”LET IT GO”について考えてみた

ディズニーのアニメ映画「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go」は本当に素晴らしい楽曲ですね。この歌は精神の開放について歌われています。

 

動画サイトなどで、いろいろな国の言葉でこの曲が歌われているのを聞くことができます。中でも日本語で歌われている松たか子さんは海外でも高く評価されているそうです。

 

インターネットのあるサイトで、この曲の英語の歌詞と日本語の歌詞で内容が違っているのかどうかの議論がなされていて、大変興味深く思いました。私はやはり少し違いがあるように思いました。

 

英語の歌詞は、「開き直り」がモチーフとしてあります。

 

秘密を周りの人々に知られてしまい、絶望の底に落とされてしまいます。そんな、最低の状態で、意識は反転します。

 

「なるようになれ “Let it go”」
「もうこれ以上我慢できない “Can’t hold it back anymore”」
「何を言われても気にしない “I don’t care what they’re going to say”」

 

これより下のないどん底から、独りで立ち上がり、周りを気にせずに生きていこうと決意します。これ以上周りの人々が求める価値やルールに縛られることはないという決心です。
だから、

 

「私は自由だ “I’m free!”」

 

と叫ぶのです。

 

一方、日本語で歌われる「ありのままで」には、「秘密を周りに知られてしまった」という状況の設定がありません。したがって、「自分はもう周りのことを気にしない」という文脈が存在しないのです。

 

日本語の歌詞では、本当の自分を隠さずにあらわすことは素晴らしいのだという自己表現が主題となっています。ですから、ここでいう「自由」は観念的なものになっています。

 

 

 

 

日本語の「ありのままで」のすごさは、まず、何よりも、松たか子さんの歌声にあると思います。
そして、さまざまな制約の中で、生み出された言葉が、より歌の魅力を引き出していることにあるように思います。

 

特に、
“Let it go, let it go”
とうたわれるサビの部分を
「ありの ままで」
とされたところに深い感銘を受けました。

 

英語で歌われるとき、「レット・イット・・・」は音の連結が起こって「レッティ」となります。しかし、「ティ」は「リ」に聞こえると思います。

英語の(t)の発音と(l)の発音は非常に近いのです。両者とも、上前歯の裏(硬口蓋)に舌を付けて発音します。英語で(t)を軽く発音したときに、(l)に近い音になってしまうのです。(water→ワラー、little→リル)

 

また、「イット」の(t)は無音化されます。そのため、「レリ・・・」と聞こえるはずです。「レリ・・・」となったところで、英語話者は“let it”と認識できます。

そして、「ゴー」の母音は(0)ですから、口全体を縦に開いて前に突き出して発音します。→「レリゴー」

 

(ちなみに、英語の発音の連結を「リエゾン」という人がいますが、厳密には誤用です。これはフランス語の発音ルールにおける用語ですが、同様の音の連結はフランス語ではアンシェヌマンと言います。)

 

 

 

エルサが劇中でこの曲を歌う場面で、エルサの口は英語の発音に合わせて動きます。当然、アメリカのオリジナルのフィルムは英語での歌唱にあわせて制作されているからです。

 

しかし、驚くべきことに、日本語の歌が流れても口の動きがシンクロしているのです。
「ありの…」と“let it go…”の口の動きが非常に近いからです。

 

この部分だけではありません。この歌が歌われる場面全体を通して、アニメーションの口の動きに合わせて日本語の歌詞が当てられているのです。もちろん、どうしても合わないところもありますが、ものすごい同調率です。

 

たぶん、歌だけを聞くよりも、この場面の動画を見ながら聞いたほうが、心地よいと感じるはずです。それは、何よりも映像が素晴らしいということもありますが、エルサの口の動きに合わせて言葉が出てくるからです。そしてきっと、多くの人はいっしょに口ずさみたくなるのです。

(ivy 松村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。