What did you get from the studying for KANKEN ?

本日(8月21日)、漢字検定が行われました。

受検した生徒のみなさん、おつかれさまでした。

 

普段はなかなか味わえない緊張感の中で、生徒のみなさんが真剣に挑んでいる様子が印象的でした。

 

かなりの手応えを感じている人もいれば、そうではない人もいるでしょう。

 

 

この1か月間あまり、漢検のために多くの時間を費やしてきました。

結果はどうあれ、それは意味のある経験です。

悔しい思いもまた、人生には必要な要素です。しっかりと受け止め、次へと活かしましょう。

 

 

 

検定の間、机上巡回をしながら、生徒のみなさんの解答用紙を眺めていました。

検定終了後も、それぞれ感想などを聞いてみました。

やはり、この1か月の取り組みの差が、くっきりとあられていたように感じました。

 

 

夏休みの最初に、漢検に向けての勉強の仕方を細かに指示しました。

指示をまもって地道に取り組んでいた人は、手応えも大きかったようです。

 

夏休みの予定があっても、それを計算に入れて、ペースを考えながら勉強を続けてきた人は、蓄えた力をじゅうぶんに発揮できたでしょう。

 

何人かの人は漢検対策を通して、勉強のサイクルを理解し、自主学習のコツをつかんだようですね。

この1か月の間に培ったものは、今後の勉強に大きな成果をもたらすでしょう。

 

 

一方、「漢字検定に合格する」という目標がぼやけて、「とりあえずやる」という状態になっていた人は、「覚えたはず」の漢字でもまったく思い出せず、苦戦していたようです。

 

 

 

「漢字や語句を覚えるため」に問題集をやっていたのではなく、「問題集を終わらせるため」にやっていたのです。

 

微妙な手応えだった人は、それがなぜなのかを自分で理解できているはずです。

 

 

この1か月間行ってきた漢検対策は、取り組みの手順を様式化していました。

新出漢字の部首や読みの確認を行い、書き取り練習をした後で、読みの問題を解き、続いて語句の問題を解いて、間違いをチェックして、赤ペンで直し、ルーズリーフに復習した後に確認テストを受けて、合格したら次のステップに進むという流れでした。

 

一人ひとりに直接やり方とペース配分を説明し、確認したはずでした。

 

しかし、旅行や遊びや部活のためにペースが落ちてくると、ルール通りにやらない人が出てきました。

読みの問題を飛ばしたり、丸付けをしてなかったり、ルーズリーフに復習していなかったり。

 

そうすることでペースを上げて、周りに「追いつこう」ということなのでしょうが、ルールをないがしろにした時点で、「漢字を覚える」という目的からずれた行動になっていたのです。

 

 

「漢字を覚えるためにやる」という目的よりも、「周りと比べて勉強量が足りていないということが目立つのが嫌だからやる」という動機がまさってしまったのです。

 

そうなってしまうと、取り組みの「中身」は重要ではなくなってしまいます。

「ばれないように課題をやらずに進めてしまおう」というという劣等な発想によって、勉強の機会を自ら潰していたのです。

 

もちろん「様式」通りにこなしていても、「進めること」にとらわれていたのであれば、それは結局「同じこと」です。

 

漢字を覚えるのはなく、問題集を先に進めるために、鉛筆を動かしていたのです。

 

 

それはもう、ただの「作業」です。漢字の学習ではありません。

 

 

当たり前ですが、「ペースを上げよう」という声掛けは、「中身」を疎かにしていいという意味ではありません。

 

あえてきつい言い方をします。

努力の量を増やして前に進むのではなく、本質をないがしろにしてとりつくろおうという姑息な考えでは、能力を伸ばしていくことができません。

 

学校の定期テストがぱっとしない理由もその辺にあるということに気づいてください。

 

 

 

今回の漢検は、とてもよい機会でした。

 

重ねていいますが、不合格でさえも貴重な経験です。

経験から学んでください。

 

 

 

さて、明日から夏期講習の第6期が始まります。

講習最後の4日間です。

 

小6進学は、環境問題の論説文と詩とについて学びます。

小6受検は、新しく「日本の工業」の単元に入ります。

中1は文法の授業を始めます。

中2の英語は文章題の和訳と接続詞をあつかいます。

中3の国語は、過去問と古文です。

中3の英語は、読解問題(文章題)と関係代名詞です。

 

 

どの学年も最終日には「月例テスト」が実施されます。

 

最後まではりきっていきましょう。

 

(ivy 松村)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。