What will we get after the days we study as much as possible ?

新しいパンフレットが完成に近づいてきました。

 

インタビューなどに協力してくださった在塾生・卒業生のみなさんとご家庭に、「サンプル」をご確認いただいております。

ご面倒をおかけして恐縮ですが、誤記や、訂正のご要望などがございましたら、校舎まで仰せ付けくださいますよう、お願い申し上げます。

 

 

さて、パンフレットの件で、何人かの卒業生のご家庭に連絡をさせていただいた際に、近況などを伺わせていただきました。

 

みなさん、大変ながらも充実した高校生活を送っているそうですね。

期末試験を終えた人は、少しゆっくり過ごしているところだと思います。

 

 

塾の方でも、試験期間中、毎日勉強をしに来ていた高校生たちが減り、少し寂しい気分ですが、小6、中3は、いよいよ入試に向けて、スパートをかけていく時期になってきました。

校舎にも、刻々と緊張感が漂ってきました。

 

 

 

昨日は、「入試特訓」の第一回目でした。

 

 

中学生の「入試特訓」は、今年度は「全5回」と、例年に比べて少なめですが、それは、普段の授業で十分な演習量を確保できているために、余裕をもってスケジュールを組んでいるからです。

 

これまでは、「入試特訓」の日程と、期末テストや公開模試、学校説明会などが重なってしまって、かなり無理をして参加していた生徒もいました。

 

今年は、早期に進学先が内定した生徒が多かったので、通常の授業で行う入試問題演習を効率的に行うことができています。

 

たとえば、国語は、すでに都立高校の「共通問題」だけで10回ほど演習を行っています。

 

 

「都立共通問題」のコースは、「入試特訓」で5回、冬期講習で毎日8回の演習を行うので、両方に参加する生徒は、さらに13回分の演習をする機会を得られます。

 

 

都立高校の入試までに、30回分ほどの演習を行うことができると思います。

 

 

 

と、「このようなこと」を書くと、「そんなにやる必要がるのか」という「疑問」を持つ人がいるのだろうと思います。

なかには、いろいろな理由をこじつけて、そんなにやっても効果はない、という批判めいたことをいいたくなる人もいるかもしれません。

 

 

しかし、現実に、「都立共通問題」は、たくさん解くことがもっとも有効な対策となります。都立の問題を熟知している人は、同様の考えを持つと思います。

 

 

まあ、勉強のやり方や指導の方法はさまざまあるので、何が「正解」なのかということを、確定的に述べることはできないわけですが、あえて個人的な「考え」をいうのであれば、「なるべくたくさん受験勉強をする」ということを否定するというのは、なんというか、残念というか、あまり合理的ではない思考です。

 

 

 

そういえば、パンフレットのインタビューに答えてくれた卒業生が、印象的なことを言っていました。

 

 

「定期試験の勉強をするのがフツーになってた。」

 

 

何が「フツー」なのかは「その人」によって違うわけですが、少なくとも、その生徒にとっては、今や試験に向けて勉強するのが「フツー」なわけです。

 

 

「高校で、周りの生徒が、定期試験が近づいてきても全然勉強してなくてビビる。」

 

「周りの生徒は、勉強しはじめても、15分ぐらいで集中が切れてボーとしていて、やばいと思う。」

 

 

 

・・・「昔の自分」を見るようで、いろいろと、思うところがあるようです。

 

 

 (ivy 松村)

 

 

連絡「11月23日の授業について」

11月23日は「勤労感謝の日」で祝日となっていますが、中2の英語の授業を行います。

 

 

どうしても、祝日が多くなる月曜日の授業が滞りがちになってしまいます。

中2の英語のカリキュラムを進めますので、予定のない生徒は出席するようにお願いします。

 

また、中3は同日に「入試演習」を行います。

この日に公開模試を受ける予定がある人以外は、指定の時間に集まるようにしてください。

 

 

いよいよ入試に向けて、加速する時期です。

 

これから、中3生に向けて、模試のない日曜日に「入試特訓講座」を開講します。

 

通常授業に加えて、早慶MARCHを中心とした私立の過去問演習と解説授業を行います。

 

半日以上かけて実施しますので、食事の用意が必要となります。

2学期以降の授業でも、ずっと過去問演習を行ってきましたが、「入試特訓講座」では、同じ年度の入試問題を、3教科をそろえて行います。

さらに、合格判定と復習レポートの提出までを1サイクルとして、進めていきます。

 

おそらく、1サイクルで9時間以上かけることになると思います。

この「入試演習特訓」は、実際の入試を想定した「総合的」な対策を行うという位置づけです。

1教科あたり、90分ほどの解説を行いますが、各教科ともに授業時間を延長する可能性があります。

また、基本的に、その日のうちに、復習をしてもらうつもりです。

予定よりも帰宅時間が遅くなる日もあると思います。その心づもりで参加してください。

 

 

 

