都立高校推薦入試について➀

間もなく、都立高校の推薦入試がはじまります。

 

都立高校推薦入試について調べたことや感じたことを書きます。

 

まずは、私が気になっている高校の推薦入試の「配点」です。

 

 

 

高校名 調査書 集団討論

個人面接

小論文

作文

  計

 評定1あたり

日比谷 450 300 150 900 10
西 360 240 300 900 8.0
国立 500 300 200 1000 11.1
戸山 400 200 200 800 8.9
青山 450 150 300 900 10.0
八王子東 500 200 300 1000 11.1
立川 500 200 300 1000 11.1
新宿 400 200 200 800 8.9
国分寺 400 200 200 800 8.9
大泉 450 250 200 900 10.0
富士 450 200 250 900 10.0
小山台 450 200 250 900 10.0
三田 300 150 150 600 6.7
町田 450 225 225 900 10.0
武蔵野北 450 225 225 900 10.0
小金井北 500 250 250 1000 11.1
調布北 500 250 250 1000 11.1
日野台 450 225 225 900 10.0
南平 450 225 225 900 10.0
昭和 450 300 150 900 10.0
日野 600 300 300 1200 13.3
松が谷 500 300 200 1000 11.1

 

 

 

高校によって「合計点」や「配点」にばらつきがあります。

 

調査書の点数は、全体の50パーセントを越えないことになっています。

推薦入試という制度の「意義」をかんがみれば、高校側が調査書を重視するの理解できます。

ほとんどの高校が上限の「5割」を調査書の点数に設定しています。

 

唯一、西高が4割に設定しています。

西高は、推薦入試において、人物評価に重きをおいているといえるでしょう。

 

 

調査書の点数の「満点」を450点に設定している高校が多くあります。

この場合、9教科の評定の最高値は45なので、受験生が持っている「内申点」の合計を単純に10倍した数字が調査書の点数となります。

 

三田高校は、調査書の「満点」を300点に設定しています。

評定1あたりの得点は、「6.7」となります。

 

多くの学校が調査書の「満点」を400から500に設定していますから、ここに挙げた中では、三田はもっとも評定による「差」がつきにくい推薦入試を行っていることになります。

 

一方、日野高校は、調査書の点数の「満点」を600点に設定していますから、三田高校の2倍の「差」がつくことになります。

 

 

 

集団討論・個人面接の得点と作文/小論文の得点の設定や「配点」も、高校によって違います。

多くの学校がそれぞれを1:1に設定していますが、日比谷のように、2:1に設定している高校もあります。

おそらく、集団討論150点、個人面接150点となっているのでしょう。

 

 

それにしても、日比谷の推薦入試は、やはり興味深いものがあります。

集団討論・面接の「配点」が高いので、「ここ」を文字どおり「完璧」に仕上げてくる受験生がいます。

 

日比谷高校の昨年の推薦入試の受験者の男女合計は245人ですが、そのうちの27人が、集団討論・面接で285〜300点を取っています。

彼らは「満点」となる300点の95%以上の得点を獲得したのだということになります。

 

これは、他の高校のデータを見渡しても、比類なき突出した数字です。

なんといっても、日比谷の採点が「甘い」はずはないでしょうからから、やはり、それだけのものを発揮できる受験生が集まっているのでしょう。

 

当然、自己PRカードは入念に、綿密に推敲したでしょうし、日比谷高校がリリースする情報は隈なくチェックしているでしょう。

考え得る限りの対策を行って挑んだに違いありません。

 

 

(ivy 松村)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。