学習塾に関する文献①

学習塾に関する文献を掲載しようと思います。

 

世の中の学習塾研究の一助になれば、うれしく思います。

 

かなり大量のリストを載せますが、はっきりいって「玉石混交」です。

 

ネット上で論文を閲覧できるものも多くあります。

重複や誤記入もあると思いますが、容赦ください。

 

 

・岩瀬令以子氏

・小林弘典氏

・深谷昌志氏

・前屋毅氏

・結城忠氏

・総合研究開発機構(NIRA)

 

特に、上に挙げた方の著書や論文から、得るものが大きいと思います。

 

また、経産省、文科省、総務省の資料、データや、矢野経済研究所や全国学習塾協会の調査や報告も示唆に富んでいます。

さらに、『月刊私塾会』『塾ジャーナル』といった業界誌や、「週刊ダイヤモンド」、「週刊東洋経済」などの雑誌記事からも、大きなインスピレーションを得られるはずです。

 

 

 

◎研究論文や評論など

 

相沢 広範 1992 「学習塾の教育と学校と家庭―塾はよりよい親子関係を保つための潤滑油」『教育』42(7):53-62

 

Anan, Chomphunoot 1999 「日本の塾の実態に関する事例研究」(留学研修報告)『現代学校研究論集』京都教育大学教育経営研究会,17:48-54

 

安達 拓二 1999 「教育ニュース・ズームアップ 生涯学習審が学習塾”認知”の答申」『現代教育科学』42(8):93-95

 

安達 拓二 1995 「学習塾等の実態調査まとまる―塾通いは低学年化,中学生は大幅に増える」『現代教育科学』38(9):89-91

 

安達 拓二 1994 「学習塾等に関する実態調査―中3の学習塾通いが過熱,67%にも」『現代教育科学』37(10):86-90

 

安達 拓二 1986 「教育の二重構造浮かぶ学習塾調査〔含 資料〕」『現代教育科学』29(6):104-107

 

足立 寛 2002 「教育産業からみた大学入学者選抜」『IDE』(443):38-42

 

天野 郁夫 2006 『教育と選抜の社会史』筑摩書房

 

天野 郁夫 1985 「学校と選抜機能」『現代のエスプリ 学習塾』(212):108-115

 

天野 秀徳 1997 「塾から見える? 「少年」の暴カー暴力の外面化しない学習塾の抑圧構造」『季刊女子教育もんだい:自立・平等・連帯』労働教育センター,73:18-24

 

天野 秀徳 1992 「ただの「受験屋」に終わらない学習塾」『児童心理』 46(13):85-92

 

新井 郁夫 1990 『学校と塾や地域との間』ぎょうせい

 

新井 郁男 1985 「子どもの教育にとって「塾」とは何か」『児童心理 39(9):1029-1039

 

新井 郁男 1982 「なぜ塾が増えるか」『シリーズ 現代の子供を考える 塾』共立出版: 83-124

 

荒井 一博 1995 『教育の経済学~大学進学行動の分析~』有斐閣

 

有海 拓巳 2011 「地方/中央都市部の進学校生徒の学習・進学意欲:学習環境と達成動機の質的差異に着目して」『教育社会学研究』88:185-205

 

安西 晋一 2014 「学習塾産業A 社での教室運営の事例:中間管理職とパフォーマンス」『赤門マネジメント・レビュー』13(2):77-94

 

家本 芳郎 1985 「塾に行った子・行かない子―中学校では」『児童心理』 39(9):1107-1112

 

飯田 稔 1982 「教科書は薄くなったけれど」『シリーズ 現代の子供を考える 塾』共立出版:53-72

 

飯田 稔 1982 「子どもは塾をどうとらえているか」『シリーズ 現代の子供を考える 塾』共立出版:73-82

 

石井 聡子 1997 「Monthly Report 学習塾の役割に関する調査研究―20歳代の学習塾経験に関する調査を中心に」『LDI report』(82):27-51

 

石井 将 2008 「生徒・学校教育をとりまく教育産業の現在」『教育』58(11):20-27

 

石井 将 2007 「新種の教育産業の出現とその背景」『人間と教育』(55):113-119

 

石原 淳 1985 「小さな私塾で考えること」『児童心理』 39(9):1114-1119

 

伊藤 隆敏, 西村 和雄 編 2003 『教育改革の経済学』日本経済新聞社

 

伊藤 忠彦 1982 「子供にとっての塾」『シリーズ 現代の子供を考える 塾』共立出版:1-17

 

市川 良 2004 「進学塾に通う子どもたちの学力問題に寄せて」『教育』54(6),701:55-61

 

市村 操一 1985 「けいこ塾・スポ-ツ塾―その上手な活用法10項」『児童心理』 39(9):1156-1161

 

稲村 博, 小川 捷之 編 1985 『塾』共立出版

 

稲垣 恭子 2012 『教育における包摂と排除:もうひとつの若者論』明石書店

 

乾 真希子, 伊田 勝憲 2009 「学習塾への通塾経験と中学生・高校生の勤勉性との関係―通塾動機の観点から―」『釧路論集』:北海道教育大学釧路分校研究報告41:133-141

