都立中受検の私立併願について②

2000年代の初頭から中盤にかけて、景気が回復したことや、世間の「ゆとり教育」に対する不安と危機感によって、私立中受験は史上最大のブームを迎えました。

追い風に乗って、各私立中学は、募集枠の拡大や「午後受験」や受験日の増設などを行いました。

しかし、そのさなかに起こった「リーマンショック」が、受験需要の急速な縮小をもたらしました。

以降、私立中学の受験者数は大きく減少しています。

 

私立中受験ブームの失速に呼応するように、都立(公立)中受検がブームを迎えました。

 

「都立中受検コース」が私立の難関中学に合格者を送り出していることは、「都立中受検」が、いかに「優秀」な生徒を多く集めているという証左でもあるといえるでしょう。

同時に、「私立中受験」の「引力」が弱まり、中堅校の「ボーダー」の下降も進行しています。

 

 

「都立中受検コース」を設置している学習塾が、私立中受験に対応する講座などを開講するようになっています。2月1日、2月2日の私立中受検で、ある程度の上位校を狙おうという併願戦略です。

 

 

私立中受験の「流れ」と、うまくはまり、それなりの実績を上げているところもあるようです。「都立中受検コース」から、桐朋、穎明館、帝大中などに合格する生徒もいるそうです。

 

 

 

一方で、私立中志願者が、都立中を併願するような受験パターンも徐々に定着してきました。

 

当初から、小石川や武蔵等の上位都立中の「適性検査」問題は、私立の上位校との親和性が高いことが指摘されていました。

理系の問題はいうまでもなく、「作文」であっても、重厚な記述問題を出す私立中の志望者であれば、それほどの負荷を感じることなく適応できる受験生もいます。

 

実際に、2月1日合格をつかんだ後に、ある種の「余韻」を求めて都立中を受検し、いとも軽々と合格をする生徒がいるのだそうです。全く都立中の勉強をせずに合格することもあると聞いています。

 

 

今後も、都立中の適性検査の「共通化」によって、入試問題としての内容がさらに「私立より」に近づくのではないかと考えられています。

都立中学の先生方も、内心では、私立中受験型の訓練を積んできた生徒を多く集めたいと思っていらっしゃるでしょう。

 

少し大胆な考えかもしれませんが、適性検査は少しずつ「チューニング」されていくのではないかと思っています。

 

 

立地や大学進学実績等をみて、都立中との併願を考える私立志望のご家庭も多くなってくるようです。特に小石川中は、すでに私立上位校と肩を並べる存在になりつつあります。

 

 

 

こうして、「都立中受検」から「私立中受験」への併願の流れとともに、「私立中受験」サイドからも、都立受検との併願が浸透しつつあります。

これには、好ましい部分と、そうでない部分があります。

 

都立中受検の独自性が失われることで、「中学受験」の一体化が進行します。

そうなれば、学習内容が接近し、併願戦略がよりいっそう活性化します。

それによって、受験生の学力と、その進学先の「最適化」が進むでしょう。

都立第一志望の生徒で、「不相応」な私立中学に進学する生徒を減らすことにつながります。

 

 

一方で、都立中学が、国立中学のように「中学受験」全体に組み込まれることで、「中学受験」が再び画一化します。そうなれば、「中学受験」を志す小学生とそうでない小学生との間で学力の二極化が強まるでしょう。

「都立中受検」が生み出した、豊かな「中間層」が失われてしまうかもしれません。

 

ともあれ、都立中受検の方向性に、今後も注目していきたいと思います。

 

 

ところで、話は変わるのですが、先週発売の『AERA』で中学受験の特集が組まれていました。中を覗いてみると、都立中と私立中の併願についての記事が載っていました。

これは全くの偶然でびっくりしたのですが、いかにもその記事に触発されてブログを書き始めたかのように思われるのもちょっとくやしいので、釈明です。

ブログを書いていると、たまに、冗談のような「シンクロ」があります。

 

都立中と私立中の併願について書こうと思った動機は別のところにあります。「正しい情報」を発信する必要性が生じたからです。

 

 

さらに、私立中に進学することの意義や、業界の思惑や事情などについて書き継ごうと思っていたのですが、また、後日に書きたいと思います。

ちょっと誤解を招きかねない内容になりそうなので、うまくまとめるのにかなり時間がかかりそうです。

 

(ivy 松村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。