「H」の話⑤

古代ギリシア語には、「タチツテト」の音が2つありました。

したがって、「タチツテト」を表記するための文字が2種類ありました。

 

1つは「Τ」です。この文字は「タウ」といいます。

これが英語の「T」(ティー)の由来ですね。

 

もうひとつが「Θ」です。この文字は「テータ」と呼ばれました。

「テータ」は、強く発音するもうひとつの「タチツテト」を表記するために使われました。

 

そして、古代ギリシア語がラテン語に取り入れられる際に、「テータ」は「二重字」で表記されるようになります。

 

「th」です。

 

しかし、ラテン語ではその後、両者の発音は同一化し、「th」は「タチツテト」=[]の音に統合されます。

 

そのため、イタリア語、フランス語、ドイツ語などの現代の西欧言語では、「th」を[]と発音します。

 

 

たとえば、「ーマ(主題)」というギリシア語由来の「ドイツ語」があります。

その綴りは「Thema」です。

 

また、「カリーヌ」というフランスで人気のある女の子の名前があります。

その綴りは「Catherine」になります。

 

 

 

さて、ややこしいことに、「本家」のギリシアでは、「Θ」=「テータ」の音に変化が生じます。上の歯と下の歯の間に置いた舌の間から息を流して発音する独特の音です。

 

それは、英語の「th」と同じ音です。

 

thank「ンク」(感謝する)

think「ンク」(思う)

three「リー」(3)

 

などの「th」です。

 

これは、日本語には存在しない音です。

慣例的には「サシスセソ」で書きあわらしますが、実際には「サシスセソ」の音ではないので、注意してください。

 

 

 

発音に変化が生じたことによって、「Θ」の呼称が変化します。

「Θ」は、「シータ」と呼ばれるようになります。「シータ」の「シ」は「th」の音です。

 

ちなみに、「th」の発音ですが、この音を表す「発音記号」には「シータ」の小文字が使われます。

 

それは「θ」です。

 

 

他の言語とは違い、英語の「th」は[θ]の音を担っています。

 

それは、偶然かもしれません。あるいは、ギリシア語の発音の変化を踏まえたものなのかもしれません。

 

 

英語は、古くから[θ]の音を有していました。英語固有の語彙に[θ]の発音がたくさんあります。

その音を表すのに「th」が使われました。

 

それに加えて、古代ギリシア、ラテン語の「th」も[θ]の音で発音するようになったのです。

 

「th」は、英語と他の言語で発音が異なる綴りなので、気をつけてください。

 

 

先ほど触れた単語を見直してみましょう。

 

「Thema」(テーマ)は英語ではないので、注意が必要です。

英語では、「theme」と綴ります。その発音は「ーム」です。

 

また、「Catherine」という名前の女の子は、英語話者には「キャリン」と呼ばれます。

 

 

 

「th」=[θ]のつく古代ギリシア語、ラテン語由来の語彙を見てみましょう。

 

theater「アター」(劇場)

sympathy「シンパー」(同情)

theory「オリー」(理論)

panther「パンー」(黒豹)

myth「ミ」(神話)

method「メッド」(方法)

 

 

その他、「th」=[θ]の英語の語彙を確認しましょう

 

 

thousand「ウザンド」(千)

third「ード」(3番目の)

thirsty「ースティ」(のどが渇いた)

Thursday「ーズデイ」(木曜日)

thief「ーフ」(泥棒)

thick「ック」(厚い)

thin「ン」(薄い)

thing「ング」(もの、こと)

through「ルー」(~を通って)

throw「ロウ」(投げる)

throat「ロート」(のど)

 

 

 

「th」=[θ]が語末にあらわれる語彙もあります。

 

 

wealth「ウェル」(富)

smooth「スムー」(滑らかな)

tooth「トゥー」(歯)

path「パ」(小道)

faith「フェイ」(信念)

health「ヘル」(健康)

mouth「マウ」(口)

month「マン」(1か月)

length「レン」(長さ)

worth「ワー」(~に値する)

 

 

 

英語の「th」は、さらにもう一つの発音を担っています。

 

