、そんなことはない、とお伝えしたいと思います。)

 

 

 

ivyの合宿に参加した生徒たちは、充実した日々を過ごしたようです。少しだけフットサルをして遊んだりする時間もありましたが、ほとんど勉強漬けの4日間でした。

 

 

「合宿」というのは、ある意味で「リミッター」を外して行う勉強の実践です。

「これだけやったら終わり」とか、「何時間やったら終わり」という量や時間を設定して行う日常的な勉強から離れ、どこまでもどこまでも勉強し続けるわけです。

 

その非日常的な勉強をとおして、かえって日常の「限界」を知ることができるのです。

つまり、やろうと思えば、一日15時間勉強できるのだと体で理解できるようになるわけです。自分はもっとやれるのだ、ということがわかるわけです。

 

何を勉強したか、はもちろん重要ですが、それ以上に、何を身につけたのか、を自覚してもらいたいと考えています。

「耐性」という言葉を、常に意識して取り組んでもらいました。

 

 

一人ひとりが合宿をとおして獲得した「耐性」を、これからの勉強に活かしてもらいたいと思います。合宿参加者には、「合宿」での学びを、合宿だけで完結しないように、と念を押して伝えています。

合宿がんばった、達成感があった、だけではダメなのです。

 

「合宿」の意義は、「合宿の日々」の中にあるのではありません。

それは、合宿後に誇示すべきものなのです。

 

 

また、「日常の勉強」がはじまります。いっそう、がんばっていきましょう。

 

 

(ivy 松村)

夏期講習第Ⅴ期終了

夏期講習第Ⅴ期が終了しました。

生徒のみなさん、おつかれさまでした。

 

この期間は高校生の授業があったので、落ち着いた雰囲気でした。

 

 

 

漢字検定の検定日が迫ってきました。8月23日(火)です。

 

8級~5級を受検する人は、14時30分に着席となっています。

 

4級~準2級を受検する人は、19時30分に着席となっています。

 

 

昨年同様、集合時間前に教室を開放しますので、検定前の最終チェックをしたい人は、早めに来てください。

 

中3は、通常授業も行いますので、この日はかなり長丁場になりますが、頑張りましょう。

 

 

漢検に向けて、夏期講習の中で取り組みを続けてきました。

準備万端であとは検定日を待つだけ、という人もいれば、なかなか取り組みを進めることができていない人もいます。

対策が遅れている人は休み期間にしっかりと勉強しておきましょう。

 

 

 

中3は、社会と国語で入試問題を解き始めました。

 

社会は、「そっくり問題」を2回分と、平成9年度の都立高校の問題に挑戦しました。

 

社会は、かなり苦戦していますね。

しっかりと、解説を聞いてレポートにまとめるようにしてください。

 

 

国語は、平成8年と9年の都立の共通問題です。

平易な問題なので高得点が多く出ました。

 

この2つの入試問題の大問4の文章は、「科学」や「科学技術」をテーマとした説明的文章を読解するための「基本」をレクチャーするうえで、特に有用です。それほど難しい問題ではありませんでしたが、それぞれの大問4に、それぞれ2時間の「解説」を行いました。

 

 

英語は、「発音」や「語彙」を終えて、文章題への取り組みを本格化させています。

 

文章の中に関係代名詞や接続詞が含まれる「複雑な文」が出てきたときに、読解がルーズになります。時間をかけてしっかりと「復習」していくようにしましょう。

 

また、「単語オリンピック」が開幕しました(in Hino de Janeiro) 。

これは、合宿でも開催されます。がんばって金メダルを目指しましょう。

世の中のオリンピックは、見なくても全く問題ありませんが、「単語オリンピック」には全力を尽くしてください。

 

 

 

中3の生徒たちには入試問題への「アプローチ」の仕方と、「勉強時間の過ごし方」について厳しく注意しています。すこしずつ意識が変わってきました。

中3の生徒たちは、私が「受験の態勢=耐性」を作っていることに気づいています。

ストレスやプレッシャーに打ち勝つ「態勢=耐性」を培っているのです。

 

この4日間の「空気」は、とてもよかったです。

 

 

 

明日、8月15日(月)から8月20日(土)までは、休校となります。

 

 

16日から合宿です。

参加する生徒のみなさんには、大きな成果を手に入れて帰ってもらいたいと思います。

 