 

乾 真希子, 伊田 勝憲 2004 「学習塾の機能に関する心理学的検討の試み:通塾開始動機・通塾継続動機の自由記述と満足度の関係」『心理発達科学論集』33:1-9

 

井上 敏憲 2011 「愛媛大学一般入試における志願者数変動の背景に関する一考察:合格可能性を重視する受験生とそれを支える受験産業」『大学教育実践ジャーナル』9:51-57

 

井上 正充 1991 「『筑駒』考」『筑波大学付属駒場中・高等学校研究報告』30:3-25

 

今津 孝次郎 1978 「三重県における塾通い等に関する調査報告」三重大学教育学部教育社会学研究室

 

岩崎 久美子 1998 「進学塾児童の特性とその学業成績に影響を及ぼす要因―完全主義特性からのアプローチ」『国立教育研究所研究集録』(37):73-88

 

岩瀬 令以子 2010 『塾のエスノグラフィー:中学受験向けの日常過程にみる受験体制の成立』東洋館出版社

 

岩瀬 令以子 2008 「総合塾における授業過程の特質的様態と社会的意味―先駆的事例にみる総合化と中学受験との関係の考察」『東京大学大学院教育学研究科紀要』48:81-91

 

岩瀬 令以子 2007 「現代日本における塾の展開―塾をめぐる社会的意味の変遷過程」『東京大学大学院教育学研究科綱要』,46:122-130

 

岩瀬 令以子 2006 「進学塾における子どもの行為様態」『東京大学大学院教育研究科年報』8:69-78

 

岩瀬 令以子 2006 「現代日本における塾の展開」『東京大学大学院教育学研究科紀要』46:121-130

 

内堀 照夫 1993 「登校拒否児と「学習塾」」『児童心理』47(8):841-845

 

遠藤 友博 2004 「学習塾の社会的位置付けに関する一考察」『立教大学大学院教育学研究』集録 ([1]):41-52

 

遠藤 豊吉 1992 「”受験用学力”は真の学力か」『児童心理』 46(13):138-145

 

遠藤 豊吉 1985 「塾はだれのためのものか」『児童心理』39(9):1095-1100

 

遠藤 豊吉 1975 『学習塾』風濤社

 

遠藤 豊吉 1975「進学塾で目指す「学力」は必要か」『児童心理』29(12):2274-2280

 

大芦 治, 篠原 由樹, 春木 豊 1995 「児童の学習行動に及ぼす学習動機およびセルフ・コントロールの影響:ある学習塾の実践例から」『日本教育心理学会総会発表論文集』(37):153

 

大口 久克, 佐藤 博, 君原 翼, 菅間 正道 2008 「座談会 塾・教育産業の学校介入・浸透の現在」『教育』58(11):45-52

 

太田 和敬 「入学試験と学校選択」『現代のエスプリ 学校選択を考える』(406):96-104

 

大野 連太郎 1961 「学習塾の学習指導法―特集・勉強の好きな子・嫌いな子」『児童心理』15(11):1371-1376

 

大野 芳 2006 『教育改革:努力は実る』講談社

 

大脇 康弘 2001 「日本における進学競争の変容―認知枠組みと分析課題―」『大阪教育大学紀要 第Ⅳ部門』50(1):13-25

 

岡本 眞一, 菱木 近義 1995 「アンケート調査の数量化と分析法について〜学習塾の経営改善の方向づけとして〜」『経営情報科学』7(4):225-237

 

岡田 忠雄 1992 「中学生と学習塾―「学習塾」に関する調査結果を中心として―」『東洋大学文学部紀要』教育学科教職課程 編,18,123-150

 

小川 裕司 2004 「予備校の教科書は入試問題(講座 もう一つの教育現場《予備校》―高校と大学の橋渡し3)」『化学と教育』52(12):832-834

 

尾木 直樹 1992 「”勝者”が本当に「幸せ」になれるのか」『児童心理』46(13):130-137

 

奥地 圭子 2007 「多様な教育の場を創る」『都市問題』 98(5):19-23

 

小椋 正立, 若井 克俊 1991 「高等教育市場の量的規制に関する計量経済学モデル―なぜ受験競争はなくならないのか―」日本経済研究,21

 

小塩 隆士 2002 『教育の経済分析』日本評論社

 

小塩 隆士 2003 『教育を経済学で考える』日本評論社

 

小塩 隆士, 妹尾 渉 2003 「日本の教育経済学:実証分析の展望と課題」ESRI Discussion:aper Series,69

 

尾室 拓史 2012 「AO入試に対する社会的評価の変遷:新聞紙上における語られ方の分析」『Keio SFC journal』12(2):109-120

 

落合 清晃, 牧 昌見, 村松 僑, 原野 広太郎 1979 「座談会 『塾』教育を考える」『児童心理』29(12):2155-2172

 

小山田 勢津子 1995 『塾に捨てられる子どもたち: 外注教育からの解放』けやき出版

 

 

片山 浄見 1994 『平成教育維新:学習塾が問う教育のペレストロイカ』現代書林

 

