学習塾に関する文献④

学習塾は、一般の雑誌にも頻繁に取り上げられます。

学習塾が日本社会で一般化し、世間の、塾への関心が高まったためでしょう。

近年では、塾選びのための情報として塾の比較が特集されたり、塾企業の戦略や業界「相関図」を解説するような記事が書かれたりすることが多くなりました。また、一部の塾企業の、過酷な就業状況を告発するような内容もあらわれ始めました。

 

 

◎商業誌など

 

相沢 清太郎 2009 「急減する『顧客』を奪い合う受験産業の生存競争」『Foresight』20(4):46-47

 

アエラ 2011 「なくなる仕事,なくならない仕事 学習塾」『アエラ』24(17),1279:33

 

朝日ジャーナル 1961 「学習塾は必要悪か,塾ブームを打診する」『朝日ジャーナル』7月9日号:20-22

 

石塚 公康 ,滝沢 聡, 奥田 祥子 2006 「トンデモ先生,ペケ教室長…学生講師の『内幕』告白」『読売ウイークリー』65(2・3):26-28

 

石塚 公康 2003 「有名中「合格力」東西進学塾ランキング―首都圏の両雄サピックス・日能研、関西圏は「希」と「浜」が双璧」『週刊読売』62(10):21-24

 

ウエッジ 2007 「子どもが犠牲に? 受験産業を襲うM&Aの嵐―資本の論理は教育をどう変える」『ウエッジ』19(7),219:112-114

 

甲斐 さやか, 庄村 敦子 2008 「中学受験 合格後も「塾依存症」想定外の出費」『アエラ』21(47):34-36

 

柿崎 明 2013 「教育 チェック項目は合格実績だけじゃないんです 中学受験 勝てる塾選び」『アエラ』26(18):29-32

 

家庭教育 1961 「座談会・教育戦国時代の申し子―学習塾教師の哀歓」『家庭教育』2月:

 

家庭と教育 1962 「特集・勉強塾は華やかなれど」『家庭と教育』12月:

 

家庭と教育 1962 「第三の学校」『家庭と教育』8月号:84-89

 

菊池 嘉晃 2004 「高校進学塾「合格力」ランク―公立編 首都圏上位は誉田進学塾、Z会、市進、ステップ。 関西は類塾、稲田塾」『ヨミウリウイークリー』63(16):80-8

 

菊池 嘉晃 2004 「高校進学塾「合格力」ランク 国・私立編―全国有力13塾調査/2強のサピックスと早稲田アカデミー/地元に強い市進学院ほか」

『ヨミウリウイークリー』63(12):84-87

 

国府田 直子 2006 「中学受験 泣かないための塾選び5ヵ条―いまや「親と子と塾の三人四脚」といわれる中学受験。どこを選ぶか (教育):」『アエラ』19(11):38-40

 

近藤 治, 石原 賢一, 松田 実 他 2010 「河合塾、駿台、ベネッセ、代ゼミ プロが教える直前誌上座談会 不景気が大学受験戦線を直撃 難関私大が軒並み易しくなる!」『サンデー毎日』89(2):72-76

 

週刊朝日 2004 「スーパーエリート」育ててます 関西流必勝法 東京へ初進出―中学受験塾 希学園『週刊朝日』109(39):134-136

 

週刊朝日 1997 「スクープ 名門・四谷大塚の「内紛」が告げる中学受験塾ビッグバン」『週刊朝日』102(29):40-41

 

週刊新潮 2012 「下剋上も起きている! 少子化時代の「受験塾」「予備校」国盗り物語」『週刊新潮』57(2):154-156

 

週刊現代 2008 「塾を替えたら成績が上がった! 中学受験 合格する「塾」 落ちる「塾」」『週刊現代』50(21):164-166

 

週刊文春 2000 「噂の「SAPIX」が日本一の進学塾になった理由―大竹しのぶ長男も慶応高合格」『週刊文春』42(10):33-35

 

週刊ポスト  2007 「大手進学塾が小学生(&中学生)を「営業マン」に仕立て上げている」『週刊ポスト』39(12)36-39

 

週刊ポスト 2005 「中学受験塾「合格力」を徹底分析」『週刊ポスト』37(13):217-219

 

坂口 幸世, 服部 周憲, 田村 明宏 他 2008 「河合塾、駿台、代ゼミ、ベネッセ 大学受験のエキスパート入試直前誌上座談会 センター試験平均点ダウンでも強気の出願で乗り切れ」『サンデー毎日』87(2):80-84

 