 

(ivy 松村)

 

「自習の授業」

平成30年度の都立高校入試で、「自校作成」が復活することになりました。

 

喜ばしいニュースですね。

 

 

 

さて、夏期講習第Ⅱ期が終わりました。

 

夏期講習から参加している生徒たちも、塾での勉強に慣れてきたみたいです。

 

一部のクラスを除き、国語の授業で漢字検定の対策を行っています。

 

漢字検定というものを塾の指導の中心に据えることに疑問を持たれる方がいるかもしれないので、説明しようと思います。

 

 

 

一番多い勘違いは、「楽をしようとしている」という見方なのだろうと思います。

 

 

「楽かどうか」という考え方をしたことがないので、ちょっとよくわかりませんが、はっきり言ってしまえば、国語の授業をしていた方が「気楽」ですし、気分がいいです。

 

国語の文章題の解説なんて、あんなに楽しいことはないと思っています。

 

 

 

中3は全員が漢検を受けますが、基本的に授業外で自主的に取り組んでもらっています。

国語の授業では、ここ数日「韻文を含む文章」を扱っています。

 

今日の授業の題材は和歌でした。

 

「ある瞬間」を、「言葉」によって完璧な形に切り取ったとき、その「言葉」は1000年後の現代にまで受け継がれるものになる、和歌には、「永遠」を作り出す力があるのだ、ということを柄にもなく、興奮して語ってしまいました。

 

反動なのかもしれませんが、自分でも「いきいき」しているわけです。

私の場合は、普通に授業をしたほうが、疲れません。

 

 

講習の中学1、2年生の国語の授業は、特に「コンパクトさ」が求められるので、普段以上に授業計画が「シビア」になります。ほとんど必ず毎回の「板書案」を作成します。

1回の授業の準備に、30分から1時間くらいかけるでしょうか。多分、塾の人間の中では多い方だと思います。

 

 

しかし、「漢検のための準備」には、文章題のさらに数倍の時間と労力をかけています。

 

今年は、「内容」も昨年から一新しました。昨年もかなり入念に準備しましたが、今年はその倍の時間と労力をかけました。教材の選定には数か月間頭を悩ませましたし、オペレーションやシミュレーションに関しても、何回も修正しました。

 

本当に「楽」をすることが目的なのであれば、去年と全く同じものを用意すればいいわけですが、「実際の漢字検定の問題」に対応する力を、限られた期間で身につけていけるように、教材の組み合わせや構成を変えることにしたのです。

 

ちなみに、3級や準2級は、教材費+コピー代も昨年の倍以上になっています。

 

 

生徒たちに漢検対策に取り組んでもらっている間も、さながら「執事」のように構えて、「オーダー」に、すぐに対応できるように、教室全体の「様子」を注視し続けています。

具体的に私がどんな「役割」を果たしているのかは、生徒たちはよくわかっているはずです。

大きなやりがいと喜びを感じながらやってはいますが、精神的な疲労も大きくなります。

 

 

 

昔の自分がそうだったのでよくわかるのですが、塾の講師の中に、漢字検定を軽んじて考えていたり、冷ややかな目で眺めていたりする人が多くいるはずです。

 

一部の高校の併願優遇や推薦入試で活用できるとはいえ、「受験勉強」という「目的」から考えたときに、「直接的なメリット」は少なく、「効率的な活動ではない」と思えてしまうわけです。

 

その考えはよくわかります。私も昔は「中身を知らずに批判する人間」だったのですから。

漢字検定に力を入れるのには、「別の理由」があるからなのだろうと思われてしまうことも理解しています。おそらく、「効率」を考える人ほど、奇妙に思えるはずです。

 

また、教師が「解説」をするでもなく、ひたすら漢字の問題を解かせて、漢字の練習をさせているわけです。「そんなの、自分でできる」と思う人もいるはずです。

 

 

 

最初に「発想」が思い浮かんだのは、数年前にある個人塾で漢検に携わったことがきっかけでした。

そのときに、これは学習意欲を醸成するのに有効なイベントとして使えると確信しました。

 

そして、「漢検」の学習内容には、実は「かなり高度な知識」が含まれているということを知ったのです。それまでの私は、多くの塾講師と同じく、「漢検」に「無知」でした。

 

 

