afterward

平成28年度の受験が、終了しました。

 

受験生全員の進学先が決まりました。

 

都立高校を受験する生徒がいないのは初めてのことなので、何か落ち着かない気分です。

 

 

本年度の中3は、「スポーツ校」への進学と、私立の付属高へのチャレンジを中心としたクラスでした。

 

 

この一年は、忘れがたいものになりました。

 

 

時には、強く注意しました。

容赦なく大量の課題をつきつけました。

 

 

ある生徒に、「自分は受け入れられるはずだ、という甘えを捨てなさい」と言ったことがあります。

自分でも、厳しい言葉だと思いました。

 

まっすぐに受け止め、自分を変えていこうとする実直な態度は、本当に立派でした。

 

力を出し切ることができた、と報告してくれるその顔には、すがすがしいまぶしさがありました。

 

 

 

有数の、私立付属校の合格を得ながら、「進学校」に進む決意をした生徒がいます。

 

その心に秘めた「覚悟」を思い、胸が、しめつけられました。

 

 

「全力」という言葉そのままに、持てる力の全てを注ぎ込んで、遥かな「高み」を目指しました。

 

この半年間の経験が、その「意志」を湧き上がらせたのだとしたら。

 

私は、自分がこの世に存在する意味を確信することができます。

 

 

 

「受験」の幕が下り、果たして、私たちの「緊密な日々」に終わりがおとずれます。

 

 

ひとりひとりが、進むべき道を定めました。

 

全員が、「目的」を持って高校に進みます。胸を張って進んでください。

 

 

 

ずっと応援しています。

 

 

 

(ivy 松村)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。