英語のスピ―キングテストのこと

英検の二次試験の結果が届きました。

 

ウェブでの合格発表日に受検者のみなさんにはすでにお伝えしていますが、全員合格でした。

英検3級、準2級の二次試験は、3年間、連続で全員合格です。

今日授業のなかった2年生には、来週認定証をお渡しします。

 

春の合格者も含めると、中3の準2級の「保有者」がずいぶん増えました。

 

準2級を持っていると、併願優遇や推薦入試でアドバンテージを得ることができます。

特に、「加点タイプ」の併願優遇で、非常に高い基準を設定しているような私立高校の出願に際して、準2級を持っていることは非常に大きな意味を持ちます。

 

がんばりましたね。

おめでとうございます。

 

 

 

さて、「英語」つながりで、都立高校入試の「英語」で、スピーキングを導入するかどうかという話。

 

 

現在、東京都立高校入学者選抜英語検査改善検討委員会というのが定期的に開かれていて、英語のスピーキングテストの導入ついて話し合われています。

 

東京都教育委員会で公表されている会議趣旨を見てみると、

 

・一斉に実施できるタブレット方式が望ましい

・実施回数は1回(予備日あり)

・私立高校入試との調整を踏まえるべきである

 

 

というような「方向性」が示されています。

 

まだ検討段階なので、議論が深まれば、別の「方向性」が出てくるのかもしれませんが、現在話し合われている内容について考えてみましょう。

 

 

「セキュリティの問題」があるため、受験生を数グループに分けて「時間差」で検査を行うことに問題が生じるかも知れません。

 

当然、試験は「同一の内容」であるべきですが、例えば、「午前」に試験を受けた人物が、「午後」に試験を受ける予定の人物に「試験内容」を漏らす可能性があります。

 

それで、試験を「一斉」に実施するためには、タブレットなどを用いる必要があるというわけです。

 

タブレットを使うということは、タブレットの指示通りに英語を発話し、その様子をタブレットに記録。そして、その内容に評価をつけるということになるのでしょう。

 

また、「試験会場」でスピーキングテストを実施するためには、5教科の入試の「前」にスピーキングテストの日程を設ける必要があると思います。

 

そのために、高校ではなく、もっと広い「会場」を貸し切って行われることになるのかもしれません。

 

 

個人的に気になるのは、「タブレット、めちゃくちゃ必要になるやん!」ということですが。

そうすると、「めちゃくちゃ儲ける人」がいるわけですね。もしかすると、この話の「肝」は「そのあたり」なのかもしれません。

 

 

 

それにしても、そこまでしてスピーキングのテストをする必要があるのかどうか。

 

 

 

英語の「4技能」という概念は、ひとり歩きしすぎなのではないかという気がします。

 

英語という「ツール」を操る能力を測るうえで、「スピーキング」という指標を用いることは合理的です。しかし、それは「高校入試選抜」においてどうしても審査すべき「学力」であるとはいえないと思います。

 

普通に考えて、「日本語を話す能力」の方がより重要であるといえるでしょう。

 

どうして、英語を話す能力の方が優先されるべきなのか、と思うわけです。

 

 

加えて、物理的、精神的、経済的に負担が大きすぎます。

 

 

もう少し個人的な考えを言うならば、私は、日本人「全員」が、英語を話すべきだとは思わないのです。「英語を必要とする職分」に就くべき人が、英語の能力を高めていけばいいと思うわけです。

 

 

そういった意味で、高度な人材を社会に送り出そうという学校や教育機関は、むしろ、入試で英語のスピーキングのテストを導入することを検討するべきでしょう。

 

しかし、「東京都立高校」全体の入試選抜で、あまねく共通にスピーキングテストを行うのは、ちょっと問題がありそうな気がします。

 

 

 

英検のような「英語の能力の検査」において、スピーキングのテストは極めて重要な意味を持っています。その能力を伸ばし、検定に合格するという目標を達成するために、生徒たちとずっと面接の練習を重ねてきました。

 

もちろん、高校入試にスピーキングが導入されることになれば、私たちはその対策を全力で行います。

 

しかし、ちょっと釈然としない思いもあります。

 

 

(ivy 松村)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。