春期講習4日目

本日で、新中1の春期講習が終わりました。

 

おつかれさまでした。

 

次回は、4月6日(水)からの通常授業です。

翌日の4月7日(木)が入学式ですね。

 

いよいよ、本格的に「中学生活」がスタートします。

いっしょにがんばっていきましょう。

 

 

さて、春期講習では、新中1の生徒たちは「文法」と格闘していました。

文を「文節」と「単語」に分ける練習をみっちり行いましたが、かなり苦戦しましたね。

 

 

文を「単語」に分けるときには、一度文節に句切り、そこから、「付属語」を囲っていきます。

 

「た」「て」「う(よう)」「ます」「ば」「ない」などを「クリン」とするのでしたね。

 

 

「活用語」から「付属語」を分離するときに、活用している部分を取り除いてしまわないように注意しましょう。

 

 

静かだろ「う」

静かだっ「た」

静かで / ある

静かに / なる

静かな / とき

静かなら「ば」

 

 

「形容動詞」と「名詞」では、分離のしかたが違うので、注意しましょう。

 

 

コップ「だろ」「う」

コップ「だっ」「た」

コップ「で」 / ある

コップ「に」 / なる

コップ「なら」「ば」

 

 

 

かなりたくさん間違ってしまいましたが、それほど気にしなくても大丈夫です。

言葉を「分解できる」ということを確認することが、最初のステップです。

 

 

これから、主語・述語・修飾語・接続語・・・などの「文の成分」の勉強や、名詞・動詞・形容詞・・・などの「単語の分類」の勉強をしていきます。

 

そのなかで、文節や単語の「性質」や「特徴」がわかってくれば、自然と句切ったり分離したりできるようになります。

 

 

 

4月からも、奥深い「言葉の世界」を探っていきましょう。

 

 

(ivy 松村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。