サンデー毎日 2010 「代ゼミがサピックス買収 再編進む学習塾はこう選べ」『サンデー毎日』89(33):136-138

 

サンデー毎日 2007 「中学受験 失敗しない「最強の塾」選び」『サンデー毎日』86(10):138-140

 

サンデー毎日 2007 「親必読!『学習塾』大再編最新事情」『サンデー毎日』86(20):135-137

 

サンデー毎日 2004 「有名塾エキスパート座談会 「首都圏私立中入試」を大予測 (05年入試受験情報 第6弾)」『サンデー毎日』83(65):96-99

 

サンデー毎日 2004 「まだ早い?もう遅い? 小学4年生からの塾選び―有名進学塾の中学合格実績一覧 経験者が明かす「我が子に合った塾の探し方」」『サンデー毎日』 83(14):153-155

 

サンデー毎日 2003 「徹底調査 首都圏・関西圏 有名高校にはこの進学塾が近道 主要24進学塾合格実績一覧―業界のタブーに迫る!」『サンデー毎日』82(10):142-145

 

SPA! スクールビジネス特別取材班 2007 「『スクールビジネス』暴利の実態」『SPA!』56(56),(3095):24-29

 

SPA! 予備校・塾ビジネス研究会 2007 「予備校・塾ビジネスの断末魔」『SPA!』56(43),3082:22-25

 

宝島 2009 「お受験ビジネスの裏事情」『宝島』37(6):78-79

 

二居 隆司 2007 「「大手か職人型か」…プロが伝授の5か条 中学受験「塾選びの極意」」『読売ウイークリー』66(21):10-17

 

二居 隆司 2007 「07入試 中学進学塾「合格実績」第2弾」『読売ウイークリー』 66(10):78-81

 

二居 隆司 2007 「速報!! 07入試 中学進学塾「合格実績」第1弾―本誌〔読売ウイークリー〕独走の集計/開成はサピックス、灘は浜学園。麻布に強い啓進塾/武蔵、駒東、女子ご三家…」『読売ウイークリー』66(9):77-81

 

二居 隆司 2004 「「中学進学塾」の実力(5・最終回)地元密着型–群を抜く懇切丁寧な指導「川崎予備校」「啓明舎」「啓進塾」」『読売ウイークリー』63(31):2929:78-80

 

二居 隆司 2004 「「中学進学塾」の実力(4)関西編 御三家「浜学園」「希学園」「馬渕教室」の”面倒見主義”」『読売ウイークリー』63(30):2928:81-84

 

二居 隆司 2004 「「中学進学塾」の実力(3)個性派編 「数」より「率」―「TAP」「ena」「キャップ」の戦略」『読売ウイークリー』63(29),2927:86-88

 

二居 隆司 2004 「中学進学塾」の実力(2)ビッグ3追う注目実力派―「市進学院」「栄光ゼミナール」「早稲田アカデミー」」『読売ウイークリー』63(28),2926:74-76

 

二居 隆司 2004 「「中学進学塾」の実力(1)ビッグ3編―日能研、四谷大塚、サピックスの教育方針から合格実績、テキスト、受講料まで」『読売ウイークリー』63(27),2925:77-80

 

二居 隆司 2004 「中学進学塾「合格力」ランク―全国有力17塾調査―希学園が連覇! 日能研、四谷大塚、サピックスがアップ 健闘の啓進塾」『ヨミウリウイークリー』63(10):107-110

 

日経トレンディ 2011 「中高一貫校受験指導から学童保育まで 進化する塾ビジネス」『日経トレンディ』(327):64-66

 

日経ビジネス 1998 「競争激化,淘汰始まる予備校・学習塾―少子化・不況で生徒激減,サービス向上に生き残りかける」『日経ビジネス』 (964):164-167

 

藤村 はるな, 高島 昌俊, 上野 智, 中村 未来, 小野 麻衣 2007 「『ブラック化する日本企業の闇」『SPA!』62(21),3370:36-43

 

婦人之友 1998 「受験と塾―親と子のアンケートから」『婦人之友』92(8):39-41

 

婦人之友 1962 「責任はどこに? おそろしい塾ブーム」『夫人之友』56(9):39-43

 

文芸朝日 1963 「進学に考える―大学・高校・短大受験の胸算用―」『文芸朝日』2(2):

 

増田 晶文 2007 「体当たりルポ ザ・中学受 (最終回 私立中学高等学校トップが明かす 成功する学校選び、進学塾の見極め方」『週刊現代』49(40):172-175

 

増田 晶文 2007 「体当たりルポ ザ・中学受験 第3回 開成中学合格者の親たちが語る「大手塾を使いこなす法」」『週刊現代』49(39):42-45

 

