「呉音・漢音・唐音」

土日は定期テスト対策を行っています。

明日、6月19日(日)も2時から校舎を開けますので、是非、テスト勉強に使ってください。

 

 

 

八王子の中学の3年生の国語の期末試験で、「呉音・漢音・唐音」が出題されるようです。

 

 

・呉音…奈良時代以前に伝えられた音読み。長江下流域の発音。仏典などに見られる。

・漢音…奈良時代から平安時代に伝えられた音読み。北方地方(隋唐 洛陽・長安)の発音。

・唐音…鎌倉から江戸にかけて伝えられた音読み。

 

気をつけなければならないのは、「唐の時代」(7~10世紀)に日本に伝えられたのは「漢音」であるということです。また、「宋・(元)・明・(清)の時代」に伝えられたのが「唐音」です。

 

つまり、「漢音」は「漢」が滅びた後に日本に伝わった音です。

そして、「唐音」は「唐」が滅びた後に伝わった音です。

 

「名称」と「伝えられた時代の中国王朝」が異なっていることに注意しましょう。

 

 

 

それぞれの音を比べてみましょう。

 

 

 呉音  漢音  唐音
ギョウ コウ アン
行列(ギョウレツ) 行動(コウドウ) 行脚(アンギャ)
キョウ ケイ キン
東京(トウキョウ) 京阪(ケイハン) 南京(ナンキン)
キョウ ケイ キン
経文(キョウモン) 経営(ケイエイ) 看経(カンキン)
ミョウ メイ ミン
明日(ミョウニチ) 明白(メイハク) 明国(ミンコク)
ズ   トウ ジュウ
頭上(ズジョウ) 先頭(セントウ) 饅頭(マンジュウ)
ガイ ウイ
外道(ゲドウ) 外交(ガイコウ) 外郎(ウイロウ)

 

 

 

 

日本人は、「唐音」に非常に特異な印象を受けるでしょう。それは、歴史の中で中国語が激しく変化したからです。言語は、年月とともに変化していきます。

 

※「唐音の例」・・・扇子(センス)、杜撰(ズサン)、提灯(チョウチン)、胡散(ウサン)、椅子(イス)、箪笥(タンス)、普請(フシン)、瓶(ビン)、鈴(リン)。

 

 

 

中国語の発音は、時代や地域によって変化しています。日本に伝わった音が、いつ、どの地域から伝わったかによって、漢字の読み方が違っているのです。

 

少し乱暴な説明が許されるのであれば、「明」という字の中国語の発音が「ミョウ」→「メイ」→「ミン」という変化をしてきたのだということになります。そして、それぞれの発音が、順次日本にもたれされたわけです。

 

 

「明」という字は「現代中国語」の共通語(北京官語、普通語と呼ばれる)では「míng」と発音します。「míng」は、日本人の耳には「ミン」と聞こえます。

つまり、「明」という漢字を「ミン」と読む「唐音」は、「現代中国語」に最も近い音なのです。

 

一方、「ミョウ」という「呉音」は、古代中国語の発音を模写したものです。

 

言ってみれば日本人は、1000年以上前の中国語の発音を維持しているわけです。

 

もちろん、実際には、日本語の発音システムには存在しない要素(声調)があるので、正確な音を模倣しているわけではありませんが。

 

 

 

「唐」の時代より前の中国語の発音は失われています。古代中国語の「発音」は言語学における「謎」のひとつです。

面白いことに、古代の中国語の発音を再現するのに、日本語の音読みが「ヒント」になることがあるのだそうです。

 

言語は、文化の中心地から遠い場所に、古い形式が保存されることがあります。「呉音」や「漢音」は、その一例であるといえます。

 

 

 

中学3年生は、2学期に、学校で「魯迅」(ろじん)という中国の作家の作品、『故郷』を学習します。

その作品は、日野市の教科書(光村図書)では106ページ、八王子市の教科書(教育出版)では162ページに掲載されています。

 

「中国近代文学の偉大な父」である魯迅は、若いころに日本に留学していました。

日本で魯迅を驚かせたことのひとつが「漢字の発音」だったのだそうです。

 

中国ではすでに失われてしまった古い時代の中国語が、まだ、日本で「活きている」ということを知った魯迅は、大きな衝撃を受けたのでした。

 

 

 

何人かに「呉音・漢音・唐音」の説明のプリントを配りました。他にも欲しい人には差し上げるので声をかけてください。

 

(ivy 松村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>