英語の教科書の確認(と「Hero」の歌詞)

日野市では、英語の教科書は引き続き「NEW CROWN」が採択されています。

 

 

「NEW CROWN 3」

 

旧版と同じトピックを多く扱っていますが、同一の文章を使っているのは数ページだけですので、全体の変更箇所は非常に多かったといえます。印象では7、8割ぐらいの変更があったように感じます。

(あまり変更がみられなかった「TOTAL ENGLISH」とは対照的でした。)

 

旧版では8回あった「Lesson」が7回になっています。

そのうち、5つが同じ題材の「Lesson」になっていますが、内容はほとんど差し替えられています。

 

「Lesson 1 My Favorite Words」

・・・スキットの一部が変更されていますが、「Read」は同一です。

 

「Lesson 3 Rakugo Goes Overseas」

・・・題材は同じですが、全面的に書き換えられています。

 

「Lesson 4 The story of Sadako」

・・・スキットが大幅に変更されています(「Read」は同一の文章です。)

 

「Lesson 6 I Have a Dream」

・・・題材は同じですが、全面的に書き換えられています。

 

「Lesson 7 English for Me」

・・・タイトルは同一ですが、内容が全面的に書き換えられています。

 

また、旧版の「Lesson7」で扱われた「We Can Change Our World」が、「Let’s read 2」で扱われていますが、文章全体が差し替えられました。

 

その他「Practice」や「Word Bank」(旧「Word Corner」)であつかう表現や単語も増加しています。

 

 

 

※本文に少し変更があった箇所:

 

p6

・「Cool.」→「Great.」

・「It’s perfect for our class.」→「Right. We must help each other. The motto is perfect for our class.」

 

p36

「This building was destroyed in August 1945.」

→「This building was destroyed in 1945.」

 

「The Dome also reminds us of the importance of peace.」

→「The Dome also expresses us the hope for peace. We should remember importance of peace.」

 

 

その他の変更点など:

 

p22

・「What’s matter?」→「What’s wrong?」

・「Let’s go to the nurse.」→「You should go to the nurse. I’ll take you.」

 

p48

「I’ll take this chocolate cake.」「Very good. Anything else.」「Yes, please. Would  you add this card to the box?」

→「I’ll take this cake.」「All right. shall I wrap it for you?」「Yes, please. It’s for a birthday party.」

 

 

 

「英語の歌」は、旧版では「Take me home, country road」「Imagine」が紹介されていましたが、新版では「Heal the world」「Change the world」「You Raise Me up」が取り上げられています。マイケル・ジャクソン、エリック・クラプトン、シークレット・ガーデンですね。

90年代以降のロック、ポップスを大胆に取り上げていますね。

 

 

 

「TOTAL ENGLISH 3」

 

 

八王子では、英語の教科書の採択に変更がありました。

2年生、3年生は引き続き「TOTAL ENGLISH」を使用しますが、1年生は「ONE WORLD」を使用することになっています。

 

「TOTAL ENGLISH」は、この度の改訂で、旧版よりも情報量が増えたので、敬遠されたのでしょうか。八王子市は、比較的「易しい」内容の英語の教科書を採択したいという意向があるのかもしれません。

 

 

新版では、これまで2ページに分けて書かれていたスキットや文章を1ページにまとめ、その分、「Activities」などの演習のページを増やしています。さらに全体も20ページ増えました。

 

旧版にくらべて「分量」が30パーセントほど増えているように感じます。

 

しかし、本文は旧版とほとんど同じなので、全体の構成の7、8割は変わっていない印象です。

 

旧版に準拠した「ワーク」なども、引き続き活用できそうです。

 

スキットなどに大きな変更があったのは、「Lesson 3」と「Lesson 6」です。

 

 

旧版の「Lesson 3」は「E-mails from the U.S. and India」というタイトルでしたが、新版は「E-mails from Alaska and India」となっています。

 

後半の「India」の部分は変わりませんが、前半の「3A」と「3B」が全面的に変更されています。

 

「Lesson 6」は、タイトルやテーマは同じですが「3A」に変更がありました。

 

 

その他、p15、p43、p61、p89の「Review 2」の「Reading」文章が差し替えられています。

 

また、p86「Chapter 3 Project」の「大切な人について書いてみよう」が、「尊敬する人についてスピーチをしよう」に変更されています。

 

 

 

※本文に少し変更があった箇所:

 

p6

「I like sleeping more than eating breakfast.」→「I want to sleep more than eat breakfast.」

 

「I eat ham, eggs, salad and bread with butter.」(追加)

 

p32

「Yes, here you are.」「They’re a little big for me.」

→「Yes, here you are.」「Thanks. Oh, they’re a little big for me.」

 

p33

「Please show me this watch.」「Sure.」「How much is it?」

→「Please show me this watch.」「Sure.」「Thanks. How much is it?」

 

p39

「I’m in India now. “When in Rome. do as the Romans do.”」

→「I’m in India now. “When in Rome. do as the Romans do.” Right?

 

p83

「It is interesting to know such difference between language.」

→「It is useful to know such difference between language.」

 

 

 

「英語の歌」は旧版と変わらず、「We are the world」「If we hold on together」「Hero」が取り上げられています。チャリティソングとダイアナ・ロス、マライア・キャリーですね。

 

 

 

ところで、「Hero」は、アメリカで非常に人気のある曲です。

その曲名になっている「hero」という言葉は、アメリカ人の気質やアメリカ文化を象徴するものであるといえるかもしれません。

アメリカ人は、信念をもって困難を乗り越えようとする人間、犠牲的精神をもって社会に貢献しようとする人間、行動で人々を奮い立たせようとする人間に対して「熱狂的な敬意」を抱きます。

 

この曲は、一聴、待ち望んだ「hero」が、いつか自分の前に現れるのだということを主題としているように思えます。

 

 

でも、「Hero」の歌詞をよく読んでみると、この歌にはもっと深い意味が込められていることに気づきます。

 

「本当のheroは、あなた自身の中にいる」と歌っているんですね。

 

 

最後の部分をわかりやすく訳してみました。

 

 

  :

Lord knows

Dreams are hard to follow

 

But don’t let anyone

Tear them away

 

Hold on

There will be tomorrow

 

In time

You’ll find the way

 

 

And then a hero comes along

With the strength to carry on

 

And you cast your fears aside

And you know you can survive

 

So when you feel like hope is gone

Look inside you and be strong

 

And you’ll finally see the truth

That a hero lies in you

  :

確かに

夢を追いかけるのは大変なこと

 

でも、その夢を

打ち砕かせてはいけない

 

あきらめないで

明日はあるのだから

 

時がくれば

あなたの道が拓けるはず

 

 

やがて、heroは姿を現す

不屈の強さを携えて

 

恐れることはない

あなたは、最後までやり遂げることができる人

 

だから、希望が見えなくても

自分を強く持って、自分自身を見つめて

 

そうすれば、真実に気づくはず

heroは、あなた自身だということに

 

 

(ivy 松村)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。