積極的に行きましょう

新年度がスタートして、2週間がたちました。

 

 

小学生の生徒たちには、まちがうことを恐れないように、恥ずかしがらないように、という話をしています。

 

 

進学コースの小6の生徒たちには、先週と今週に、「作文」の宿題を出しました。

 

すばらしかったです。

 

最初の「作文」では、少しおかしなところがあるほうが、面白味が出るものだ、という話をしていて、それも少しは期待していたのですが、完成された「作品」を作ってきてくれました。

 

なかなかの「世界観」があらわれていて、引き込まれました。

 

今週の作文も、いいものが書けていました。

 

 

ちょっと、もったいないと思うのは、きみたちが恥ずかしがってしまうことです。

自信を持って、どんどん積極的に「自分」を出していきましょう。

 

 

まちがえたり、失敗したりすることを恐れずに、いろいろなチャレンジをしてください。

 

 

「まちがえたり、失敗したりするために塾に来ている」と思うくらいの方がいいのです。

 

いつも、なんでも、完璧にできる人だったら、塾に来て勉強する必要もなくなってしまいます。

 

知らなかったところ、わからなかったところ、覚えていなかったところを直して、わかるようになる、できるようになるために塾にくるのです。

 

 

でも、「まちがえる気、満々」で塾に来るのはだめですよ。

 

 

(ivy 松村)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。