「ぬ」の話①

夏期講習に入って、中3は、集中的に古文に取り組んでいます。

 

 

高校受験の古文は、高度な文法知識よりも、読解力が重要です。

意味や文脈を類推したり、内容を大まかに把握したりする技術や能力が求められます。

 

しかし、むしろそのために、助動詞について、ある程度の文法的な知識が必要になります。

 

 

特に注意しなければならないのは「ぬ」の識別です。

これは、多くの人が一度は勘違いをする部分にちがいありません。

 

 

古文に出てくる「ぬ」にはおもに2つの用法があります。

 

 

①「打消」の助動詞「ず」の連体形である「ぬ」 (~ない)

②「完了」の助動詞「ぬ」の終止形である「ぬ」 (~た・~してしまった)

 

 

それぞれの例文を見てみましょう。

 

① 雨降らぬ日。 (雨が降らない日。)

② 雨降りぬ。 (雨が降った。)

 

 

それぞれの接続の形を確認しておきましょう。

①の「打消」の「ぬ」には未然形が接続します。ですから、「降る」は「降ら」と活用しています。

②の「完了」の「ぬ」には連用形が接続します。ですから、「降る」は「降り」と活用しています。

 

 

 

②の解釈を間違えないようにしてください。終止形の「ぬ」は「完了」の意味です。

「ぬ」は、映画のタイトルなどでもおなじみですが、勘違いしている人もいます。

 

 

「風立ちぬ」 (風が立った)

「風と共に去りぬ」 (風と共に去ってしまった)

 

 

もちろん、それぞれ「完了」の意味で使われています。

 

 

 

さて、2学期以降の予習です。

光村図書の3年の教科書を確認してみましょう。

 

 

・63ページ(俳句):

プラタナス 夜もみどりなる 夏は来ぬ    石田波郷

 

「夏は来た」という意味ですね。

 

 

・143ページ(和歌、万葉集):

東の 野に炎の 立つ見えて かへりみすれば 月傾きぬ    柿本人麻呂

 

「月は傾いている」という現代語訳が付けられていますが、「ぬ」は「完了」の意味を持つ助動詞であることに留意してください。すでに月は「傾いた」状態にあるのです。

 

 

・146ページ(和歌、古今和歌集):

秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる    藤原敏行

 

初句は「秋が来た」となります。

(この歌は、後日もう少し詳しい文法的説明をします。)

 

 

・154ページ(『奥の細道』):

「国破れて山河あり、城春にして草青みたり」と笠打ち敷きて、時のうつるまで涙を落としはべりぬ。

 

「はべる」は「です」「ます」などに相当する敬語です。文末は、「涙を落としました」という意味になります。

 

 

 

ついでに、2年の教科書も見てみましょう。

 

 

・61ページ(短歌):

はとばまで あんずの花が 散つて来て 船といふ船は 白く塗られぬ    斎藤史

 

「白く塗られた」という意味ですね。

 

 

・134ページ(『平家物語』冒頭部分より)

たけき者も遂には滅びぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

 

「栄えるものも必ず滅びてしまう」という意味になりますね。

 

 

・145ページ(『徒然草』第五十二段「仁和寺にある法師」):

年ごろ思ひつること、果たしはべりぬ。

 

「長年思っていたことを、成しとげました」という意味になります。

 

(ivy 松村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。