増田 晶文 2007  「体当たりルポ ザ・中学受験 第2回 大手塾に“食い物”にされる親子 大手塾を“手玉”にとる親子」『週刊現代』49(38):(2446):170-173

 

増田 晶文 2007  「体当たりルポ ザ・中学受験 第1回 有名進学塾とどうつきあえばいいのか」『週刊現代』49(37):2445:48-51

 

村山 和生, 富沢 弘和, 坂口 幸世 他 2014 「受験生の(超):安全志向で東大、早慶が穴場に!? 入試直前 河合塾 駿台 ベネッセ 代ゼミ エキスパート誌上座談会」『サンデー毎日』93(2):68-72

 

森 健 2006 「カリスマ受験塾SAPIXの内幕」『文芸春秋』84(16):308-315

 

森上 展安, 杉山 由美子, 安藤 聡昭 他 2008 「プロ座談会「中学進学塾の選び方―競争メリットなら大人数・転塾もためらうな」『読売ウイークリー』63(32),2930:92-94

 

森上 展安, 安田 理, 柿崎 明子 2007「森上展安×安田理 中学受験 親が知りたい疑問―「母親が働いていると不利か」「父親は受験に参加すべきか」「何年生から塾に通えばいいか」など12問 (2008 一流校に入る)」『週刊朝日』112(35):66-72

 

読売ウイークリー 2008 「M&A、提携……塾再編の今 「危ない塾」の見極め方 (大M&A時代到来 「授業の質」が激変 「危ない塾」見極め6か条―一目でわかる受験界「大チャート」新勢力図):」『読売ウイークリー』67(26):86-91

 

読売ウイークリー 2003 「中学受験塾教師の本音座談会 わが子を東大に導く母親の条件」『読売ウイークリー』62(32):26-28

 

 

 

◎経済情報誌等

 

池田 正史 2011 「市場縮小で加速する買収・連携 異業種巻き込み事業も再構築へ」『エコノミスト』89(3):76-78

 

石田 達人 2011 「塾の合格力偏差値の格差拡大 SAPIX、希学園がより高く」『週刊ダイヤモンド』99(25):68-70

 

石田 達人 2010 「塾の合格力偏差値ランキング」『週刊ダイヤモンド』98(47):127-128

 

 

乾 達 2007 「ベネッセ、学研、ナガセ…… 進学塾を取り込むM&A活発化」『エコノミスト』85(36):81

 

入沢 将二 2008 「レポート&インタビュー 学習塾戦国時代の台風の目になった”名門”Z会の胸算用」『経済界』43(14):54-55

 

 

大滝 俊一, 堀越 千代, 小田 公美子  2010 「受験に勝つ! 本当に強い塾・予備校」『週刊東洋経済』(6250):36-61

 

小川 敦行, 三枡 慶 2002 「ゆとり教育で激変する学習塾経営の現場」『週刊ダイヤモンド』90(33):44-53

 

小倉 祥男 2002 「お父さんにもわかる 学習塾の選び方」『週刊ダイヤモンド』90(33):52:

 

柿沼 昌芳 2010 「学校の日常が法の裁きを受けるとき(178):進学塾を途中で辞める”とき”」『月刊生徒指導』40(12):70-73

 

風間 立信 2012 「講師は「パソコン」にお任せ 脱サラ・未経験で開業する学習塾」『エコノミスト』 90(3):4211:

 

小林 弘典 2015 「受験産業 塾・予備校業界で再編進む 引き金は大学入試制度改革」『エコノミスト』 93(26):44-45

 

経済界 2012 「路地裏発業界リポート〈第4回〉学習塾」『経済界』47(23):980:

 

経済界 2012 「過酷な競争を生き抜く学習塾勝ち組の決め手」『経済界』47(15):22-25

 

経済界 2012 「個別指導トップに聞く」『経済界』47(15):32-35

 

経済界 2012 「集団指導トップに聞く」『経済界』47(15):26-29

 

経済界 2010 「リソー教育・岩佐実次会長が乱戦模様の学習塾業界に問う”いいM&Aと悪いM&A”」『経済界』:45(13):(922)

 

経済界 2008 「学習塾戦国時代の台風の目になった“名門”Z会の胸算用」『経済界』43(1)4:(875)

 

経済界 2007 「リソー教育(岩佐実次社長):誰も真似できない完全個別指導とネットTV指導でオンリーワン事業を展開」『経済界』42(7):36-38

 

