国語の教科書の確認

改訂された国語を確認しています。

 

 

日野市は、本年度以降も光村図書の国語の教科書を採択していますが、八王子市は教育出版に変更されました。

 

 

教育出版の教科書を、今、少しずつ読んでいるところなのですが、やはり国語の教科書は面白いですね。

 

 

さて、光村図書の国語の教科書は、長年掲載され続けている「定番」の文章と、改訂ごとに差し替えられる文章があります。

 

 

中1の教科書を見てみましょう。

 

※引き続き掲載されている文章:

 

・「ダイコンは大きな根?」

・「ちょっと立ち止まて」

・「星の花が降るころに」

・「大人になれなかった弟たちに……」

・「いろは歌」

・「蓬莱の玉の枝――『竹取物語』から」

・「今に生きる言葉」

・「少年の日の思い出」

 

 

※差換えになった文章

 

 

旧版(なくなった文章) 新版(新しく掲載された文章)
ノンフィクション  ― 「桜守三題」
 ― 「竹」
「木は旅が好き」 「ぼくがここに」
「詩四編」 「詩の世界」
物語 「にじの見える橋」 「花曇りの向こう」
随筆 「江戸からのメッセージ」 「空を見上げて」
物語 「雪とパイナップル」 「光る地平線」
古文解説 「七夕に思う」 「月に思う」
説明文 ※「流氷と私たちの暮らし」 「幻の魚は生きていた」
詩解説 「はじめての詩」  ―

 

「※」は新版では「資料」として掲載されている作品です。

 

 

 

中2の教科書を見てみましょう。

 

※引き続き掲載されている文章:

 

・「アイスプラネット」

・「枕草子」

・「メディアと上手に付き合うために」

・「言葉の力」

・「盆土産」

・「字のない葉書」

・「君は『最後の晩餐』を知っているか」

・「音読を楽しもう 平家物語」

・「扇の的――『平家物語』から」

・「仁和寺にある法師――『徒然草』から」

・「漢詩の風景」

・「モアイは語る」

・「走れメロス」

 

 

※差換えになった文章

 

 

旧版(なくなった文章) 新版(新しく掲載された文章)
ノンフィクション  ― 「小さな町のラジオ発」
論説文  ― 「科学はあなたの中にある」
 ― 「落葉松」
 ― 「鍵」
「明日」 「見えないだけ」
説明文 「やさしい日本語」 「生物が記録する科学」
短歌 「短歌十二首」 「短歌を味わう」
物語 「旅する絵描き」 「世界で一番の贈り物」
説明文 ※「五重塔はなぜ倒れないか」  ―

 

「※」は新版では「資料」として掲載されている作品です。

 

 

中3の教科書を見てみましょう。

 

※引き続き掲載されている文章:

 

・「握手」

・「月の起源を探る」

・「俳句の可能性」

・「批評の言葉をためる」

・「高瀬舟」

・「挨拶――原爆の写真によせて」

・「故郷」

・「音読を楽しもう 古今和歌集 仮名序」

・「君待つと――万葉・古今和歌集・新古今」

・「夏草――『おくのほそ道』から」

・「わたしを束ねないで」

 

 

※差換えになった文章

 

 

旧版(なくなった文章) 新版(新しく掲載された文章)
情報  ― 「『想いのリレー』に加わろう」
論説  ― 「新聞の社説を比較して読もう」
ノンフィクション  ― 「エルサルバドルの少女 ヘスース」
 ― 「初恋」
「朝焼けの中で」 「春に」
俳句 「俳句十六句」 「俳句を味わう」
論説 「ネット時代のコペルニクス」 「作られた『物語』を超えて」
評論/論説 「聴くということ」 「誰かの代わりに」
漢文 「学びて時にこれを習ふ――『論語』から」  ―
小説 ※「蝉の声」  ―
随筆 ※「アラスカとの出会い」  ―
随筆 ※「温かいスープ」  ―

 

「※」は新版では「資料」として掲載されている作品です。

 

 

「不動」の文学的文章は、やはり外せないので、説明的文章が頻繁に差し替えられます。

 

論説文や説明文は、「時代的な要請」や「流行」もあるので、なかなか「定番化」するのは難しそうです。

 

長年掲載されているのは、中1の「ちょっと立ち止まて」ぐらいでしょうか。

後は、中1の「ダイコンは大きな根?」、中2の「モアイは語る」、中3の「月の起源を探る」が、なじみの文章になりつつありますが。

 

 

構成面での変化は、「ノンフィクション」が掲載されるようになったことと、詩の掲載が増えたことです。

 

 

 

ところで、中2の教科書には「走れメロス」が載っています。

 

以前、「メロス」の「ス」の「ヽ」の部分を執念深く消しゴムでこすって消して、「フ」となった部分を、また根気よく消しゴムで整えて、最後にペンで丁寧になぞって「ン」に書き換えていた生徒がいました。

 

「走れメロン」。

 

 

 

・・・その「センス」はくるおしいほどに大好きですが、教科書を大切に使ってください。

 

 

整然としているもの、規律正しいもの、神妙なもの、静謐なもの、実直なもの、健全なもの、誠実なもの、真面目なものが「苦手」な人間は、そういったものを「汚す」ことで、精神的に落ち着こうとします。

 

教科書やノートやプリントに無意味な線を書きつけたり、だらしない文字を書きなぐったりして、「きちんとしたもの」が汚れると、安心するわけです。

 

プリントなどを整理せずに破いたり、おかしな折り目を付けたり、消しゴムを鉛筆で刺しまくったり、机に文字を彫ったりするのも、同じような幼稚な精神の表れです。

 

 

早く、精神的に成長しましょう。

 

 

 

中学の国語の教科書は、もっとも完成された「教養書」です。

 

これをおろそかに扱うのは、本当にもったいないと思います。

 

 

(ivy 松村)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。