金盛 浦子 1992 「競争意識は子どもの心を蝕むか」『児童心理』46(13):146-153

 

釜井 智行 2004 「わが国における学習塾の立地展開(2004年度地理科学学会春季学術大会発表要旨)」『地理科学』59(3):226

 

釜井 智行 2003 「民間教育サービス供給と利用行動の地域格差―岡山県の学習塾を事例として」『瀬戸内地理』(12):20-34

 

カミングス, ウィリアム・K 1983 「受験をめぐる競争」『現代のエスプリ 中学生:生活・進路・病理』(196):105-128

 

川口 俊明 2011 「日本の学力研究の現状と課題」『日本労働研究雑誌』,614:6:15

 

川田 力, 釜井 智行 2004 「神戸市における学習塾の立地」『岡山大学教育学部研究集録』(127):65-73

 

河原 巧 1992 「なぜここまで「公立離れ」が進んだか」『児童心理』46(13):122-129

 

北尾 倫彦 1985 「学校の教師にとって塾とは何か」『児童心理』 39(9):1080-1086

 

北尾 倫彦 1975 「学習塾に合う子・合わない子」『児童心理』 29(12):2288-2293

 

木村 好美 2004 「学力・性別による予備校に対する認識の差異―大手予備校のデータ分析より―」『人文研究 大阪市立大学院文学研究紀要』55:37-52

 

楠木 俊詔, 松浦 司 2009 『学歴格差の経済学』勤草書房

 

楠山 和雄 1987 「入試制度改革と進路指導」『教育と医学』 35(5):465-472

 

工藤 定次 1982 『学習塾の可能性:福生・タメ塾の記録』ユック舎

 

久冨 善之 1993 『競争の教育 なぜ受験競争はかくも激化するのか』 労働旬報社

 

黒石 憲洋, 佐柳 信男, 高橋 誠 2010 「小・中学生における生活習慣と学習行動の関連について」『教育総合研究』3:17-28

 

黒石 憲洋, 高橋 誠 2009 「学校教育と塾産業の連携についての一研究:現状の分析と今後の展望」教育総合研究:『日本教育大学院大学紀要』2:1-14

 

黒羽 亮一 1980 「入試と選抜ならびに適応―総論」『教育と医学』28(10):966-973

 

小久保 明浩 2004 『塾の水脈』武蔵野美術大学出版局

 

国立教育研究所内塾問題研究会 編 1988『シンポジウム塾 と学校』ぎょうせい

 

国立教育研究所内塾問題研究会 編 1985 「塾と学校」ぎょうせい

 

小中 陽太郎 1975 「学習塾にかける恨みと祈り」『現代の眼』16(6):78-85

 

小中山 彰, 松井 宇史 2008 「学校外教育の学力に及ぼす影響に関する一考察」『東海大学政治経済学部紀要第』40:131-158

 

小林 一彦, 塩見 啓子 1989 「僕らは塾の『第三の波』」『思想の科学』(113):33-38

 

小林  一哉 1998 「業種別 業態別 戦略診断ポイント講座―学習塾」『企業診断』 45(6):110-115

 

小林 俊一 1986 「株式公開と新しいマネジメント導入で学習塾の近代化を図る“学究社”」『財経詳報』(1605):18-20,財経詳報社

 

小林 弘典 2012 「学習塾変遷の歴史と概観」『学習塾百年の歴史 塾団体五十年史』佐藤勇治 編:217-238,学習塾百年の歴史編集委員会

 

小林 弘典 2011 「今,学習塾業界は?」『月刊 不動産流通』29(12):74-77

 

小宮山 博仁 2013 「学校外の子どもの今<学習塾のなかの子どもたち><4>居場所・交流の場としての塾」『児童心理』67(17):977

 

小宮山 博仁 2013 「学校外の子どもの今<学習塾のなかの子どもたち><3>塾で行う活用型学力の授業」『児童心理』67(16):976

 

小宮山 博仁 2013 「学校外の子どもの今<学習塾のなかの子どもたち><2>「進学目的」としての塾通い」『児童心理』67(14):974

 

小宮山 博仁 2013 「学校外の子どもの今<学習塾のなかの子どもたち><1>「補習」としての塾通い」『児童心理』67(14):974

 

小宮山 博仁 2012 「学習塾の定義と存在理由」『学習塾百年の歴史 塾団体五十年史』佐藤 勇治 編:201-217,学習塾百年の歴史編集委員会

 

小宮山 博仁 2012 「戦後の塾の歴史と日本の教育の課題」『学習塾百年の歴史 塾団体五十年史』佐藤 勇治 編:280-317,学習塾百年の歴史編集委員会

 

小宮山 博仁 2006 『子どもの「底力」が育つ塾選び』平凡社

 

小宮山 博仁 2000 『塾:学校スリム化時代を前に』岩波書店

 

小宮山 博仁 1999 『塾の力:21世紀の子育て』文藝春秋

 

小宮山 博仁 1998 『学校スリム化」時代の中学生:学習塾を考える』日本放送出版協会

 

