Is there a will ?

今日は、私立高校の併願推薦の合格発表がありました。

 

無事合格を果たしました。おめでとうございます。

しかし、これは通過点ですので、「本番」に向けて気を引きしめていきましょう。

 

 

帰り際に「危機感」の話をしました。

 

「入試」の基準は、厳然として「合格点」にのみあります。

 

「自分基準」で「自分はがんばっている」と自分をなぐさめようとしても、そんなものは無意味です。

 

足りないのであれば、取り組みの量や質を上げていくしかないのです。

「合格点」に必要な努力を積み上げなければなりません。

そのための話をしているのです。

 

しかし、実は、私が一番いいたいのは「点の取り方」や「受験勉強」についてではありません。

「意志の所在」についてです。

 

今日話したことについて、よく考えてください。

 

 

Where there’s a will, there’s a way.

 

 

(ivy 松村)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。