過去に、私が受け持った中3の受験生のクラスでは、夏期講習で漢字や知識の「確認テスト」を毎日課していました。かなり深い内容の知識を大量に覚えなければならず、生徒たちはそのための準備と、間違い直しや復習に、連日1時間近くの時間をかけていました。

たぶん、同じような指導を行っている塾はたくさんあると思います。

 

3級や準2級の漢検対策の内容は、進学塾で行う「確認テスト」と遜色ないレベルの問題が並べられています。

また、漢検対策の問題集を確認してみればよく分かることですが、単純な知識を問う問題ばかりではなく、思考力や分析力を必要とする問題も随所にちりばめられています。

むしろ、国語の総合的な学力を養成するうえで、漢検対策を取り入れることが非常に有効だと判断しました。

 

受験生が、夏期講習の「確認テスト」の替わりに漢検の教材に取り組むことは、このうえなく効果的な学習になり得るのです。

 

 

 

それから、「授業を行わない塾」があるということを知ったのがもうひとつの契機でした。

それを知ったときには非常に驚きましたが、考えれば考えるほど「妥当」なのです。

 

 

「教育」には、2つの「柱」があるといえます。

 

ひとつは、「知識や方法」を伝授することです。

もうひとつは、相手の「行動や考え方」を陶冶していくということです。

 

 

塾の人間は、どうしても前者に傾斜しがちです。それは、学習塾は、授業の技術、すなわち「話術」こそが、もっとも価値のある「商品」であるという通念の上に成り立っている「産業」だからです。そのために、「私たち」は競って「教務力」の宣伝を行うわけです。

 

 

一方、「授業を行わない塾」は、生徒にひたすら「自習」をさせるわけです。もちろん、教材の手配や学習環境の整備に細心の注意が払われています。

 

そこには非常にシンプルな事実が示されています。つまり、「自分で勉強できるようになれば、塾教師の『話術』など必要ない」ということです。

 

 

一般的な生徒たちがなぜ「塾」に通うのか、といえば、自分で勉強できないからです。

自分ひとりでは勉強できないので、「誰か」に教えてもらうわけです。

 

しかし、ひとりで解説を読み、ひとりで問題を解き、ひとりで答え合わせをして、ひとりで復習して、ひとりで再度確認ができるのであれば、「『塾』はいらない」のです。

 

「授業を行わない塾」は、「ひとりで勉強できる力」を養っているわけですが、塾は「話術」を売るところであるという固定観念にとらわれてしまうと、その営業形態は「パラドクス」を内包しているように思えてしまうでしょう。

 

しかし、「教育のもう一面」に気づくことができれば、「自習」を促すことで学力を向上させる「指導」は、「教育事業の本質」に依拠したものであることが理解できるはずです。

 

 

学習塾の「存在意義」というものについて、根源的に思索を巡らせてみたとき、極めて単純な「答え」に行き着きます。それは、「勉強をさせる」というものです。

 

 

「塾に行って、ひとりで勉強して帰ってくるなんて、ばかばかしい」と思ってしまう人は、大勢いると思います。

 

ちょっと角度を変えてとらえ直してみましょう。

 

 

「ひとりで勉強できるようになったなんて、なんて素晴らしいことなのでしょう。」

 

 

 

現実には、多くの生徒にとっては、塾や予備校の指導は必要です。

良質の塾や予備校には、効率的な指導法や教授法、圧倒的な受験テクニック、徹底的に分析された入試情報、綿密な構成のカリキュラム、洗練された学習マニュアル・・・などが蓄積されています。

 

 

理想の塾のあり方を模索する中で、「教授型」と「自習支援型」の「ハイブリッド」な形を作っていくのがいいのではないかと考えるようになりました。

 

 

 

漢字検定は、その対策をとおして、学力を向上させてくれます。

 

また、「自習文化」を熟成させていくことが、目的の一つとしてあるわけです。

そして、自習の方法を身につけてもらうための「訓練」であると位置づけているものです。

 

 

他にも細々とした理由はありますが、大まかな理由は以上のようなものです。

 

 

 

「解説授業をしないなんて、手抜きだ」とか、「自習なんて、自分でできる」と考える人がたくさんいるのはわかっています。

私が(勝手に)「お手本」にさせてもらった塾も、その部分で苦労をされているようにみうけられました。

 