経済界 2007 「早稲田アカデミー(須野田誠社長):難関校への高い合格実績を背景に、公立中学へ”プロ講師”の派遣も」『経済界』42(7):30-32

 

経済界 2007 「「ゆとり教育」が追い風となって首都圏の中学受験がヒートアップし、学習塾産業が急拡大へ」『経済界』42(7):27-29

 

経済界 2003 「少子化による事業環境の悪化で各社は生き残り策を必死に模索」『経済界』38(24):27-29

 

財界 2014 「資金調達 学習塾大手・リソー教育が売上高を水増しする粉飾決算」『財界』 62(6):1548

 

財界 1996 「景気停滞,少子化のなかで生き残りをかけた競争激化 学習塾ビジネス大選別時代 (財界レポート)」『財界』44(25):70-73

 

財界展望 2006 「偏差値で教育界を制覇した”私設文部省”―大手予備校 次の情報戦略」『財界展望』50(9):616:154-157

 

実業界 1999 「特集 教育産業の実態(学習塾)」『 実業界』(844):20-26

 

実業界 1999 「名門「四谷大塚」経営危機で表面化する学習塾業界の知られざる裏側」『実業界』(844):20-23

 

実業界 1997 「学育社と第一教研の合併に見る学習塾産業“戦国時代”の実態」『実業界』(825):112-115

 

実業界 1990 「2つの日能研が火花を散らす!マンモス塾「日能研」を躍進させた不思議な”トロイカ構造”」『実業界』(844):24-26

 

渋井 哲也 2007 学習塾選び「大手と小規模」どちらが有利?」『Zaiten』51(9):22-25

 

清水 克久 2007 「特集 「学習塾」戦国時代!―勝ち残りの決め手は個別指導とM&A」『経済界』42(7):26-39

 

清水 克久 2007 「ゆとり教育」が追い風となって首都圏の中学受験がヒートアップし,学習塾産業が急拡大へ」『経済界』42(7):27-29

 

週刊ダイヤモンド 2013 「”明るく楽しい競争”で合格実績を上げ「日本一の学習塾」を目指す」『週刊ダイヤモンド』2013年3月1日別冊

 

週刊ダイヤモンド 2012 「SAPIX、四谷大塚、浜学園…… 小1から始まる中学受験準備」『週刊ダイヤモンド』 100(44):52-53

 

週刊ダイヤモンド 2012 「「お受験」はこう変わった 目玉は慶應横浜初等部の開校」『週刊ダイヤモンド』 100(44):38-45

 

週刊ダイヤモンド 2012 「特集 受験に勝つ! 学力が上がる! 最強の塾&予備校」『週刊ダイヤモンド』 100(8):30-32

 

週刊ダイヤモンド 2012 「通信添削と学習塾で激突する ベネッセとZ会の2大巨頭」『週刊ダイヤモンド』100(8):58-59

 

週刊ダイヤモンド 2011  「数字で会社を読む 学習塾業界 大手が”勝ち組””負け組”に二極分化 市場縮小で加速する業界再編と淘汰 」『週刊ダイヤモンド』 99(42):108-109

 

週刊ダイヤモンド 2011 「進学塾の合格力を見極める」『週刊ダイヤモンド』99(25):68-73

 

週刊ダイヤモンド 2011 「来年の中学入試はこう変わる 大都市で競争緩和、地方は激化」『週刊ダイヤモンド』99(25):71-73

 

週刊ダイヤモンド 2010 「3年間の塾費用は218万円!」『週刊ダイヤモンド』98(47):129

 

週刊ダイヤモンド 2010 「市場縮小で加速する合従連衡」『週刊ダイヤモンド』98(47):122-126

 

週刊ダイヤモンド 2010 「学習塾、勝ち残りを賭けた最後の戦い 」『週刊ダイヤモンド』98(47):122-129。

 

週刊ダイヤモンド 2010 「「学歴以上」を求める社会と親」『週刊ダイヤモンド』 98(33):126-127

 

週刊ダイヤモンド 2010 特別広告企画(学習塾選び)」週刊ダイヤモンド 98(7):(4316)

 

週刊ダイヤモンド 2006 「Part7 進学塾業界最前線 歴史と特徴から見る進学塾 生存競争の行方と塾選び」『週刊ダイヤモンド』94(38):83-85

 

週刊ダイヤモンド 2002 「ゆとり教育で激変する 学習塾経営の現場」『週刊ダイヤモンド』90(33):44-53

 

週刊ダイヤモンド 2002 「chart お父さんのための わが子に合った塾の選び方『週刊ダイヤモンド』90(33):53

 