θ]を強く発音した音で、慣例的に「ザジ(ディ)ズゼゾ」で表記します。

 

 

the「」(冠詞)

this「ディス」

that「ザット」

 

などの発音です。

 

この発音の発音記号は[ð]です。

 

 

 

「th」=[ð]の英語の語彙をみてみましょう。

 

 

than「ン」(~よりも)

these「ーズ」(これらの)

there「ア」(そこで)

their「アー」(彼らの)

therefore「アフォー」(それゆえに)

they「イ」(彼らは)

them「ム」(彼らに・を)

then「ン」(そのとき)

though「ウ」(~にもかかわらず)

those「ーズ」(あれらの)

 

other「アー」(他の)

another「アナー」(もう1つの)

either「イーー」(どちらかの)

with「ウィ」(~と一緒に)

weather「ウェー」(天気)

whether「ウェー」(~かどうか)

although「オルウ」(~にもかかわらず)

gather「ギャー」(集める)

southern「サン」(南の)

together「トゥゲー」(一緒に)

father「ファーー」(父親)

farther「ファーー」(さらに遠く)

further 「ファーー」(さらに遠く)

feather「フェー」(羽)

brother「ブラー」(兄・弟)

bother「ボーー」(悩ます)

mother「マー」(母親)

neither「ニーー」(どちらも~ない)

northern「ノーン」(北の)

rather「ラー」(むしろ)

 

 

 

以下の単語の発音は要注意です。

名詞と動詞で、「th」の「発音」が違います。

 

 

bath「バ:[θ]」(入浴)

bathe「ベイ:[ð]」(入浴する)

 

breath「ブレ:[θ]」(息)

breathe「ブリー:[ð]」(息をする)

 

cloth「クロー:[θ]」(布)

clothe「クロウ:[ð]」(着る)

 

 

補足ですが、「cloth」の複数形は、

 

cloths「クロース:[θs]」(布:複数形)

 

になります。([(ð)]で発音する人もいるみたいです。)

 

 

ところが、「衣服」を意味する単語は、また、少し違います。

 

clothes「クロウズ:[]」(衣服)

 

になり、[ð]を発音しないので、注意しましょう。

 

 

さらに補足しますが、この「clothes」(衣服)の発音は、

 

close「クロウズ」(閉める)

 

と同じです。

 

しかし、

 

close「クロウス:[]」(近い)

 

とは発音が違うので気をつけてください。綴りは同じですが、[]ではなく[]です。

 

 

 

はたまた余談ですが、歴史上もっとも偉大な音楽家の1人、「Beethoven」ですが、この姓名は、「beet」と「hoven」という単語が複合されたものなので、「t」と「h」の間に意味上の「句切れ」があります。

 

ドイツ語では、「ベートホーフン」に近い発音です。

英語では「ベィトウヴン」に近い発音で、「h」の音が消えます。(「h」を発音する人もいます。)

 

「beet」というのは「ビート」、いわゆる「てんさい」(サトウダイコン)のことです。「hoven」は、「ビート」と組み合わせる文脈では「農場」になります。ですから、「大根畑」というような意味の名前になりますね。

 

彼はドイツ生まれの音楽家ですが、祖先は現在のベルギーに住んでいたオランダ系の一族でした。

 

フルネームは「Ludwig van Beethoven」(ルードヴィッヒ・ファン・ベートホーフン)です。

「van」はオランダ語の前置詞で、英語の「of」または「from」に当たります。ドイツ語では「von」になります。

「van」はオランダ系の名字によく使われます。したがって、ヨーロッパ人には、彼がもともとドイツ系ではないことがすぐにわかります。

 

 

「ひまわり」で有名なオランダ人画家、「ゴッホ」にも「van」がつきます。

→「Vincent van Gogh」(フィンセント・ファン・ゴッホ)

 

ちなみに、「Gogh」の発音は、言語や地域によって違います。「gh」がやっかいですね。

「ゴッホ」という人もいますが、「ゴフ」や「ゴウ」と読む人もいます。

 

多くのアメリカ人は、「ヴィンセント・ヴァン・ゴウ」といいます。

 

 

(ivy 松村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>