 

「自習なんて、自分でできる」という考えは、ある意味で「当然」なものですが、ちょっと危うい気がします。「柱」が一本、完全に抜けています。

 

「自習の価値」を貶めながら「教師の話術」を過度に期待するようになるので、依存性の高い不安定な「学習モデル」が形成される危険性があります。

 

 

たまに、「自分の成績が悪いのは、教師の教え方が悪いからだ」と考えている人がいます。

もちろん全てを否定することはできませんが、結局そういう考えが、学力の伸長の妨げになっているのではないか、と思うことが多くあります。

 

確かにその教師の教え方はまずいのかもしれませんが、自分で学力を伸ばす方法はあるのです。「自習」というものを「不当な労働」とみなすような考え方をする人は、もっとも万能で応用性が高く、柔軟な、優れた学習方法を放棄しています。

 

 

 

夏期講習で、生徒たちは「自習の仕方」を身につけています。

 

 

夏期講習第Ⅲ期は7月31日からです。

 

さらに、はりきってまいりましょう。

 

 

 

(ivy 松村)

 

夏期講習第Ⅰ期終了

夏期講習の第Ⅰ期が終了しました。

 

 

中2の英語では、助動詞を勉強しています。

 

 

何点か説明します。

 

 

まず、may notの短縮形の「mayn’t」です。

授業では「mayn’t」は使わないと説明しましたが、一応存在します。どこかで見かけることがあるかもしれません。

 

しかし、英語の文法の問題に使われることはありませんので、答えの可能性から除外してください。

 

 

 

次に、「お手伝いしましょうか」という意味の英語ですが、3つの文が作れます。

 

・Shall I help you?

・Can I help you?

・May I help you?

 

 

この中で、使いたくなるのは「Shall I help you?」です。

 

shallは、自分から相手に「申し出」をするときの表現なので、もっとも自然な表現に思えます。参考書にもこの表現がよく載っています。

 

もちろん間違いではありませんが、実際には「Shall I help you?」はそれほどよく使われる表現ではありません。

 

自分が相手を手伝うことの「許可」をもらうという「構図」が好まれるため、英語話者の間ではmayやcanが使われることが多いのです。

 

このなかで、mayがもっとも丁寧な言い方になるので、実際に使うときには「May I help you?」と言う方がいいでしょう。

 

 

また、お店などで店員がお客に声をかける場合にも「May I help you?」が使われます。

これは、「必要であれば商品などの案内をして、お買い物の手伝いをしましょうか」という意味で使われているわけです。参考書や教科書では、これを「いらっしゃいませ。」と訳しています。

一種の「慣用表現」として覚えておきましょう。

 

 

 

次のような表現には注意してください。

 

・Shall I open the window? →「窓を開けましょうか?」

 

・Can I open the window? →「窓を開けてもいいですか?」

・May I open the window? →「窓を開けてもいいですか?」

 

 

canやmayが持つ本来の意味は「許可」です。

上のような表現の場合には、相手に「許可」を求める内容になるので、気を付けましょう。

 

 

 

また、相手に頼むときの言い方にも注意が必要です。

 

・Can you open the window? →「窓を開けてくれませんか?」

・Will you open the window? →「窓を開けてくれませんか?」

 

 

「依頼」を行うときにはcanとwillが使われます。

mayではありませんので気を付けてください。

 

 

 

それから、本日お渡しした助動詞の「まとめ」が載っているプリントについてですが、授業で触れなかった表現が少し載っています。

それは、いずれ習う内容ですが、今それを説明に組み込んでしまうと、多くの人が混乱してしまう懸念があったので、説明を省いたものです。

 

問題演習に必要な知識は、板書して、ノートに書いてもらったものが中心です。

教えられていない部分は、演習の問題には出てこないので無視してください。

 

(覚えられる人は、覚えておくといいと思います。)

 

本日お休みだった方には、後日お渡しします。

 

 

 

英語の助動詞については、中2が学習する内容としてはかなり高度なものを扱いました。

本科の授業よりも深い内容だったので、塾内生にとっても大変だったと思います。

まして、はじめて塾の授業を受けた人は、びっくりされたでしょう。

 