週刊ダイヤモンド 2002 「横浜 「絶対評価」が塾の低価格路線に修正迫る」『週刊ダイヤモンド』90(33):51

 

週刊ダイヤモンド 2002 「関西 関西大手塾 苛烈な講師育成法の実態」『週刊ダイヤモンド』90(33):50

 

週刊ダイヤモンド 2002 「”質”の勝負で起こる 個別指導塾の優勝劣敗」『週刊ダイヤモンド』90(33):48-49

 

週刊ダイヤモンド 2002 「ゆとり教育で問われる 集団指導塾の戦略」『週刊ダイヤモンド』90(33):46-47

 

週刊ダイヤモンド 2002 「学習内容削減で父母の不安が増大」『週刊ダイヤモンド 90(33):44-45

 

週刊ダイヤモンド 1999 「『教育費節約』で収益圧迫 明暗分けた学習塾17社」『週刊ダイヤモンド 87(43):12-14

 

週刊ダイヤモンド 1997 「〈起業人〉渡辺弘毅(明光ネットワ-クジャパン):個別指導学習塾のFC事業を開拓」『週刊ダイヤモンド』85(37):106-107

 

週刊東洋経済 2010 「講習無料,授業料値下げ… 生徒集めに必死の地方塾」『週刊東洋経済』(6250):82-83

 

週刊東洋経済 2010 「長時間勤務でも低賃金,塾講師の知られざる実情」『週刊東洋経済』6250:79-81

 

週刊東洋経済  2010 「業界再編の核に浮上するZ会,ナガセ,ベネッセ」『週刊東洋経済』(6250):76-78

 

週刊東洋経済 2009 「受験準備編 正しい知識で適切な塾選び」『週刊東洋経済』(6208):58-71

 

週刊東洋経済 2007 「激戦!塾ビジネス」『週刊東洋経済』(6088):80-91

 

週刊東洋経済 2002 「塾と受験、どうする?どう考えてる? 迷い戸惑う親と子の本音」『週刊東洋経済』(5775):26-27

 

鈴木 豪, 田原 寛 2010 「特集 進学塾より注目される 「生きる力」を伸ばす塾」『週刊ダイヤモンド』98(33):126-135

 

武田 順 2007 「ベテラン講師がホンネでアドバイス 選んじゃいけないこんな塾」『週刊東洋経済』6088:90-91

 

武田 順 2006 「子どものタイプ別受験塾完全ガイド コース別 合格までのロードマップ、首都圏三大塾を解剖する〕」『週刊東洋経済』(6030):74-77

 

竹本 昌史 2009 「経済の新しい風 経済新潮流 地域再生の現場を行く(第81回) 学力向上へ公営の学習塾 未来を担う人材を養成(福島県川内村)」『経済界』44(17):108-109

 

竹本 昌史 2007 「地域再生の現場を行く(第150回):保育市場に企業進出相次ぐ。女性の社会進出を支援(保険、私鉄、学習塾など)」『経済界』47(14):102-103

 

田原 一矢 2001 「縮小スパイラルに入った受験産業 キーワードは個別指導と対象の発掘」『エコノミスト』臨増:152-153

 

永田 稔 1998 「『脱学歴』で危機の学習塾」『アエラ』11(41),25-28

 

永野 稔 1998 「少子化、不況、エリート凋落「脱学歴」で危機の学習塾」『アエラ』10月12日号:25-28

 

日経ビジネス 1998 「競争激化,淘汰始まる予備校・学習塾―少子化・不況で生徒激減、サービス向上に生き残りかける」『日経ビジネス』(964):164-167

 

日経ビジネスAssocie 2009 「教育●通信教育から学習塾へシフト」『日経ビジネスAssocie』8(20):192:

 

日経ビジネスAssocie 2003 「BB-WAVEコラム 競争激化の学習塾業界で躍進 リソー教育グループの展望とは」『日経ビジネスassocie』2(17):121-123

 

早川 和廣 2006 「文部省教育の隙間をついた―代々木ゼミナール もう一つの教育史」『財界展望』50(9),616:144-149

 

張谷 幸一 2013 「株式観測 少子化でも教育費は増加傾向、成長企業が多い学習塾市場」『週刊東洋経済』6473:

 

藤原 和博 2012 「21世紀の教育と学習塾業界 成熟社会で求められる情報編集力を教育できる学習塾が生き残る」『経済界』47(15):36-39

 

フランクル, ピーター 「学習塾と部活動を禁止して子供たちの負担を減らそう」『週刊ダイヤモンド』88(1):104-105

 

