モールの話

来月に、豊田駅前にイオンモールがオープンします。

雑談をしていて、数学の杉田先生に、「モール」って針金の「モール」と関係があるんですか、と聞かれ、気になって調べてみました。

 

イオンモールの「モール」は「mall」で、遊歩道、商店街という意味です。

 

針金の「モール」は、「mogol」というポルトガル語がなまったものだそうです。

 

まさか、ポルトガル語だとは!それにしても変な綴りです。

ポルトガル語の発音を調べてみると、「モゴル」という発音でした。

「g」の発音は無音になりやすいので、「モゴル」の「ゴ」という音が消失し、「モール」となったのかもしれません。

 

「モゴル」→「モール」

 

さらに調べてみて、驚いたのは、その言葉の由来が「ムガル帝国」だったということです。ムガル帝国というのは、15世紀から19世紀に北インドを支配した大帝国です。

ポルトガルは、大航海時代にインドに拠点を持っていましたから、ムガル帝国と交易があったのでしょう。

 

「ムガル」→「モゴル」→「モール」

 

 

 

地名や国名、都市名(やその形容詞形)などが特産品や加工品の名前になることがあります。

 

・カボチャ(カンボジア)

・フランクフルト(フランクフルト、ドイツ)

・ハンバーガー(ハンブルグ、ドイツ)

・シャンパン(シャンパーニュ、フランス)

・ナポリタン(ナポリ、イタリア)

・ウィンナー(ウィーン、オーストリア)

・デニッシュ(デンマーク)

 

…食べ物が多いですね。

 

また、かつて、室町時代に、ポルトガル人が種子島にやってきて日本に伝えた鉄砲のことを、「種子島」と呼んでいたこともありました。

 

実は、「日本」も特産品の名前なのです。英語で「japan」(最初の文字を小文字で書く)というのは、漆器のことです。

また、英語で「china」といえば、磁器のことです。

 

 

 

さて、ポルトガル語で「ムガル帝国」という意味の「モール」ですが、もともとは豪華な特産品でした。

横糸に絹糸を使い、縦糸に金や銀の糸を使って織り上げた織物を「モール」といったのだそうです。やがて、金糸や銀糸などをより合わせた、装飾に用いるひも状のものも「モール」と呼ぶようになったそうです。

 

さらに現在では、「ひも」として使うのではなく、針金などが芯に入っている、飾りつけに使うものをモールと呼ぶようになっています。

 

 

 

モールの語源は、さらにさかのぼることができます。

 

ムガル帝国の創始者バーブルは、中央アジアに大帝国を築いたティムールの子孫です。

ティムールはチンギス=ハンの血を引くとされた人物で、さらにバーブルの母方もチンギス=ハンの血筋でした。

そのため、バーブルが建国した国はモンゴル帝国の後継とみなされたのです。

「ムガル帝国」は、ペルシャ語で「モンゴル人の帝国」という意味です。

 

「モンゴル」→「ムガル」→「モゴル」→「モール」

 

空前絶後の巨大帝国の「モンゴル」と、100円ショップにある針金の「モール」。

ロマンと哀愁を感じてしまいますね。

 

イオンモールには100円ショップのダイソーが出店するそうです。すると、モールでモールが買える日が来ますね。

 

 

 (ivy 松村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。