中3は、これから、「仮内申」が出た後に、塾の保護者面談を行う予定です。

期末の点数が出て、内申点の見通しが立つころに、あらためてご案内差し上げます。

 

 

 

全学年に、冬期講習のご案内をお配りしております。

 

受験生は、入試に向けての最後の正念場となります。

非受験の学年は、3学期に向けて、力を蓄えていく大切な期間です。

 

口座引き落としの関係もありますので、お早めにお申込みいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

期末テストが佳境に入っています。

テストを終えた生徒から、いろいろ話を聞かせてもらっています。

 

平山中は水曜日に中間テストが終了しました。

四中、七生中、打越中、横山中、加住中は、本日が終了日でした。

一中、二中、ひよどり山中、小山中は明日終了となります。

川口中は、明日から期末テストが始まり、来週の水曜日に終了します。

 

 

期末テストが終わってほっとしたタイミングは、体調を壊しやすいものです。

夜の寒さも少しずつ厳しくなってきました、くれぐれも気を付けてお過ごしください。

 

 

 (ivy 松村)

You Storm, blow away the blues you’ve got today !

今日は「高校入試演習特訓講座」の第二回目でした。

中3の皆さんはお疲れ様でした。

 

思ったように点が取れずに悔しい思いをした人、全く太刀打ちできず心が折れそうになった人もいると思います。

 

今日は難関校の入試問題を解きましたが、今の時点で皆さんがかなり苦戦をすることは織り込み済みで企画しました。

 

私たちは凡人ですから、未来に、成果を得るためには、こうした経験が必要なのです。

 

 

解説では、この時期にはまだ点数を取れなくてもいい、という話はしませんでした。

それよりも、もっと点数が取れたはずだという話をしました。

 

点が取れなかったのは、難しい問題だったからではなく、正しい筋道で考えていなかったり、読解や思考の過程につまずきがあったり、記述に不備があったりしたからだということを丹念に伝えたつもりです。

 

そのようなミスを責めることはしません。しかし、皆さんは、ミスは恐ろしいものだと自覚してもらいたいと思っています。

 

学校の定期テストが終わり、本格的に入試に向けた取り組みをはじめる時期になったのです。ですから、今までのように笑ってミスを矮小化している場合ではなくなったのです。

 

まだまだ試験慣れしていない皆さんは、うまく時間配分できなかったり、問題のヒントに気づくことができなかったり、それこそ、解答の仕方を知らずに間違ったりしてしまいます。

 

 

まずは、今日の「ミス」をしっかりと受け止め、次に活かすようにしてください。

 

勝負のときまでに、弱点や欠点を洗いざらい見つけ出し、修正していきましょう。

 

そして、十分な力をつけて本番に挑めるように、皆さんを支えていきます。

 

次は、会心の点数を取れるように、いっしょにがんばろう!

(ivy 松村)

お知らせ 中3「高校入試演習特訓講座」

2学期から、中3受験生対象の「日曜特訓」が開講します。

詳しくはお知らせのページをご覧ください。

 

指定の日時にivy校舎で、過去問演習(テスト)を行い、解説、復習の指示、という流れで行います。

実際の入試問題へのアプローチ、点数の取れる解答の作り方など、実践的な指導を行います。

 

さらに、受講生それぞれの志望校の入試問題の傾向、設問形式などの分析、得点力養成のために必要な取り組み、対策などをアドバイスします。

 

毎回、合格判定を行います。

普段の授業とは違う緊張の中で競い合い、力を磨く機会としていただきたいと思います。

 

日曜日の特訓講座は、ivyが開校した当初から計画していたものです。

パンフレットやホームぺージの「QアンドA」にも載せております。

 

 

多くの学習塾が同じような追加講座を行っています。

合格に向けて、できる限り多くの学習時間を確保するべきなのは間違いありません。

しかし、私たちは、以前から、学習塾の追加講座のありかたに疑問を感じていました。

 

このような、学習塾が提案する「商品」は、「お金儲け」の要素が強くなりすぎていると思います。

 

他塾の追加講座は、1回5,000円から、7,000円ほどが一般的なようです。

さらに、それよりも高価なものもあります。

(「日曜特訓」で検索していただけるとわかります)

それが、本当に価格に見合った「高品質」のものであれば、高額の料金を支払った甲斐もあるのですが・・・。

 

ivyは1回(300分)あたり1,620円で特訓講座を行います。

これは、進学塾の追加講座としては最低に近い額だと思います。

お金をいただくのは、利益のためではなく、私たちに「責任」を発生させるためです。

私たちは、全力でこの講座を運営し、価値のあるものを提供していきたいと考えています。

いい加減な「商品」を売るわけにはいかないというのが、私たちの矜持です。

 

受験生たちと、真剣に受験に取り組む時間をできる限り多く作りたいと思っています。

ぜひともご検討ください。

 

 

高校入試特訓講座のお問合せ、ご案内は、ivy校舎受付で承っております。