堀内 裕之 1996 「特集教育産業の実態(学習塾)」『実業界』844:20-26

 

本間 康幸, 清水 克久, 村上 雅之 2003 「大競争時代の学習塾 『爛熟』から『乱塾』へ突入した学習塾業界 」『経済界』 38(24):26-41

 

松島 勝人 2010 「縮小する塾・予備校産業 来年度から成長に転じる可能性も」『エコノミスト 』88(16):72-73

 

村田 晋一郎 2012 「過酷な競争を生き抜く学習塾勝ち組の決め手」『経済界』47(15):22-25

 

結城 忠 2010 「学者が斬る〈486〉学校と学習塾の二重構造が問う現代の教育問題」『エコノミスト』88(68):4145:

 

吉田 典史 2012 「路地裏発 業界レポート(第4回):学習塾」『経済界』47(23):56-57

 

吉田 正志, 高梁 由里, 山崎 豪敏, 松崎 泰弘, 広瀬 泰行 2002 「塾の大研究」『週刊東洋経済』 (5775):24-43

 

渡辺 臣史 2006 「駿台・河合塾・代ゼミ三つ巴の陣取り合戦―予備校戦国時代は終結せず」『財界展望』50(9),616:150-153

 

 

◎論壇誌、オピニオン誌等

 

伊藤 悟 1984 「肥大化する「偏差値信仰」―選別教育は克服できるか」『月刊社会党』(344):20-31

 

小川 義男 2015 「教育再生への提言 学習塾の異常興隆の意味するもの」『祖国と青年』 (444):19-24

 

加藤 武彦 1977 「乱塾時代と公教育―ヨーロッパには存在しない学習塾をめぐって」『自由』19(7):127-131

 

片岡 伸行 2015 「市進「51歳雇い止め」無効判決に見る講師の過酷な労働実態 高まる学習塾業界のブラック度」『金曜日』23(32):42-43

 

教育問題研究会 1999 「全国有名100校「生き残る進学塾」「消える予備校」」『現代』33(6):164-175

 

窪田 一美 1984 「塾に依存の教育現状―教育制度より内容の改革が先決」『月刊社会党』 (344):62-69

 

現代 1999 「全国有名100校「生き残る進学塾」「消える予備校」」『現代』33(6):164-175

 

佐藤 治彦 1997 「四谷大塚,日能研,SAPIXの興亡史―進学塾”御三家”の少子化生き残り作戦」『現代』31(6):124-131

 

末永 節子 1984 「塾で逼迫する生活費」『月刊社会党』(344):70-74

 

鈴木 裕次 1977 「「学習塾110番」ただ今奮戦中」『潮』(216):318-325

 

田村 裕子 1986 「塾産業繁栄の陰に……」『文化評論』(304):176-184,新日本出版社

 

鶴井 通真 1975 「「数量をあつかう国語」として(学習塾ルポ)」『朝日ジャーナル』 17(54):33-38

 

西川 俊作 1977 「学習塾の経済学」『諸君』9(2):42-52

 

畑山 博 1977 「1000万人の学習塾狂騒曲」『文芸春秋』55(2):182-19

 

畑山 博 1974 「当世学習塾員処世気質」『潮』(181):144-153

 

前屋 毅 2015 「本当の教育をとりもどす! 学校と学習塾の関係を変えているものの正体」『世界』(869):246-253

 

前屋 毅 2005 「だから学習塾に行く(上)」『論座』(123):116-123

 

前屋 毅 2005 「だから学習塾に行く(下)」『論座』(124):208-215

 

西川 俊作 1977 「学習塾の経済学」『諸君』 9(2):42-52

 

畑山 博 1977 「1000万人の学習塾狂騒曲」『文芸春秋』55(2):182-198

 

八杉 晴実 1984 「塾の増加で問われる公教育―教育改革を回避する塾依存の風潮」『月刊社会党』(344):32-41

 

 

◎その他の雑誌

 

青木 正一 2006 「事例で学ぶ現場改善(第43回)学習塾チェーンB社のコスト削減」『ロジスティクス・ビジネス』6(5):60-62

 

新井 栄三, 荒川 創太 2013「賃金・人事処遇制度と運用実態をめぐる新たな潮流〈第1回〉明光義塾の正社員教室長1名体制による運営―教育サービス業界の特性を踏まえた人事労務管理―明光ネットワークジャパン」『ビジネス・レーバー・トレンド』2013年12月号:58-64

 

荒井 邦彦 2005 「学習塾の事業再生型M&A事例―スポンサーによる事業支援を伴う営業譲渡」『事業再生と債権管理』18(4):122-125

 

