「H」の話③

「H」を用いた「二重字」は、意外と多くあります。

 

たとえば、「ch」「sh」「ph」「th」「gh」「wh」「rh」などです。

 

この中で、「ch」は少し厄介です。「ch」には、複数の発音があります。

 

 

スペイン語、イタリア語、フランス語のそれぞれの言語の「ch」の発音を確認してみましょう。

 

・スペイン語の「ch」…「チ」→「チャ・チ・チュ・チェ・チョ」

・イタリア語の「ch」…「ク」→「カキクケコ」

・フランス語は「ch」…「シュ」→「シャ・シ・シュ・シェ・ショ」

 

 

英語の「ch」は、いずれの発音も有しています。

つまり、英語において「ch」は、「チ」と読む可能性もあれば、「ク」と読む可能性もあります。

それだけでなく「シュ」と読む可能性もあるわけです。

 

「ch」の綴りが出てきたときは、発音記号を確認するようにしましょう。

 

・「チ」の発音記号→[tʃ

・「ク」の発音記号→[k

・「シュ」の発音記号→[ʃ

 

 

 

3つの発音の中で、英語の「ch」の「基本」となるのは「チ」です。

 

China「チャイナ」(中国)

child「チャイルド」(子供)

champion「チャンピオン」(王者)

chance「チャンス」(機会)

charity「チャラティ」(チャリティ)

church「チャーチ」(教会)

cheer「ア」(応援)

chicken「キン」(鶏肉)

cheese「ーズ」(チーズ)

cheap「ープ」(安い)

choose「チューズ」(選ぶ)

chair「チェア」(椅子)

change「チェンジ」(変わる)

chocolate「チョコレト」(チョコレート)

chopsticks「チョプスティクス」(箸)

 

 

枚挙にいとまがありません。

「ch」の付く英語の基本語彙は、一般的には「チ」で読まれます。

 

 

 

「ch」を「ク」と発音するのは、古代ギリシア語、ラテン語(あるいはイタリア語)に由来する語彙です。

 

 

chaos「オス」(混沌)

chameleon「メレオン」(カメレオン)

charisma「リスマ」(人を心酔させる魅力)

 

character「ャラクター」(特徴)

 

Christ「ライスト」(キリスト)

Christmas「リスマス」(クリスマス)

 

chemistry「ミストリー」(化学)

chemist「ミスト」(薬屋)

 

chronicle「ロニクル」(年代記)

 

cholera「レラ」(コレラ)

chorus「ーラス」(合唱)

 

 

 

なじみのある単語で「ch」=「ク」の発音をするものもけっこうありますよ。

 

 

anchor「アンー」(最終走者)

school「スール」(学校)

technic「テニック」(技術)

technology「テノロジー」(科学技術)

orchestra「オーストラ」(管弦楽団)

echo「エー」(反響)

 

 

 

また、「ch」=「ク」になる単語は、古代ギリシア語、ラテン語に由来する語彙なので、学術用語や専門用語、あるいは抽象的な概念や造語などによく見られます。

 

 

anachronism「アナロニズム」(時代遅れの)

archive「アーイヴ」(記録文書)

scholarship「スラーシップ」(奨学金)

 

archeology「アーオロジー」(考古学)

architecture「アーテクチャー」(建築)

anarchy「アナーー」(混乱)

scheme「スーム」(計画、体系)

 

epoch「エポッ」(新時代)

synchronize「シンロナイズ」(同時性を持つ)

stomach「スタマッ」(胃)

monochrome「モノローム」(白黒)

 

psychology「サイロジー」(心理学)

mitochondria「ミトンドリア」(ミトコンドリア)

 

 

 

「archive」(アーカイヴ:記録文書)は「achieve」(アチーヴ:達成する)と混同しそうになってまぎらわしいので、気をつけてください。

 

 

 

他にも、

 

ache「エイ」(痛み)

 

という単語がありましたが、これは、ちょっと特殊です。

この語は古くからある英語の語彙であるにもかかわらず、その由来が古代ギリシア語であると「勘違い」されてしまったために、「エイク」の綴りに「ch」が当てられてしまったのだそうです。

 

 

 

また、

 

choir「ワイアー」(聖歌隊)

