I was talking about CHALLENGE.

今日の授業の最後に、少しシリアスな話をしました。

みんな真剣に聞いてくれていたので、私の思いは伝わったのだと思っています。

 

要約すると「やらない人は、置いて行かれてしまう」という話でした。

 

授業の中で言ったように、今のクラスには、学力差があります。

そのなかで、なるべく、全員が力を伸ばしていけるような授業を考えています。

しかし、ただ「座りに来ている」人の成績をあげることは、どんな教師にも不可能なことなのです。

 

 

勉強ができない、ということは本質的な問題ではありません。

「勉強と向き合わない」ということが問題なのです。

 

単語テストの告知をしていたにもかかわらず、準備していませんでした。

宿題をやらずに授業に出ていました。

説明した通りにノートをとっていませんでした。

集中を切らして、問題に取り組まず、ボーとしていました。

 

このような人たちのために、一から全部説明します。

それもまた聞いていないのだとしたら、空しすぎます。

 

 

一生懸命取り組んで、それでもできない、と悔し涙を流している人のために、どれほどの時間を費やしても惜しいとは思いません。

 

できるようになってやる、という向上心のない人のために使う時間は、かなしいほどに無意味です。

 

 

何度も言いますが、勘違いしないでください。

「できない」のが悪いのではありません。

 

人間には個性があって、得意不得意があります。

勉強が苦手な人もたくさんいます。

 

苦手でいいのです。

 

いっしょに挑戦しましょう。

 

(ivy 松村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。