アントレ 2013 「2014年狙い目フランチャイズ大予測 コンビニ、学習塾、海外からの上陸組も 独立・開業“実感”ワークショップ現場リポート」『アントレ』17(69):

 

伊藤 恭, 渡邉 弘毅 2009 「新フランチャイズの旗手たち(第11回) 明光義塾(学習塾)」『商業界』62(9):770:128-131

 

伊藤 恭 2006 「学習塾―ゆとり教育の追い風一段落も、高い利益率は魅力的 加盟は先生の採用、教育システムを見て決めよ (分野別FC(フランチャイズチェーン) 最新動向(第1回)学習塾&ペット関連ショップ)―(PART1 学習塾)」『商業界』59(12):112-116

 

岩間 雅史 2008 「少子化で競争激化する中、生き残りを図る学習塾業界」『SERIまんすり』 46(2): 14-17,静岡経済研究所

 

小佐野 匠 2007 「業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」(第30回)学習塾業界 少子化でついに再編が始まった」『MARR』(147):52-55

 

小野寺 正 1997 「団体は挑戦する/社団法人全国学習塾協会」『中小企業と組合』52(9):34-38

 

小畑 史子 2012 「授業評価アンケート等に基づく勤務成績不良を理由とする解雇が有効であるとして学習塾講師からの雇用契約上の地位確認および未払い賃金支払請求が退けられた事例」『労働基準』64(1):751:24-29

 

カレッジマネジメント 2004 「民の経営に学ぶ 明光義塾(明光ネットワークジャパン) 集団指導が当然の学習塾に個別指導を持ち込む」『カレッジマネジメント』22(6):26-29

 

黒須 靖史 2007 「伸びる企業」はどこが違うか!?―業種・業態別 優良企業を見極めるための着眼点(第9回):学習塾」『近代セールス』52(3):50-52

 

公正取引情報 2011 「消費者庁、学習塾経営3社に景表法に基づく措置命令―パンフレットやチラシなどで大学別合格者数を水増し表示」『公正取引情報』(2277):1-5

 

崎谷 武彦 1986 「選別・淘汰の時代を迎える学習塾産業(ビジネスレポ-ト)」『月刊中小企業』38(7):56-58

 

品川芳宣 2014 「最新判決研究 塾講師等に支払う報酬の『給与所得』の該当性」『週刊T & A master』 (563):16-25,ロータス21

 

清水 俊彦 2009 「学習塾の校長及び校長代理であった原告らが、労働基準法四一条二)に規定する管理監督者には当たらないとされた事例」『判例時報』 2056) (2009年12月21日):

 

下川 和男 2002 「有名中学進学塾専任講師過労死事件―日能研関西・酒井事件―」『民主法律』(249):116-121

 

SERIまんすり 1999 「「少子化・ゆとり教育」に揺れる学習塾業界―ニーズを捉える経営センスと教育センスのバランスがカギ」『SERIまんすり』(434):12-16

 

北山 雅史 2005 「インタビュー 学習塾を基盤に教育ビジネスの新たな時代を切り拓く 事業はみんなの夢を実現させるためのステージづくり―株式会社栄光代表取締役社長 北山雅史氏」『ぶぎんレポート』(84):2-5

 

経営教育総合研究所 2013 「業種別 融資先の将来性はこう分析する! 第10回 学習塾業界 地域の教育事情に密着」『近代セールス』58(13):80-83

 

Juku journal  2013 「特集 中学受験に隠された入試の本質」『Juku journal』20(1):109:31-50

 

商業界 2011 「学習塾 ゆとり教育の見直しで市場規模が増大」『商業界』64(1):789

 

田中 敬文 1998 「投資としての教育を考える」『経済セミナー』1月号

 

高城 修三 2011 「苦情相談 特定継続的役務提供の中途解約に応じない学習塾」『月刊国民生活』,43

 

冨田 耕二 2001 「日本の”実力企業”探訪(22)人から人への教育で学習塾をFC展開((株)関塾)」『商工ジャーナル』27(1):52-54

 

内外教育 2003 「調査3 受験対応で存在感増す「塾の先生」―ベネッセ教育総研が中学生にアンケート調査」『内外教育』(5356):10-11

 

並里 真奈生 2009 「学習塾の税務と経営改善指導」『税理』52(11):218-225

 

野口 恵三 2004 「判例に学ぶ(386):進学塾と受講生との受講契約等において、中途解約を制限し、かつ受講料等の返還は一切認めないとする特約は有効か(平成15.11.10東京地裁判決)」『NBL』商事法務(785):72-75

