企業としての予備校を考える

あらためて、代ゼミが予備校運営を撤退する原因となった主なものをまとめてみましょう。

 

・少子化による受験生の減少

・現役志向の受験生が増えたこと

・国公立・理系志向の受験生が増えたこと

・AO入試や推薦入試の枠が広がり、一般入試の受験指導のニーズが減少したこと

 

 

このような社会的、制度的な変化が浪人生の減少をもたらし、浪人生を主なターゲットにする代ゼミの経営を圧迫することになりました。

 

しかし、浪人生が減少しているにもかかわらず、発表されている報道資料などによれば、代ゼミ以外の大手予備校の経営は堅調です。

駿台、河合などの他の予備校が国公立難関大学志望の現役生への受験指導に焦点していく中で、代ゼミは大学受験の潮流から取り残されていました。

代ゼミだけが「一人負け」の状態だったのです。

 

多くの専門家が、受験産業の市場は均衡縮小に向かっていると指摘しています。海外進出への道がなく、国内市場も飽和しています。そのため、現在の受験産業企業の経営戦略は、どうしても「パイ」の奪い合いになります。そのため、直接的、敵対的な競争が起こりやすいのです。

 

 

代ゼミにとっては、人気講師が、直接の競争相手である東進に相次いで移籍したことも痛手でした。

 

東進は全国の中小規模の塾とフランチャイズ契約を結び、「授業」の配信を行っています。講師は動画撮影のための授業を行い、全国の契約教室に通う生徒はパソコン画面で「授業」を受けるのです。

一度撮影をすれば、直接授業を行わなくても、何万人の生徒を教えていることになります。そして、その「授業」は次の年の受験生にも「受講」されるのです。

 

東進の講師は、最低限の授業を行うだけで、より高い報酬を得ることができます。「引き抜き」によって、多くの「名物講師」が東進の「顔」となりました。

 

その結果、講師のキャラクターや個人的な技量を重要視する層の受験生は、代ゼミから東進へ流れました。このようにして、東進は代ゼミを上回るまでに成長を遂げたのです。

 

さらに、現在では大学受験指導をおこなう教育サービス業が多様化しています。それにともなって、大規模教室での受験指導ではなく、面倒見のよい少人数制のクラスや個別指導を求める生徒も増えています。

こうしたニーズのもと、大学受験指導のノウハウが拡散し、高校部を作って高校受験後も生徒の面倒をみる中小学習塾や個人塾も増えました。

 

浪人生が減少してしまったこと加え、代ゼミは、現役生の取り込みに出遅れてしまいました。さらに、受験生が他の予備校・塾に流れてしまったことで、運営が一段と厳しくなっていったのです。

 

 

ただ、代ゼミには潤沢な資産があります。それを生かした「企業」としての生き残りの戦略があるのでしょう。代ゼミだけではありません。他の大手予備校も、1980年代後半から90年代の初めにかけて、巨額の利益を手にしています。

 

ある大手予備校関係の知り合いに聞いたことがあるのですが、にわかには信じられない、とんでもない額の資金がプールされているそうです(まあ、噂話の類かもしれませんが)。また、金融機関と組んで資産の運用も行っているはずですから、河合や駿台などもよっぽどのことがないかぎり、今日明日に倒産というようなことにはならないでしょう。

 

代ゼミの予備校事業縮小は、企業としての現実的な決断にすぎません。また、不動産業に転身するとしても、それは企業としての合理的な判断です。

 

にもかかわらず、どうして残念な気持ちになってしまうのでしょう。私も寂しさを感じてしまいました。端的にいえば、多くの人が「ショック」を受けたわけです。

もちろん、代ゼミに通ったことが、青春の思い出として刻印されている人にとっては、ある種の喪失感がもたらされる出来事であったでしょう。

しかし、寂しさは、そうしたノスタルジーではなく、失望に近いものがあるように思います。多くの方のコメントなどからも名状しがたい、何か鬱屈した「もやもや」を感じてしまいます。

 

もしかしたら、代ゼミのニュースが「ショック」だったのは、経済効率的な考え方が見え透いてしまって、教育機関としての幻想がはがれ落ち、あまりにも赤裸々に企業的側面が見えてしまったからかもしれません。

 

(ivy 松村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。