ブログをはじめます

3月21日に、ivyが開校して、4か月がたちました。今は夏期講習中です。

 

より良い塾を目指して、調整し、改善し、廃止し、新設する毎日です。日々、学習塾として進化しております。ようやく学習塾としての設備や体制が恒常的なものに整ってきました。

 

ホームページも開設し、ブログを公開することにしました。

 

何を書こうかと考えました。ふと、紀貫之の『土佐日記』が連想されました。「ブログ」は、「ウェブ」と「ログ(記録)」を合成してつくられた言葉ですが、一般に、インターネット上に書く「日記」であると捉えられています。

 

『土佐日記』は、土佐国(高知県)に赴任した貫之が、土佐から京に帰るまでの船旅の行程を書いた旅日記(紀行文)です。気になって調べてみると、12月21日に門出(出発)したと書かれています。そういえば、ivyの開校(門出)は3月21日でした。

 

また、一般に、「航海」は人生や組織の行く末の比喩となります。その未来に困難が予想されていても、希望と勇気をもって新しい挑戦を始めることを、航海への出発――「船出」になぞらえて表現することがあります。

 

ivyが船出して、4か月が過ぎました。船旅はまだまだ続きます。

 (ivy 松村)

Comments are closed.