正確に調べたわけではありませんが、おそらく、助動詞に関して、学校の教科書の2、3倍、一般的な塾の教材の1.3倍くらいの内容を4日間で網羅しています。

現在は「パターン演習」を行っていますが、これから、さらに複雑な問題にチャレンジします。

 

 

 

ちょっと自信を無くしかけている人は、学校の勉強とは異なった学習をしているということに留意してください。

 

学習内容やレベルもそうですが、「アプローチ」も大きく異なります。

 

学校の勉強は、解答を間違えると、成績を下げられてしまいます。

ですから、「常に正解を記入する」取り組みになります。

 

 

一方、塾の方は、「間違えながら身につけていく」というやり方をすることがあるわけです。

まだ、完璧に飲み込めていなくても、とりあえず問題を解き始めます。

 

間違えて、正解を確認して、復習をして、また問題を解いて、というサイクルを循環させて、より早く、より強固に知識や解法を吸収していきます。

 

 

間違いを何度も繰り返してしまうことは問題ですが、「導入」の時点で全てを理解できていないのは、ある意味で織り込み済みなのです。

 

塾が、そういう「アプローチ」を取るのは、学校に比べて、圧倒的に短い授業時間しか確保できないからです。

 

短時間で高い効果を得るために、大きな負荷をかけるやり方が必要なのです。

 

 

 

「塾に慣れる」というのは、「間違うことから始める」ということに慣れることだといえるかもしれません。

「間違いに慣れる」のはよくありませんが、間違いを怖がる必要はないのです。

 

 

 

ちなみに、私は、いろいろ雑談をしたり、時には歌を歌ったりしています。「ブレイク」をコンパクトにしているわけですが、それは、塾の教師は、だらだらと長時間のおしゃべりをすることが許されていないからです。

 

私は、基本的に授業中は瞬間的に盛り上がれる題材だけに反応します。一発ギャグや替え歌を好むのもそのためです。「ボケ」よりも「ツッコミ」志向なのもそのためです。

 

(私は、本来「ボケ」の人間なので、たまに「ツッコミ待ち」をしているときがあります。気づいた人は、「ツッコミ」をいれてください。ただし、「寒いツッコミ」はやめてください。)

 

 

 

次回の中2の授業は26日です。

 

はりきって行きましょう。

 

 

(ivy 松村)

 

 

 

夏期講習2日目

夏期講習の2日目が終了しました。

 

今日が終業式だった八王子市の小中学校は、ようやく夏休みに入りました。

 

中3で、最後まで部活やクラブチームの活動に取り組もうと決めた生徒は、区切りをつけるまで、もう少しです。今が、一番きつい時期かもしれません。分刻みのスケジュールの生活で頑張っています。

一方、朝の10時から21時まで根を詰めて勉強に取り組んでいる生徒もいます。

 

 

 

各学年、夏期講習の第Ⅰ期と第Ⅱ期は課題の量を少なくします。

その間に、夏休みの宿題を終わらせてください。

講習の中盤から、課題が増えていきます。

 

 

夏期講習から来てくれている生徒たちも、2日目は緊張が取れてきた様子です。

これから長い夏休み、一緒に勉強していきます。自分の「居場所」として、落ち着いて勉強に打ち込めるようになってもらえたら、うれしく思います。

 

一緒に頑張ろう。

 

 

 

成績表のコピーを取らせていただきたいので、まだ持ってきていない人は、お持ちくださるようお願いします。

 

 

 

それでは、明日以降も張り切ってまいりましょう。

 

 

(ivy 松村)

 

 

お知らせ「夏期講習会」

 

 

夏期講習会の日程をお知らせします。

 

塾内生は、夏期講習の登録日が過ぎていますが、まだ申込みを受付けております。

夏休みの予定が決まり、参加できる日程が判明してからお申し込みください。

 

 

塾外生の方に夏期講習のご案内を差し上げています。

 

 

 

 

2016kaki1

 

 

 

2016kaki2

 

 

 

2016kaki3

 

 

 

今年も、漢字検定を実施します。

 

8月23日に、ivy校舎を会場として、漢字検定を行います。

夏期講習では、漢検合格を目指して、漢検対策を積み重ねていきます。

 

(小4生と、小6特訓コースは漢検を実施しませんが、希望者は受検することができます。別途、受検料が必要です。)

 

 

 

夏期講習最終日となる8月24日には、志望校判定テストを実施します。

志望校判定テストは、小6特訓コース、中学1~3年生が対象です。

 

