英語の複数形の話②

英語の単数形と複数形の形が違う「不規則変化」は、英語の古い規則が残っているものと、「借用語」(外来語)に由来するものがあります。

「借用語」というのは英語以外の言語の語彙が、英語に取り入れられたものです。

 

特に、ラテン語や古代ギリシア語などに由来する単語の一部は、もともとの単語の形を押しとどめています。つまり、ラテン語や古代ギリシア語における単数形・複数形の形が、そのまま英語に取り入れられたのです。

その多くは、学術用語や専門用語だったのですが、中には、広く世間に浸透していったものもあります。

 

 

単数形 複数形
datum(データ) → data
medium(メディア) → media
phenomena(現象) → phenomenon
analysis(分析) → analyses
oasis(オアシス) → oases
basis(基礎) → bases

 

 

「data」や「media」、「phenomenon」などは正式には「複数形」ですが、これらの語が一般化するにつれて、現在では「単数形」としても使用されるようになっています。複雑な「単数・複数」の区別を無視して、一種の「単複同形」のように使われ始めるということですね。

さらに「英語化」が進行すると、「s」が付けられるようになるかもしれません。

 

 

英語に限りませんが、ある言語に、別の言語から語彙が流入する過程で、もともとの語の性質が変化させられることがあります。

 

最初は、もともとの言語における「単数・複数」の表示がそのまま取り入れられますが、やがて、その言葉が広く一般的に使われるようになると、徐々に英語の「ルール」に組み込まれていくのです。

 

 

 

英語は、日本語の語彙もたくさん取り入れています。

日本語は、「単数・複数」を区別しない言語なので、日本語由来の単語は、最初は「単複同形」として扱われることが多くなります。

たとえば、「samurai」「ninja」「haiku」などは、以前は複数を表すときでも「s」を付けないでそのままの形で表記されていましたが、近年では、「s」を付けた表現も見られるようになりました。

 

語彙がだんだん「英語の単語」として定着するにしたがって、英語の慣例に従って「s」が付けられるようになってきます。

 

 

 

※複数形で使われる単語

 

 

基本的に「ペア」で使うものは、「s」が付けられます。

 

shoes(靴) socks(靴下) chopsticks(はし)
gloves(手袋) glasses(めがね) scissors(はさみ)

 

 

ちなみに、アメリカのプロ野球(メジャーリーグ)に「Red Sox」や「White Sox」という名前のチームがありますが、「sox」(ソックス)は「socks」のことなので、その表記には、複数形の「s」が内包されていることになります。

 

「shoes」などを数えるときには、「one(a) pair of shoes」「two pairs of shoes」・・・と数えます。

 

 

 

中2の授業では、集合名詞の説明もしました。

 

 

※集合名詞

 

 

同じ種類のものや人が集まった「集合」を表す名詞です。

 

family(家族) class(クラス) team(チーム)
club(クラブ) crew(乗組員) government(政府)
company(会社) audience(聴衆) crowd(群衆)

 

 

上に挙げた「集合名詞」は「単数扱い」になるものです。

 

例:

My class is wonderful.

「私のクラスは素晴らしい。」

 

 

「クラス全体」を「1つのもの」として扱う場合は「単数扱い」ですが、個々のものをさす場合には「複数扱い」になります。

「1つのもの」ではなく、「複数の存在」をあつかうことになるからです。

 

例:

My class are all well.

「私のクラスはみんな元気だ。」

 

 

また、集合名詞は、数えられないわけではないので注意してください。

「one (a) class」、「two classes」、「three classes」・・・。

 

 

一方、常に複数扱いをする集合名詞もあります。

 

 

people(人々) police(警察) cattle(家畜の牛)

 

 

例:

The people are running in the park.

「その人たちは公園で走っている。」

 

このなかで、「people」は「人々」という意味のときは「複数扱い」ですが、「国民・民族」という意味のときには単数・複数を区別して使うので注意しましょう。

その場合には、単数は「people」、複数は「peoples」になります。

 

 

 

あとは、不可算名詞について説明しました。

この辺は大丈夫だと思います。

ノートを確認しておきましょう。

 

(ivy 松村)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。