小宮山 博仁 1997 『塾・受験・学校:父母のための教育指針』新評論

 

小宮山 博仁 1996 「学習塾が成り立つ社会的背景」『日本教育社会学会大会発表要旨集録』(48):38-39

 

小宮山 博仁 1995 『こんな塾はやめさせなさい』ごま書房

 

小宮山 博仁 1993 『学歴社会と塾:脱受験競争のすすめ』新評論

 

小宮山 博仁 1992 『学習塾のまじめな話:「できる子」よりも「わかる子」に』農山漁村文化協会

 

小宮山 博仁 1992 『賢い学習塾の選び方』新評論

 

小宮山 博仁 1992 「塾講師の条件,待遇」『児童心理』46(13):69-77

 

小宮山 博仁 1991 『行かせてよい塾 悪い塾』三省堂

 

小森 健吉, 村田 翼夫, 吉田 嘉高 1982 「東京都における学習塾とその団体の実態――学校教育との関係におけるその存在意義と教育行政課題」『日本教育行政学会年報』(8): 85-116

 

近藤 治 2013 「大学は入試をどう変えようとしているか:朝日新聞社・河合塾共同調査「ひらく日本の大学」調査結果より」『IDE』(554):47-51

 

近藤 治 2009 「多様化する大学入試とその課題」『工学教育』57(1):10-14

 

近藤 秀男 1975 「家庭学習(学習塾等)の実態調査の分析と調査結果に見られる問題点の考察―昭和48年度調査より」『児童心理』 29(12):2304-2319

 

近藤 大生, 野垣 義行, 原田 彰, 高旗 正人 1963 「進学準備教育の研究-学習塾・家庭教師等に関する調査報告」『教育社会学研究』18:239-255

 

 

佐々木 俊介 1993 「子どものいう「学習塾の方がわかる」とは本当か」『児童心理』47(9):58-64

 

斎藤 次郎 2007 「子どもが選べる塾、選べない学校」『都市問題』98(5):4-8

 

斎藤 次郎 1989 「塾の可能性」『思想の科学』 (113):12-17

 

斎藤 次郎 1985 「「ひろば」としての塾―子どもたちの居場所となるための屈折した展望」『児童心理』 39(9):1101-1106

 

斎藤 次郎 1985 「学習塾と「ひとり学び」の問題」『現代のエスプリ 学習塾』(212):86-93

 

佐久間 邦友 2014 「学習塾研究の観点から」「 (日本学習社会学会第10回大会報告)― (日本学習社会学会第10回大会記念シンポジウム 日本学習社会学会の使命(存在理由)と課題(学術性と実践性)を考える)」『日本学習社会学会年報』 (10):24-27

 

迫田 文雄 1985 「進学教室「四谷大塚」神話は私が作った」『現代のエスプリ 学習塾』(212):36-62

 

佐々木 菜津映 2005 「学習塾のめざすもの:中学受験向け学習塾の広告パンフレットからの分析」『情報社会試論』10:54-65

 

佐々木 俊介 1985 「学校と塾―その共存は可能か」『児童心理』39(9):1064-1070

 

笹山 正信 2013 「学習塾の原点を見つめ直す:学習塾の存在意義とは」『教育科学論集』 (16):23-27

 

佐藤 勇治 編 2012 『学習塾百年の歴史:塾団体五十年史』学習塾百年の歴史編集委員会

 

佐藤 勇治 編 2008 『絆:きずな:二十周年記念誌』全国学習塾協会

 

佐藤 勇治 編 1996~2000『全塾連の歴史』(全7) 全国私塾連盟

 

佐柳 信男, 黒石 憲洋 2010 「小・中学生における学習塾通いと動機づけの関係(2):家庭・学校・学習塾の目標構造の影響」『日本教育心理学会総会発表論文集』(52):715

 

佐柳 信男, 黒石 憲洋 2010 「小・中学生における学習塾通いと動機づけの関係(1):通塾の動機づけへの影響に関する縦断的検討」『日本教育心理学会総会発表論文集』(52):714

 

佐柳 信男 2009 「学習塾通いが小学生の勉強に対する動機づけにおよぼす影響」『教育研究』(51):55-63

 

塩見 啓子 1989 「『児童・生徒の学校外学習活動に関する実態調査報告書』を読む」『思想の科学』(113):81-85

 

重藤 市之丞 1962 「大学受験期―特集・高校生」『教育と医学』10(4):324-330

 

児童心理 1992 『塾と学校の共生:教師と親と子どものホンネ』(『児童心理』46(13):595:10月臨時増刊)金子書房

 

清水 愛 2012「日本の教育における学習塾の可能性」『教育学会誌』(36):20-41

 

清水 俊彦 1981 「都市における学校の問題――学習塾との関係を通して――」『都市問題研究』33(11):83-95

 

示村 悦二郎 1980 「私学の入学試験―その現状と改革への動向」『教育と医学』28(10):1016-1021

 

下村 哲夫 2001 「法律の目で見る 21世紀の学校(10)学校と学習塾」『悠』18(1):72-75

 

下村 哲夫 2000 「学習塾と学校教育」『地方議会人』31(7):32-35

 

