英語と日本語の時制の話

今日は、中3の英語で「時制」をあつかいました。

 

中3には、折にふれて、英語と日本語の違いについて話すことがあります。

それが両言語を深く理解する手助けになると思うからです。

時制に関する話は、夏期講習中によくしていたのですが、覚えているでしょうか。

今日話した内容と関連させて、少しまとめてみましょう。

 

 

 

一般的には、英語の時制は12あると考えることができます。(細かくカウントすると16になります。)

 

 

(基本) (進行形) (完了) (完了進行形)
(現在) 現在形○ 現在進行形○ 現在完了○ 現在完了進行形△
(過去) 過去形○ 過去進行形○ 過去完了△ 過去完了進行形
(未来) 未来形○ 未来進行形△ 未来完了 未来完了進行形

 

 

中学で学習するのは、上の表の「○」がついている時制です。

進学塾の上位クラスでは、「△」がついているところまで教えるでしょう。

 

 

 

一方、日本語の時制は、2つであるとされています。

「現在」と「過去」です。

 

二つの言語を比べてみたとき、日本語の時制のあまりの少なさに、少し驚いてしまいますね。

英語の時制は非常に細かく設定されていて、日本語の時制はかなり大まかです。

 

 

理解しておかなければならないのは、ある概念や文法事項の有無が、言語の優劣を示すわけではないということです。単に、言語の「構造」や「表出形式」、「世界の捉え方」が違っているというだけのことです。

 

 

日本語は、時制に頼らずに、事象を表現する言語です。

 

そして、そのために、私たちは「時制」を理解しづらいのです。ですから、より注意深く英語の時制を学習しなければなりません。

 

 

 

さて、日本語であっても、別の方法を用いて、英語の時制に対応した表現をすることができます。

 

たとえば、英語の進行形には、「~ている」という訳が当てられます。

 

He is studying English now.

(彼は今勉強している。)

 

 

言語学では、「~ている」のような、動作のあり方を示すものを「アスペクト」と呼びます。

この「~ている」は、時制を表しているわけではありません。「アスペクト」は、時制のように、絶対的、固定的な「時間軸」の基準に照らして運用されるものではなく、動作の「様態」を表すものです。

 

日本語は、時制ではなく、「アスペクト」に重心がある言語です。

 

 

日本語の「~ている」は、動作や状態の「継続」を表しています。

 

この言葉は「進行形」の時制だけに固定されているわけではないので、「進行形」以外の時制の訳に当てられることがあります。

 

「~ている」は広い範囲の時制をカバーできるので、英語の「時制の枠」にとらわれることなく活躍します。

 

 

現在形や現在完了の「継続用法」でも「~ている」を使うことがあります。

 

 

He studies English every day.

(彼は毎日英語を勉強している。)

 

He has studied English for two years.

(彼は2年間英語を勉強している。)

 

 

また、「~ている」は、動作が「完結」した状態にあることを述べる際にも使われます。

 

そのため、現在完了の「完了・結果用法」で表現されるような内容を表すこともできるのです。

 

I have already finished my homework.

(私はもう宿題を終えている。)

 

 

まぎらわしいので、「完了・結果用法」の訳は「宿題を終わらせたところだ」とか「宿題を終わらせてしまった」という表現を使います。

 

 

 

今度は「未来」について考えてみましょう。

 

日本語には「未来形」がないということになっています。

 

普通「will」に訳を当てるときは、「~するつもりだ」とか「~だろう」という表現を用います。

しかし、実は、そのような言葉を付け足さなくても「未来」を表すことができます。

そもそも日本語の動詞の基本形は、「現在」の動作だけでなく「未来」の動作をも含んでいるからです。

 

I will go to the library tomorrow.

(私は明日図書館へ行く。)

 

I sometimes go to the library.

(私は時々図書館に行く。)

 

 

「行く」という形は、「現在形」と「未来形」の2つの時制に対応しているのです。

まぎらわしいので、「未来形」を訳すときには「図書館に行くつもりだ」と表現するわけです。

 

日本語は「未来形」がないというよりも、「現在形」と「未来形」の区別がない言語だといえます。

ですから、日本語の2つの時制を「非過去」、「過去」と呼んでいる研究者もいます。

 

 

 

最後に、「過去」について考えてみましょう。

 

「過去形」は、日本語では「~た(だ)」で表します

 

He came to Japan last year.

(彼は去年日本に来。)

 

 

また、現在完了も同じく「~た(だ)」を使って表すことがあります。

 

Fall has come.

(秋が来。)

 

 

ここまでは、よく知られた内容です。しかし、「~た(だ)」にもやはり、一筋縄ではいかない「ねじれ」があります。

さらに、別の例を見てみましょう。

 

The boy riding on a bike is my brother.

(自転車に乗っている少年は、私の弟です。)

 

 

日本語の文について考えてみましょう。

この文は、意味を損なうことなく以下のように言い換えることができます。

 

=「自転車に乗っ少年は、私の弟です。」

 

驚くべきことに、「~た(だ)」は「~ている」と同じ意味で使われることがあるのです。

もとの英文は「~ing」を用いた「現在分詞の形容詞的用法」の文ですが、要するに、「~ing」の訳として「た(だ)」を使う場合があるということなのです。

 

(「~た(だ)」を、時制を示すものではなく、「アスペクト」であると考える人もいます。)

 

 

 

日本語は、英語よりも汎用性の高い「表現」が多い言語であるといえると思います。

そのため、意味の特定が「文脈」に依存することがあります。つまり、日本語は、言葉の組み合わせや状況によって、ある表現の「意味」を定めるというような傾向を持っているのです。

 

 

英語と比較することで、日本語の特徴がよりはっきりとわかりますね。

 

これも英語(外国語)を勉強する意義のひとつです。

 

他者を知るということは、自分を知るということでもあります。

 

 

 (ivy 松村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。