「ん」の話

「打消」の助動詞には「ない」「ず」「ぬ」に加えて、「ん」があります。

 

この中で、「ん」は、方言や話し言葉にみられるものです。

標準語では「~ませ」という言い方にあらわれます。

 

 

「走る」という動詞を打消してみましょう。

 

例:

走らない

走らず

走らぬ

走らん

 

 

「ん」と「ぬ」は音が近いので、口語文法の説明で、これらを同一視しているものもあります。

文語(古文)では、「ん」と「ぬ」は別の単語ですので、分けて考えなければなりません。

 

 

古文を読むときには、「ん」に注意が必要です。古文を読んでいて、「ん」が出てきても、「打消」の意味で読み取ってはいけません。

古文では、「ん」は「意志」や「推量」などの意味を持つ助動詞として使われます。

(「ん」は「む」と表記されることもあります。この場合、いずれも「ん」と発音します。)

 

例:

我、行か。 (私が行こう。) 「意志」〈~ウ/~ヨウ、~タイ〉

彼、行か。 (彼が行くだろう。) 「推量」〈~ダロウ、~ウ/~ヨウ〉

 

 

古文で「行かん」という言葉が出てきても、「行かない」という意味ではないので、注意しましょう。

 

 

では、中3の教科書(光村図書)で、「ん」の使われ方を確認してみましょう。

 

151ページ(『奥の細道』):

春立てる霞の空に白河の関を越え)、と…

 

「立春の頃に、霞の立ちこめる春の空の下で白川の関を越えようと…」

教科書では「超えたい」という訳がつけられています。

 

 

251ページ(『史記』):

虞や虞や 若(なんじ)を奈何(いかん)せ

 

「虞よ、虞よ、そなたをどうしよう。(どうすることもできない。)」

悲運の将軍項羽の嘆きの詩の書き下し文です。反語となっている表現にも注意しましょう。

 

 

 

「打消」の助動詞のまとめです。口語(現代文)と文語(古文)との意味の違いを確認しておきましょう。

 

 口語(現代文)  文語(古文)  例  現代語訳
打消 打消 行か 行かない
打消 完了(打消) 行き 行っ
打消 意志、推量など 行か 行こ、行くだろう

 (ivy 松村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。