昌子 武司 1965 「学習塾(座談会)」『青少年問題』12(9):18-32

 

白石 よしえ 2012「なぜ予備校の教室には「笑い」が必要か―笑いが予備校での学習に効果をもたらす動機づけスタイル理論:反転理論から考える―」『笑い学研究』19:128-140

 

新堀 通也 1985 「「塾教育批判」を再考する」『児童心理』39(9):1056-1063

 

杉江 修治, 伊藤 篤 1986 「学習塾けいこごとへの子どもの意識」『中京大学教養論叢』27(3):461-511

 

鈴木 敏之 1997 「学習塾通いと家計の教育費負担」『学校経営』第一法規出版,42(1):100-107

 

鈴木 富美子 1996 「学習塾からみた日本の教育」『地方議会人』27(4):30-33

 

盛山 和夫, 野口 裕二 1984 「高校進学における学校外教育投資の効果」『教育社会学研究第』39集

 

盛山 和夫 1981 「学校外教育投資の効果に関する一考察」『北海道大學文學部紀要』30

 

総合研究開発機構(NIRA) 1996 『学習塾から見た日本の教育』総合研究開発機構

 

 

高城 修三 1985 「進学塾最前線の取材から」『現代のエスプリ』至文堂,212:63-74

 

高城 修三 1976 「都政時評 文教「学習塾」」『都政人』40(12)420

 

高城 修三 1975 「文教 学習塾とその問題点」『都政人』39(8)404

 

高嶋 哲夫, 小篠 弘志 2000 『塾を学校に:「教育改革」への一石』宝島社

 

高山 英男 1985 「子どもにとってけいこ塾、スポーツ・クラブとは何か」『児童心理』 39(9):1149-1154

 

竹内 洋 2001 「大衆受験社会の終焉 (特集 教育における競い合い)」『教育と医学』49(5):423-429

 

竹内 洋 1995 『日本のメリトクラシー―構造と心性―』東大出版会

 

竹内 洋 1988 『選抜社会―試験・昇進をめぐる〈加熱〉と〈冷却〉―』メディアファクトリー

 

竹中 直 1996 「学習塾の社会学―学校の外で学ぶ子どもたち―」『母子研究』17:51-62

 

田中 道宣 1967 「学習塾を論ず」『教育と医学』15(8):30-35

 

田原 孝 1987 「予備校の現状と大学受験予備校生の精神状況 」『教育と医学』35(5):480-489

 

田保橋 彬 1978 「「受験戦争」と入試テスト」『教育と医学』 26(11):1037-1044

 

千葉 誠一 2007 「学習塾業界の最新事情」『都市問題』98(5):24-27

 

千葉 誠一 2014 『塾・予備校 産業と会社研究シリーズ 2015年度版』,産学社

 

筒井 勝美 2001 「教育立国再生へ―進学塾からの提言 (特集 教育における競い合い)」『教育と医学』49(5):414-421

 

鶴井 通真 1975 『学校か塾か:学習塾繁盛記』教育出版

 

鶴蒔 靖夫 1993 『学習塾「共生の時代」の読み方:開塾にみる情報システムの極意』IN通信社

 

ディルケス, ジュリアン 2012 「日本における補完教育―塾について」『学習塾百年の歴史 塾団体五十年史』佐藤 勇治 編:318-325,学習塾百年の歴史編集委員会

 

遠山 弘詞 1992 「学習塾からみた子どもたち-3-」『みんなの図書館』(182):62-66

 

遠山 弘詞 1992 「学習塾からみた子どもたち-2-」『みんなの図書館』(181):68-74

 

遠山 弘詞 1992 「学習塾からみた子どもたち-1-」『みんなの図書館』(180):75-81

 

戸崎 賢二 1985 「進学塾最前線の取材から」『現代のエスプリ』至文堂,212:26-35

 

 

中川 越 1986 『砂に立つ子どもたち:消えた学習塾の証言 』稜北出版

 

永谷 敬三 2003 『経済学で読み解く教育問題』東洋経済新報社

 

永峰 良昭 1984 『全塾連外史』全国私塾連盟事務局

 

中村 二郎 1993 「家計属性と進学行動に関する実証分析」『経済研究』44(3)

 

中山 裕登 1980 『教育産業』(東洋経済新報社)

 

中山 容 1989 「電話帳からみた全国の学習塾」『思想の科学』(113):77-80

 

中山 容 1989 「もうひとつの可能性」『思想の科学』(113):86-87

 

成田 幸夫 他 1992 「習いごと・学習塾(特別アンケート)」『児童心理』45(14):1728-1731

 

成瀬 正 2011 『子どもが幸せになる学習塾:自立とやる気を育む志門塾の挑戦』:HP研究所

 

西島 建男 1987 「進学塾一辺倒の努力は報われるか」『児童心理』41(6):732-736

 

西島 建男 1985 「塾は教育の機会均等を奪うか」『児童心理』39(9):1049-1055

 

西村 承子 2001 「選択される教育機関『学習塾』」『現代のエスプリ 学校選択を考える』(406):161-170

 

