秀吉のこと⑤

秀吉は、関白の「位」を世襲とすることで、豊臣氏の支配体制を継続していこうと考えました。

 

秀吉は、征夷大将軍にはなりませんでした。

 

 

秀吉が「幕府」を開くことができていれば、「豊臣政権」は安泰で、滅ぼされることはなかったと考える人もいるかもしれませんが、それは正しくありません。

 

また、秀吉が農民出身であったために、征夷大将軍になれなかったのだと信じている人もいるかもしれません。しかし、それは「迷信」です。

 

他にも、「源氏」の血統でなければ征夷大将軍になれないのだ、という「俗説」が聞かれることがあります。それもまちがっています。

 

 

まず、歴史上、「源氏」の血統ではないにもかかわらず、征夷大将軍となった人物が何人かいます。

 

また、「平氏」の血統であるとされる織田信長は、朝廷から、征夷大将軍・太政大臣・関白のいずれかの「位」を打診されたということになっています。(これには諸説あって、詳細はわかっていないのですが。)

 

 

 

秀吉は征夷大将軍という「位」に固執しませんでした。

それは、いくつかの理由があったためだと考えられています。

 

 

①足利義昭が存命だったため

②秀吉は「東国」、特に関東に対して強い影響力を持っていなかったため

③関白の方が征夷大将軍よりも「位」が高く、それを得るチャンスが訪れたため

④武家と公家を統合する体制を志向していたため

 

 

 

秀吉の時代には、征夷大将軍を、「天下人の称号」であるとみなす考えはありませんでした。

それは、後世に確立したものです。

 

そもそも、秀吉の時代には、征夷大将軍は足利家が受け継ぐ「地位」であるという認識が、世間に強くありました。

 

 

また、征夷大将軍は、その由来から、「東国」の支配権を確立した武士に与えられるものであるという考えが、強くありました。

 

源頼朝も、足利尊氏も、関東を「根拠地」とする武士の棟梁でした。

 

信長は、武田氏を亡ぼし、北条氏を臣従させて、関東の覇権をほぼ手に入れつつありました。

そのため、征夷大将軍の「要件」を満たしていました。

 

また、後に征夷大将軍となる徳川家康は、名実ともに関東の支配者となりました。

したがって、その「要件」をクリアしています。

 

 

一方、秀吉は、「天下統一」 の「仕上げ」の段階まで、「東国」に強く介入することはありませんでした。

 

 

秀吉の戦い方は、あるときから大きく変わります。

中国攻めの頃から、秀吉は、なるべく軍勢を「戦闘させない」戦い方を好むようになります。

「兵糧攻め」や「水攻め」を多用するようになります。さらに、「調略」が作戦の中心になります。外交交渉や利害調整などによって、敵の陣営を切り崩したり、敵を味方に引き入れたりすることで、城を落としたり支配地域を広げたりするやり方を得意とするようになります。

 

秀吉が、信長の中国方面軍の司令官になって以降、「ガチンコ」の戦をしたのは、明智光秀を討った「山崎の戦い」くらいです。

 

秀吉の「真骨頂」は、「清須会議」で発揮されます。織田家の宿老会議を、「調略」によって、自分に有利にまとめ上げたわけです。

その後、柴田勝家を討った「賤ケ岳合戦」や、家康と戦った「小牧・長久手の戦い」でも、やはり「調略」や包囲戦を戦略の基本としています。

 

 

「小牧・長久手の戦い」で、もし、秀吉が、家康を攻め滅ぼそうと思ったならば、それは十分可能でした。両陣営の戦力差は非常に大きいものでした。

 

しかし、秀吉は、自分の軍勢を消耗させてまで家康を討とうとは考えませんでした。

すでに、天下統一の道筋を見すえていたからでしょう。家康を従えることで、早急に「統一事業」を進めようと考えたわけです。

 

 

その「足跡」を詳細にたどってみると、秀吉の、「合理主義者」としての顔がくっきりと見えてきます。それは、多くの人がイメージする秀吉の「人物像」とは違っているかもしれません。

 

 

後の歴史からみれば、家康を滅ぼさずに関東へ入封させたのは、「失策」だったように思えます。しかし、それは、事後的な分析にしかず、当時の秀吉の行動は、考え得る限りの「最善手」であったということなのでしょう。

 

 

 

「小田原征伐」を行って北条氏を打ち滅ぼし、直接関東を掌握する前に、秀吉は関白となりました。

そして、その関白という位階を媒介として豊臣政権を継承していく体制を、構想したのです。

 

そのため、征夷大将軍にこだわることはなかったのです。

 

 

 

さらに付け加えるならば、秀吉は、その「キャリア」の大半を西日本で過ごしています。

そのため、「東国」よりも、「畿内の政治構造」に、強く意識づけられていたはずです。

 

これは想像ですが、秀吉は、その政策スキームの模範を、足利義満に求めていて、義満が行ったように、武家の政治実権と、朝廷・公家の権威とを直接結び付ける政治体制を確立しようと考えていたのではないか思います。聚楽第は、その象徴だったのかもしれません。

 

 

 

今回は、豊臣秀吉という歴史の重要人物を題材として、様々な事柄を紹介してきました。

何百年もの間、私たちが秀吉に魅了され続けるのは、秀吉の、戦国の世を全力で駆け抜けるその「躍動感」が、私たちを元気づけるからのだろうと思います。

 

そして同時に、その栄達の「はかなさ」が、私たちの心を打つのだと思います。

勝新太郎さんがそう演じたように。

 

 

そう考えると、秀吉の辞世の句には、格別の趣があります。

人間味と情緒にあふれるこの句を知って、また秀吉を好きになる人も多いと思います。

 

 

秀吉の辞世の句:

 

「露と落ち 露と消えにし 我が身かな 難波のことも 夢のまた夢」

 

 

(ivy 松村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。