 

という単語がありますが、この単語の発音、めっちゃ注意してください。

 

「oi」を「ワ(イ)」と発音します。「oi」を「ワ」と読むのは、フランス語のルールです。

つまり、この語はフランス語由来なのです。

ということは、この語は、古くはおそらく「ショワー」と発音されていたはずなんですよね。

フランス語では「ch」は「シュ」になるからです。

 

しかし、この語は「chorus」(コーラス:合唱)などと同じ語源で、古代ギリシア語由来です。そのため、「ch」が「ク」に「復元」されたのだと思います。

しかし、「oi」は「フランス語の発音」のまま維持されたので、難解な発音の単語になってしまったのでしょう。

 

 

「oi」=「ワ」のフランス語の例は、他にも、

 

croissant「クロワソン」)(クロワッサン)

foie gras「フォワグラ」(フォアグラ)

 

などがあります。

 

 

あとは、フランス語で「歴史」を意味する「histoire」という語も、「イストール」と発音しますね。

 

 

 

まったくどうでもいい話ですが、日本に住んでいるフランス人の「必殺ジョーク」があって、スマホなどがまだ普及していないころ、あるフランス人が道に迷って、しかたなく電話をかけてきたので、周りに何か目立つ建物がないかきいてみたところ、「ワワ」という建物がある、と。

よくわからないので、「ワワ」って何だ、他に何か書かれていないか、ときいても、いや建物に「ワワ」としか書かれていないと言う。

とりあえず探して、やっと会うことができて、ところで「ワワ」って何だったの、ときかれた彼が、あれだよ、と指さしたデパート。

見てみると「OI OI」と書かれてあったわけです(爆笑)。

 

 

(このジョークが理解できれば、君もフランス人だ! ボンジュ~ル!)

 

 

 

蛇足ついでといっては何ですが、フランス語の「r」は日本人にはちょっと難しい発音です。

フランス語の「r」は慣例的に「ラリルレロ」で表記するようになっているのですが、日本語の「ラリルレロ」とは全然違う音です。「うがい」をするときのように、のどの奥をゴロゴロさせるような独特の発音で、人によっては「ガギグゲゴ」のような音に聞こえるかもしれません。

 

ですから、「r」の音が入っている「histoire」や「croissant」や「foie gras」などのフランス語の単語は、フランス語を習ったことのない日本人には聞き取れないし、声に出してもほとんど通じないと思います。

 

 

 

フランス語が難しい、というのはよくいわれることですが、フランス語に挑戦してみると、思ってもみない「意外なメリット」がけっこうあります。

 

そのひとつは、「英語を深く理解できるようになる」というものです。

 

何度も述べてきましたが、英語は、フランス語から大きな影響を受けています。

フランス語を知れば、英語のことをより詳しく知ることができます。

 

 

 

さて、「ch」の続きを。

 

「ch」を「シュ」と発音するのはフランス語由来の語彙です。

 

 

chandelier「シャンデリィア」(シャンデリア)

champagne「シャンペイン」(シャンパン)

Chicago「カゴゥ」(シカゴ)

chic「ック」(上品な)

chivalry「ヴォリィ」(騎士道)

chef「シェフ」(料理長)

Chevrolet「シェヴォレ」(シボレー:自動車メーカー)

 

machine  「マーン」(機械装置)

cache「キャシュ」(隠し場所)

parachute 「パラシュート」(パラシュート)

moustache「マスタッシュ」(口ひげ)

 

 

「cache」(キャシュ:隠し場所)は、「cash」(キャシュ:現金)と発音は同じですが、綴りは違うので注意してください。

また、「ache」=「エイク」ですが、「cache」=「キャシュ」なので、これも気をつけましょう。

 

 

 

ちなみに、チョコレートは英語では「chocolate」ですが、フランス語では「chocolat」です。

語末が「t」になっていますが、フランス語は語末の「t」を読みません。

したがって、フランス語では、これを「ショコラ」といいます。

 

 

 

その他、まあ、「例外」のひとつですが、オランダ語由来の「ch」があります。

 

yacht「ヨット」(ヨット)

 

これは「ch」が無音になっています。

 

 

 (ivy 松村)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。