二宮 皓 1979 「高校入試の類型」『教育と医学』27(5)468-474

 

野垣 義行 1968 「中学生の生活環境と生活意識:広島県における地域類型別比較」『横浜国立大学教育紀要』8:67-97

 

野田 圭介 2015 「学習塾における心理学的支援のあり方についての一考察 :中学生への実態調査による考察と今後の展望」『大阪経大論集』66(3):185-195

 

 

橋口 昌治 2009 「研究例会報告 塾講師の待遇改善をめぐる2つの事例」『労働社会学研究』10:167-169

 

長谷川 宏 1976 「学習塾の教師として」『現代の眼』17(12):110-115

 

秦 政春 1980 「高校入試制度――高校選抜過程を中心として――」『教育と医学』28(1):12-20

 

長谷川 剛志 2006 「教育における勤務評定―大手予備校の例より―」『2005年度 産業調査実習報告書』(6):2-12,同志社大学社会学部産業関係学科

 

早川 東作, 元永 拓郎 2003 「進学塾・予備校の精神衛生」『精神科』2(5): 391-396

 

早坂 めぐみ 2013 「塾の自主規制と質保証社団法人全国 学習塾協会の設立過程と取組を手がかりとして」『学校教育学研究論集』27:11-23

 

早坂 めぐみ 2010 「職場としての学習塾(I-12部会 学校の教育実践,研究発表I,一般研究報告)」『日本教育社会学会大会発表要旨』集録(62):108-109

 

菱木 近義, 岡本 真一 1997 「アンケート調査デ-タの選好分析結果を生かした学習塾経営改善の方向づけに関する一考察」『日本経営システム学会誌』13(2):51-58

 

樋田 大二郎 2014 「塾と習い事に通う子どもの歴史と今 :芸術とスポーツ、私立中学受験の一般化 (特集 子どもをめぐる変化):」『都市問題』105(6):17-21

 

平井 隆行 2001 「進学塾から見た学校と学校教師」『こころの科学』(98):95-99

 

平尾 俊郎 2002 『「教育の場」としての学習塾』毎日新聞社

 

平松 享 1995 「塾からみた高校入試のうつりかわり―入試改革の予期せぬ成果」『季刊教育法』(102):32-38

 

藤田 武志 2003 「戦後日本の受験社会の変遷に関する社会学的考察」『上越教育大学研究紀要』22:475-491

 

深瀬 正史 2003 『学力の根を育てる:地域塾で親も子も伸びる』雲母書房

 

深谷 昌志 2004 「小学生にとっての「勉強」」『モノグラフ・小学生ナウ』vol.24-1

 

深谷 昌志 2004 「勉強する中学生・しない中学生」『モノグラフ・中学生の世界』vol.78

 

深谷 昌志 2002 「高校進学の現在~1988年との対比~」『モノグラフ・中学生の世界』vol.72

 

深谷 昌志 2000 「塾から見た学校」『教育と医学』48:59-64

 

深谷 昌志 1999 「中学生の勉強は必要なのか~親たちの意見~」『モノグラフ・中学生の世界』vol.62

 

深谷 昌志 1998 「教育時評3―塾通いする子どもたち」『学校図書館協議会』572:48-49

 

深谷 昌志 1995 「学習塾」『モノグラフ・小学生ナウ』vol.15-6

 

深谷 昌志 1994 「学習塾通いする中学生」『モノグラフ・中学生の世界』vol.49

 

深谷 昌志 1992 「学業成績」『モノグラフ・小学生ナウ』vol.12-3

 

深谷 昌志 1991 「学習塾」『モノグラフ・小学生ナウ』vol.11-8

 

深谷 昌志 1989 「学業成績の意味」『モノグラフ・中学生の世界』vol.33

 

深谷 昌志 1888 「学習塾」『モノグラフ・小学生ナウ』vol.8-5

 

深谷 昌志 1988 「高校進学~「15の春」の実態を探る~」『モノグラフ・中学生の世界』vol.30

 

深谷 昌志 1987 「入試社会日本の病理」『教育と医学』 35(5):499-505

 

深谷 昌志 1985 「塾に通う子どもたち―子どもの生活行動と塾」『児童心理』39(9):1072-1078

 

深谷 昌志 1985 「概説・塾通い現象の背景」『現代のエスプリ 学習塾』(212):5-25

 

深谷 昌志 1985 「学歴主義と学校文化」『現代のエスプリ 学習塾』(212):116-135

 

深谷 昌志 1984 「学習塾」『モノグラフ・小学生ナウ』vol.4-8

 

深谷 昌志 1982 「学習塾と学校」『シリーズ 現代の子供を考える 塾』共立出版:20-52

 

深谷 昌志 1982 「高校進学~揺れ動く生徒の心~」『モノグラフ・中学生の世界』vol.11

 

深谷 昌志 1983 「学業成績~生徒たちは成績の良し悪しをどうとらえているか」『モノグラフ・中学生の世界』vol.15

 

深谷 昌志 1981 「子どもと家庭学習」『モノグラフ・小学生ナウ』vol.1-1

 

