→新年度

新年度の授業がはじまっています。

 

中学生は、最初の授業で、新しい学年の「勉強のしかた」について話をしています。

 

 

新中1の生徒は、授業時間が夕方から、「夜」の時間になりました。

また、1つの教科を2時間勉強するようになります。

 

中学部では、ノートとルーズリーフを併用して、勉強をしていきます。

3月は、問題の解き方、板書の写し方、復習のし方を身につけていく時期です。

 

小学生の授業とは勉強のやり方が変わりますが、少しずつ慣れていきましょう。

 

 

 

新中2も学年が上がって、「勉強の手順」がレベルアップします。

 

授業でも言いましたが、わからない、知らないことを前提として問題を解くことが「スタート」となるような演習時間が増えていきます。

正解することが「目的」なのではなく、間違って、それを「直すため」に問題を解くわけです。

 

大切なのは「復習」です。

復習のしかたをかなり細かく説明しています。

続けていくようにしてください。

 

 

 

新中3は、「受験」へ向けた勉強が本格化していきます。

 

課題や宿題の量が一気に増えます。

 

また、「できているかどうか」だけではなく、指示された通りに作業を行っているか、指定された時間内に終わらせているか、というような勉強の「型」について、今まで以上に厳しくチェックしていきます。

近年の入試では、「正確さとスピード」が求められる傾向が、一層強くなってきているからです。

 

気合を入れてついて来てください。

 

 

 

新中2、新中3は、「定期テストレポート」を提出してください。

また、定期テストの平均点と得点分布のデータを一度校舎に持ってくるようにしてください。

 

 

 

各学年、いい形で新年度のスタートが切れたように思いますが、安定しない天気が心配です。

また、花粉症に苦しめられる季節でもあります。

 

くれぐれも体調に気を付けてお過ごしください。

 

 

では、また次回の授業で。

 

 

(ivy 松村)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。