 

小5、小6進学コースの生徒は、8月24日に、成果判定テストを実施します。

 

夏期講習の集大成。夏に培った学力を存分に発揮して、身につけた夏の成果を確認しましょう。

 

(小4生は、成果判定テストは実施しません。)

 

 

 

 

それから、今年は、「夏期合宿」を行います。

 

合宿のお知らせは、ブログやホームページには掲載しませんので、詳細はivy校舎へお尋ねください。

 

 

 

(ivy 松村)

 

 

夏期講習が終了し、2学期が始まる

今日は、涼しいどころか肌寒いほどの気温で、ちょっと閉口してしまいました。

風邪をひかないように注意してください。

 

 

夏期講習が終了しました。

 

最終日の今日は、月例テストで「結び」です。

力を発揮できたでしょうか。

 

 

さて、9月1日から後期の授業がスタートしますが、各学年の9月の授業初日をご確認ください。

 

 

9月授業開始日:

 

小5進学・・・9月1日(火)

 

小6進学・・・9月3日(木)

 

小6受検・・・9月1日(火)

 

中1特訓・・・9月2日(水)

 

中2特訓・・・9月2日(水)

 

中3特訓・・・9月1日(火)

 

 

 

その他の連絡:

 

・後期から「演習」を受講する中2・中3の生徒は、土曜日も通塾日となります。

 

・中3は、9月6日の「Vもぎ」と9月13日のWもぎの案内をお渡ししています。

 

・「数検」は9月19日(土)に実施となります。

 

 

 

 

受験生の要望もあって、

 

・8月27日(木)

・8月28日(金)

 

の両日、13:00から校舎を開放します。

個別授業の生徒が優先となりますが、宿題や休み明けテストの勉強に教室を使いたい人は、連絡なしで来ても大丈夫です。

 

 

 

中3にとっては、まだ夏期講習の「延長戦」が残っているということですね。

27・28日を使って、宿題等を仕上げなければなりません。

連日10時間以上勉強していましたが、常に塾の課題や漢検対策に追われていたため、作文など、まだやりきっていない宿題があるのです。

 

漢検が終わってから、本腰を入れて宿題に取り組む計画でした。

 

この数日は、毎日作文や読書感想文の直しをやっています。

2000字ほどの作文を書きあげるのに、のべ7・8時間ほどを使っているでしょうか。

納得のいくものを書きあげる経験を積んでほしいと思っているので、何度も何度も書き直しを促します。

 

 

文章力のない人には、いずれ「学力の限界」が訪れるでしょう。

「言語」は、意味と論理の相互作用です。これを操作する能力に乏しいと、思考力が開発されません。

 

「作文」には、学力の基礎を鍛える効果があります。

 

 

しかし、それにしても目を見張ったのは、中3生たちの「学習継続力」です。

1か月前と比べて、勉強の「処理能力」と「持久力」が飛躍的にレベルアップしています。

 

 

この夏、毎日どれくらいの量の文字を書き続けたのでしょう。

よく、右手の指に力が入らない、と悔しそうな顔をしていましたが。

 

英語が、たぶん一番きつかったと思います。

2、3ページ分の板書を写し、3、4ページ分の演習と復習のレポート、1、2ページ分の英文和訳をほぼ毎日こなしていました。

 

 

今となっては、原稿用紙数枚程度では、動じることもないのでしょう。

 

 

受験勉強は、「こなせない人」には厳しいものです。

 

この夏に、勉強を推進していく能力を身につけられたのは、大きな成果です。

秋以降に、さらにタイトな勉強をこなしていく「エンジン」を搭載できました。

 

 

 

まだ、「延長戦」が残っているので、夏期講習が終わったという実感が湧かないのですが、本日が始業式だった中学もありました。

八王子市や町田市には、8月中に2学期が始まる小中学校が多くあります。

 

 

宿題は大丈夫でしょうか。心なしか、何やら浮かない顔をしていた生徒がいたような気がしていますが。もし、困っているのなら、「延長戦」に参加してください。

 

宿題の他、提出物や返却するものなど、期限までに学校に持って行かなければならないものがある人は、準備を忘れないようにしてください。

 

 

 

では、9月に、また一緒に頑張っていきましょう。

 

 (ivy 松村)