深谷 昌志 1980 「日本における選抜の歴史」『教育と医学』 28(10):974-981

 

深谷 昌志 1977 「進学塾とその機能―集団面接調査を手がかりとして―」『教育社会学研究』32:51-64

 

深谷 昌志 1976 「学校教育と塾教育」『教育と医学』26:40-46

 

福田 誠治 1977 「学習塾の実態と子どもの生活」『教育』27(6):104-111

 

藤井 勲 1973 『学習塾:第四の教育機関』受験研究社

 

藤沢 伸介 1986 「学習塾選択にみる家庭の教育主導意識について」『研究報告』2:1-21

 

藤永 太一郎 1989 「国公立学校教育の崩壊 :受験塾の猖獗を憂う」『IDE』307:42-45

 

藤本 建夫 1988 「学習塾―その社会史的考察―」『甲南経済学論集』29(3):25-49

 

藤原 信 2012 「塾の歴史七十年史 昭和と平成の時代」『学習塾百年の歴史 塾団体五十年史』佐藤 勇治 編:252-266,学習塾百年の歴史編集委員会

 

藤原 亮一 1985 「”子供の中の学習塾”一事例研究からのアプローチー」『ソキエタス』駒沢大学大学院社会学研究会,12:65-78

 

穂村 明見 2011 「現場から見た青少年問題(21)首都圏進学塾の小学生たち(上)」『青少年問題』58,644:46-51

 

穂村 明見 2011「現場から見た青少年問題(22)首都圏進学塾の小学生たち(下)」『青少年問題』59,645:46-51

 

堀 孝次 1986 『個性教育が子供を変える:受験戦争を超えた近未来教育』たる出版

 

 

前屋 毅 2007 「成長する学習塾,低迷する学校」『都市問題』98(5):9-13

 

前屋 毅 2006 『学校が学習塾にのみこまれる日』朝日新聞社

 

マクリーン, ジョン 2009 「日本の学習塾について(1):講師、学生、授業目的、授業人数、費用、入塾基準」『安田女子大学紀要』37:153-167

 

松森 武嗣 2002 「学習塾の経営と教育――N学習塾を事例として――」『別府大学紀要』 (44):85-99

 

松浦 克己, 滋野 由紀子 1996 『私立校と公立校の選択 塾との関係を考慮した小中学校段階での学校選択」女性の就業と富の分配:家計の経済学』(郵政研究所研究叢書)日本評論社

 

三浦 香苗 1996 「学校と学習塾に対する教員養成系学生の認識」『日本教育心理学会総会発表論文集』(38):386

 

三浦 香苗, 中澤 潤, 渋谷 美枝子, 半田 康 1985 「学業不振児に関する教育心理学的研究I:学業不振児の定義に関連させて」『千葉大学教育学部研究紀要 第1部』34:19-27

 

三上 敦史 2014 「河合塾の東京進出 :「東大入試オープン」と駒場校の創設」『北海道教育大学紀要 教育科学編』64(2):247-259

 

三上 敦史 2010 「受験情報誌『栄冠をめざして』の研究―1966~83年の河合塾が高等学校に伝えた受験情報―」『愛知教育大学研究報告(教育科学編)』59:113-122

 

道旗 一郎 1991 「学習塾の現場から」『経済科学通信』(61):43-47,経済学基礎理論研究所

 

三井 為友 1973「学習塾と学校教育―どちらに軍配はあがるのか」『児童心理』27(11):152-157

 

水野 英雄 2009 「教育産業における消費者ニーズと規模の経済性」『愛知教育大学研究報告 人文・社会科学編』58:167-175

 

水野 英雄 2008 「サービス業と規模の経済性」―医療・介護・教育産業に関する考察」『社会科学論集』(46):129-147

 

耳塚 寛明 1998 「少子化時代の受験競争―”受験戦争”の行方と学校の社会化機能の危機 (少子化時代と教育)」『教育と医学』46(1):40-46

 

宮坂 広作 1985 「『塾』の時代――功罪論を超えて」『児童心理』39(9):1040-1048

 

宮坂 広作 1975 「学習塾の繁栄を支えるもの――その社会的背景について」『児童心理』29(12):2214-2219

 

村田 和博 1989 「だから、僕は子どもを塾に行かせない」『思想の科学』(113):56-58

 

宮下 一博 1996 「学習塾・稽古事への通塾経験及び遊び経験が青年のアイデンティティ発達に及ぼす影響」『千葉大学教育学部研究紀要 I,教育科学編』44:1-12

 

村松 誠 2000 「学習塾業界の現状分析とその経営に関する一考察講師のコピテンシー分析」『経営行動科学学会年次大会 発表論文集』(3):198

 

森 いづみ 2007 「なぜ学習塾が発達するのか―日本と韓国の比較―」『日本教育社会学会大会発表要旨集録』(59):225-226

 

森 毅 1989 「ボクが塾をつくるとしたら」『思想の科学』(113):4-11

 

森 毅 1985 「塾で学力がつくか」『現代のエスプリ 学習塾』(212):78-85

 

