頼朝は、いったい何をつくろうとしたのだろう?

歴史的な発見や、研究の成果によって、歴史の定説が覆ることがあります。

有名なものとして、「鎌倉時代」のはじまりが挙げられます。

専門家の議論を反映して、1192年から1185年へと、教科書の記載が変更されました。

 

ただし、これまでの説が完全に否定されたわけではなく、1192年および1183年も、有力な説として紹介されています。

 

 

「いい国つくろう」という定番の年号暗記のごろ合わせによって、1192年という年号は、世間によく知られたものとなっていました。今度は、「いい箱つくろう」と異口同音に唱えられているようです。

しかし、不思議なもので、「いい箱欲しいな」でも「いい箱あげるよ」でも問題ないのに、「つくろう」でないとしっくりこないものですね。

 

(ところで、本来ならば、西暦を「年号」というのはおかしいのですが、歴史を学習する際に暗記するべき「年」の総称として「年号」という表現が慣用的に使われていますので、私もそれに倣って「年号」を使います。)

 

 

さて、よく知られた年号である1192年が「間違っていた」と受け取られ、大きなインパクトとともに、この話題は人口に膾炙しました。しかし、実際には、「間違っていた」わけではなく、1185年という説が有力になったということなのです。

 

 

では、どうして、1185年が「鎌倉時代」のスタートとしてよりふさわしいと考えられるようになったのでしょうか。

 

 

源頼朝が征夷大将軍という官職を得たのは1192年です。現在でも、それによって「鎌倉幕府」が成立したのだという説を唱える研究者もいるようです。その事実が、政権樹立という意味で重要であると考えるならば、やはり「鎌倉時代」のスタートは1192年だということもできます。

 

しかし、頼朝が守護、地頭を全国に配置し、当時の日本の大部分を、政治的に支配する体制を確立したという実態を重要視するならば、1185年が「鎌倉時代」のスタートであるといえるだろうということになります。

 

その他、頼朝が東日本の支配権を確立した1183年が「鎌倉時代」の開始であるという説もあります。(1180年説もあり。)

 

 

かなり多くの人が勘違いをしているのですが、1185年に「幕府が開かれた」わけではありません。頼朝が征夷大将軍に任命されたのは1192年ですから、「征夷大将軍=開幕」という等式を用いるならば、「鎌倉幕府」の成立は1192年となります。この年号は動かしようのない事実です。

 

ところが、複雑なことには、「幕府」という概念は12世紀末の当時の日本にはありませんでした。したがって、征夷大将軍という役職と、「幕府」という政権の樹立は、必ずしも等式では結ばれないのです。

 

実は、「幕府」という言葉は、後世の人が、頼朝(や足利氏や徳川氏)の構築した統治機構を称するのに用いたものであって、当時の人々に意識されていた概念ではありません。

 

 

ですから、「頼朝が、征夷大将軍の地位についたので、幕府を開いた」という「史実」は、厳密には存在しないのです。

 

12世紀の末、政治権力を掌握した頼朝は、朝廷から切り離されるべき、武家がになう権力構造を確固たるものとすべく、試行錯誤していました。

その試みのひとつとして、朝廷に要求した官職が、征夷大将軍だったのです。

 

「幕府を開く」ために征夷大将軍になったわけではないのです。

頼朝本人でさえ、「幕府を開いた」という実感はなかったはずです。

 

要するに、頼朝の時代には、「幕府」と征夷大将軍という官職は関連していなかったといえるのです。

当時の武士たちに、征夷大将軍が武士の最高位であるとの認識はありませんでした。

もちろん、武士の棟梁=征夷大将軍という通念も存在していません。

 

 

征夷大将軍という役職に就くことを頼朝が志向したのは、この役職が「令外官」というもののひとつで、朝廷から独立して権力をふるうことができるものであったためだと考えられています。遠征軍の司令官は、わざわざ朝廷に指示を仰ぐことなく、独自の判断で部下に命令を下すことができるのです。頼朝は、この特権を最大限に利用しようと考えたのでしょう。

 

頼朝は、征夷大将軍という地位を手に入れることで、朝廷に干渉されることなく、東国から政治権力を行使することに対する「正当性」を手に入れようとしたのです。

 

 

頼朝が征夷大将軍になる前に、すでに頼朝を頂点とした武士の支配体制、つまり「鎌倉幕府」の骨格は出来上がっていました。たとえば、「侍所」「問注所」「政所」などはすでに設置されていました。

 

本来、当時の、武家による新しい独自の統治の始まりは、「幕府を開く」といういいかたでは十分に説明することができないのです。

しかし、現代の歴史研究において、「幕府」という概念を否定することはなかなかできません。

 

ですから、あえて、「幕府」という概念を用いてこの歴史的事象をみすえようとするならば、それは、「朝廷の外に存立する、武家による政治権力基盤の成立」というような、「ゆるやかな意味」として捉えられることになります。それは、頼朝の、征夷大将軍への任官に先立って成立していたので、征夷大将軍は、「鎌倉幕府」と結び付く根拠とはならないと考えられるのです。

 

したがって、頼朝が「実質的に」政権基盤を固めた時期がいつなのか、が歴史学的な焦点になってくるのです。

 

強いていえば、それは、頼朝が全国支配を確立した1185年になるだろう、ということであって、「頼朝が征夷大将軍となって鎌倉幕府を開いた」のが、実は1185年であった、ということではないのです。

 

 (ivy 松村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。