1学期の中間テスト

中学部の生徒には、定期テスト対策のワークのご案内を差し上げています。

 

まだ、お申し込みは受付けておりますが、この時期、教材の出版社や取扱店はとても忙しく、タイミングによっては、発送が遅れてしまうこともあるのだそうです。

 

中間テストが迫っている人は、早めに申込書を提出するようにお願いします。

 

 

加住中、平山中、七生中、日野一中は、連休があけるとすぐに中間テストです。

 

もう、テストに向けて勉強を始める時期になっています。

 

「まだ、授業が進んでいないから」という理由でテスト勉強に取り組むことを渋っている人は、また、「同じ過ち」を繰り返すことになるでしょう。

 

「勉強時間が足りなかった」という「いいわけ」には、そろそろ引退してもらいたいと思っているのですが(擬人法)。

 

 

授業が進んでいくのを待つ必要はありません。

マラソンランナーは、後続の選手が自分に追いつくのを待つようなことはしません。

どんどん先に進んで、「貯金」を作ってください。

 

「予習」の仕方や「先取り」の勉強の仕方がわからない人には、やり方を教えます。

 

 

 

中3の生徒にとっては、1学期の中間テストはもう「本番」です。

 

「勘違い」している人は、「2学期になったらがんばろう」と思うわけです。

頑張る時期を「先延ばし」して、頑張る「量」を少なくしたいと考えるわけです。

都合のいい妄想にとらわれて、「2学期にすごく頑張れば、先生もその分評価してくれるはず!」という甘くて薄っぺらい期待をするわけです。

 

一応いっておきますが、普通の中3生はみんな2学期に勉強します。頑張らない人の方が珍しいくらいです。「2学期頑張る」などということは、何の変哲もない普通のことです。

 

 

日野市や八王子市の中学では、高校入試に用いられる「内申点」を、1学期と2学期の成績をもとにして出します。

 

それは、あと「4回」の定期テストで「内申点」が決定するということを意味しています。

 

つまり、1学期の中間、1学期の期末、2学期の中間、2学期の期末の合計点によって、自分の「受験校」が決められるということです。

 

まともに思考すればすぐに理解できると思いますが、1学期につまずいてしまったら、もう、取り返しはできません。

 

 

4つの定期テストで、平均90点以上の生徒に「5」を付けるという方針の先生がいるとします。

そうすると、4回で、合計360点以上を取る必要があるわけです。

 

もし、1学期の中間で80点を取ってしまったら、残りのテストで280点以上が必要になります。そうなると、残りの3回は、平均94点を目指さなければなりません。

 

 

ごく普通に想像がつくと思いますが、1学期の期末や2学期の中間、2学期の期末テストは、1学期の中間よりも難しい試験になります。

 

1学期の中間で点を取り損ねてしまったら、さらに難しい試験で、さらに高い点を取らなければならなくなります。

 

もっとも試験範囲がせまく、もっとも点数の取りやすい1学期の中間テストで、より多くの点数を確保しておく必要があるのです。

 

 

危機感と緊張感を持って準備していきましょう。

 

 

(ivy 松村)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。