森上 展安 2012 「戦後の中学受験について」『学習塾百年の歴史 塾団体五十年史』佐藤勇治 編:267-273,学習塾百年の歴史編集委員会

 

森下 一期 1987 「肥大する教育産業」『名古屋大学放送公開講座ラジオ―転換期の教育を考える』:103-112

 

諸葛 正弥 2007 「塾と学校の教育技術格差」『都市問題』98(5):14-18

 

 

安川 寿之輔 1987 「『受験戦争』は最良の政治か」『教育と医学』35(5):490-498

 

八木 淳 1965「受験地獄と学習塾」『青少年問題』12(9):12-17

 

八杉 晴実 1987 「学習塾から子どもたちの友だち関係をみる」『児童心理』41(10):1219-1222

 

矢口 以文 1989 「札幌の塾地図」『思想の科学』(113):62-63

 

八杉 晴実 1985 「子どもを甦(よみがえ)らせる塾」『児童心理』39(9):1088-1094

 

八杉 晴実 1980 「学習塾にみる友だち関係」『児童心理』34(6):1096-1101

 

矢野 克郎 2012 「都立学校群と高校入試改革」『学習塾百年の歴史 塾団体五十年史』佐藤 勇治 編:274-279,学習塾百年の歴史編集委員会

 

矢野 寿男 1979 「学習塾にみるきたえ方―真に知・心・体をきたえているか」『児童心理』33(6):1065-1069

 

矢ノ浦 勝之 2003 「大手の学習塾では学習意欲をどう捉えて、意欲を高めるためにどんな工夫をしているのか(1)小学生編 (2)中学生編」『総合教育技術』58(2):28-33

 

矢花 芙美 2004 「子どものバーンアウト…進学塾の子どもたち」『児童心理』58(8),806:766-770

 

山岡 俊介 1992 『公立学校は、だから塾に敗れた』双葉社

 

山岸 駿介 1985 「ヨーロッパの学習塾」『現代のエスプリ 学習塾』(212):100-108

 

山崎 瞳 2003 「学習塾における子どもたちの学習意識に関する研究」『佛教大学教育学部学会紀要』2:333-350

 

山田 彰 1991 「学習塾が「基礎学力」を支えている部分―理想と現実のはざまで」『現代教育科学』34(3):49-52

 

山村 賢明 1985 「子どもにとっての学校の教師・塾の教師」『現代のエスプリ 学習塾』(212):94-99

 

結城 忠, 佐藤 全, 橋迫 和幸 1987 『学習塾 子ども・親・教師はどう見ているか』ぎょうせい

 

結城 忠 1987 『学習塾に関する調査』ぎょうせい

 

吉田 知明 2012 「個別指導塾からみた子どもたちの現状 :学校教育と学習塾の役割」『教育と医学』60(6):540-545

 

吉田 六太郎 1985 「行かせたい塾・行かせたくない塾―その見分け方の視点」『児童心理』 39(9):1122-1128

 

 

吉野 剛弘 2013 「明治後期における旧制中学校補習科関係法令の変遷とその影響」『慶應義塾大学大学院社会学研究科紀要』 (76):29-42

 

吉野 剛弘 2011 「宮崎県の旧制中学校と受験準備教育 :宮崎中学枚を事例として」『慶應義塾大学大学院社会学研究科紀要』(72):109-122

 

吉野 剛弘 2008 「受験準備教育機関としての旧制中学校の補習科―東京府立中学校を事例として」『慶應義塾大学大学院社会学研究科紀要』(66):13-26

 

吉野 剛弘 2006 「受験雑誌・進学案内書にみる近代日本における予備校」『哲學』115:89-114

 

吉野 剛弘 2001 「大正前期における旧制高等学校入試―入試試験をめぐる議論と入試制度改革」『慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要』(53):19-31

 

吉野 剛弘 2000 「明治後期における旧制高等学校受験生と予備校」『慶應義塾大学大学院社会学研究科紀要』51:31-42

 

ら、わ 

 

Leman, Berenice 2011 「Quelques:articularites des juku japonais, systeme extrascolaire suplementaire a l’ecol:Une etude comparative des recherches japonaise, francaise et anglo-americaine 日本の塾の独自性:日・仏・英語圏で行われた研究の比較」『ことば・文化・コミュニケーション 立教大学 異文化コミュニケーション学部紀要』3:185-200

 

和田 秀樹 2001 「受験戦争を考える (特集 教育における競い合い)」『教育と医学』49(5):406-413

 

渡辺 稔 2012 「学習塾における雑談(3):塾長への質問紙調査から」『日本教育社会学会大会発表要旨』集録(64):82-83

 

渡邉 稔 2011 「学習塾における雑談(2):「教育」と「経営」の相剋」『日本教育社会学会大会発表要旨』集録(63):264-265

 

渡邉 稔 2010 「学習塾における雑談」『日本教育社会学会大会発表要旨』集録(62),:304-305

 

渡辺 稔 2009 「学習塾の社会史:なぜ学習塾を見ないのか」『日本教育社会学会大会発表要旨集録』(61):95-96

 

 

 

(ivy 松村)

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。