 

西川 立一 2001 「レギュラーチェーンVSフランチャイズチェーン(徹底比較)押し寄せる少子化と競争激化で多角化に活路見出すFC学習塾」『フランジャ』4:60-63

 

日経ベンチャー 1997 「逆風はね返す寺小屋方式の学習塾―明光ネットワークジャパン」『日経ベンチャー』(155):56-58

 

ビジネスチャンス 2013 「学習塾(スクールIE・英会話のウィンビー・Kids Duo)」『ビジネスチャンス』23(12):(254)

 

ビジネスチャンス 2011 「学習塾」『ビジネスチャンス』21(8):(242)

 

ビジネスチャンス 2011 「定番!学習塾FC最前線」『ビジネスチャンス』21(4):(238)

 

ビジネスチャンス 2010 「競争激化の学習塾業界の行方」『ビジネスチャンス』20(4):(226)

 

ビジネスチャンス 2010 「注目業種解体新書」『ビジネスチャンス』20(5),227:36-39

 

ビジネスチャンス 2010 「少子化、不況で成長止まらない学習塾FC王者の加盟店組織術 渡邉弘毅〈明光ネットワークジャパン代表取締役社長〉」『ビジネスチャンス』20(2)224:

 

ビジネスチャンス 2009 「ココが狙い目〈2〉学習塾」『ビジネスチャンス』19(12):222:

 

ビジネスチャンス 2009 「学習塾」『ビジネスチャンス』19(7):217:

 

ひろばユニオン 2006 「過労死に倒れた人々(第145回) 異例の抜擢 重責下の過酷勤務―39歳進学塾講師」『ひろばユニオン』(530):58-61

 

古田 信也 2002 「特別インタビュー 「やる気」を育てる一流進学塾 講師の技術(後編):難関中学・高校受験の早稲田アカデミーに聞く―古田信也さん(株式会社 早稲田アカデミー 取締役副本部長兼教務部 部長)」『企業と人材』35(785):38-46

 

Verdad  2012 「栄光HD内紛で塾業界再編か:少子化、経済不況で様変わりするお受験戦争」『Verdad』18(9):12-13

 

ベルダ 2008 「経済 業界最前線―学習塾業界 少子化で市場は収縮、吹き荒れるM&Aの嵐―唯一の成長分野は「中学受験」」『ベルダ』14(3):16-19

 

MARR  2015 「業界動向 M&Aでみる日本の産業新地図(第123回):学習塾・予備校業界 ナガセ、学研HD、ベネッセHDが業界M&Aをリード」『MARR』(247):64-70

 

MARR  2002 「業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」(第61回)学習塾業界 縮小するパイの中で本格化するM&A」『MARR』(184):44-47

 

マンスリー・レビュー 2006 「産業トピックス サービスの多様化が進む学習塾業界」『マンスリー・レビュー』 2006年6月号

 

三浦 紀章 2006 「ペット関連ショップ―いまだ個人事業主中心の業界 システム化されたFCに大きな商機あり! (分野別FC(フランチャイズチェーン) 最新動向(第1回) 学習塾&ペット関連ショップ)」『商業界』59(12):120-123

 

宮崎 建則 2002 「特集関連インタビュー 「やる気」を育てる一流進学塾 講師の技術(前編):難関中学・高校受験の早稲田アカデミーに聞く―宮崎建則さん(早稲田アカデミー つつじヶ丘校 校長)」『企業と人材』35(784):39-46

 

宮田 貞夫 2005 「学習塾のモデル利益計画書」『税理』 48(13):145-155,ぎょうせい

 

渡邉 弘毅 2010 「明光ネットワークジャパン 渡邉弘毅社長」『ビジネスチャンス』 20(8):(230):

 

村上 繁夫 2000 「M学習塾における業績連動型賞与の実際」『月刊人事労務』12(9):(139):12-16,日本人事労務研究所

 

渡辺 咲子 2007 「刑事法よろず相談室(第30回):学習塾の契約をめぐる諸問題」『警察公論』62(6):76-82

 

渡邉 弘毅 2002 「編集長インタビュー 「学習塾事業を核に”ベンチャー企業集団”を作りたい」明光ネットワークジャパン社長 渡渡邉 弘毅, 波多野 陽子」『フランジャ』 2(2):36-39

 

渡邉 弘毅 1999「日本を変えるニユーパワー フランチャイズ方式の個別指導型学習塾―「明光義塾」のブランドで全国ネットのFCを展開」『産業新潮』48(5):36-38

 

 

(ivy 松村)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。