都立中受検コースの授業②

都立中の入試には、「地図から情報を読み取る」問題が出されます。

 

よくある問題のひとつが、「道順の説明」です。

 

また、距離、面積、方位、高度、地形、土地利用などを説明する問題もあります。

 

さらに、地図を比べて、地域の特徴や土地利用の工夫などについて考える問題もあります。

 

そして、昔と今の地図を比較して、地域の様子や生活の「変化」を読み取るような問題があります。

 

 

 

今回宿題にしたのは、静岡市の「変化」についてでした。

 

1959年と2012年の静岡東部の地図を比較して説明する問題です。

 

水田が広がっていた場所が、住宅地になっています。

たくさん人が集まって暮らすようになったということですね。

 

(これを「都市化」と呼びます。)

 

 

次に、なぜ人が集まってくるのか、を考えなければなりません。

その場所で暮らすことが、生活にとってプラスになるからです。

つまり、「仕事」があるからです。

「工場」がたくさんできたことと関係があるのです。

 

(「産業」と「都市化」にはつながりがあります。)

 

 

さらに、なぜこの地域に多くの工場が建てられたのか、を考えます。

2つの地図を比べて、目につく大きな違いは、「東名高速道路」ができたことです。

工場「生産」と交通「出荷」の関係に気づくことができれば、原材料や製品を輸送するのに便利だから、高速道路の近くに工場が建てられたことに気づくことができます。

 

(「工場の立地」は、地理学と経済学の重要なテーマです。)

 

 

このような「因果関係」を結びあわせて、解答を作ります。

 

 

 

 

都立中の受検勉強は、最初とまどってしまうと思います。

これまでとは違う勉強だからです。

 

これまでは、やり方を説明されて、「こうしなさい」という勉強でした。

 

都立中の受検勉強は、「見て(読んで)、考えて、書きなさい」という勉強です。

 

 

今は大変でしょうが、やっていくうちに、きっと手ごたえを感じるようになると思います。

 

いっしょにがんばりましょう。

 

 

(ivy 松村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。