ミスを防ぐ意識

今週、中1、中3の月例テストが実施されました。中2は来週行われる予定です。

今週末から来週の頭にかけて各中学校の中間テストがあります。

その後はまた、10月の月例テストです。

 

受験学年の中3生はさらに毎月vもぎを受け、そのうえ、月2回ほどのペースで入試演習特訓があります。ほぼ毎週何かしらのテストを受けることになります。

これからはテストが生活の中心になっていきます。

 

 

テストの「受け方」について考えてみましょう。

 

テストとは、制限時間内で設問に対して解答し、その合計点を出すものです。

 

出題者は、対象となる人物がどれくらいの力があるのかを試し、受検者(受験者)は、一般的には、合格点や目標の点数を獲得することを目指して取り組みます。

 

入試では、他の受験生とその点数を競うことになります。

 

なるべく多く得点を取ることが求められているわけですが、高得点を取るためには2つの要素が必要です。すなわち、正確に答えを記入すること、そして、たくさん正解すること、です。

 

 

当然のことながら、正しい答えを、求められている形式で解答しなければ点数にはなりません。

 

計算ミスは不正解になります。

小数点を付け忘れる、通分をし忘れる、単位量の間違い…など、すべて失点につながります。

 

解答欄を間違えたり、解答の形式を間違えたりすれば、得点を逃すことになります。

 

記号で記入するべき問題の答えを語句で記入しても、もちろん、得点は入りません。

ア.of

イ.at

ウ.to

エ.in

という選択肢の答えを「of」と答えてしまうような場合です。

 

「ひらがなで答えなさい」「漢数字で答えなさい」といった指示を守らなければ、正解にはなりません。

 

誤字や、綴り字の間違い、判読できない文字は正解とはみなされないでしょう。

高校入試で出題される漢字の設問に、特に「楷書で書きなさい」と指示されることがあります。それは、点画をつなげて書くと×にする、という意味に取れます。

 

また、文法や語法のルールに反した言葉遣いを用いれば、その答えは×になるでしょう。

 

厳密な国語のテストにおける採点基準に照らせば、記述解答の文末に句点を付け忘れると、「-1」になります。ですから、授業ではいつもしつこく、しつこく指摘します。

いつまでたっても直らない人、このブログ、見てますか?

 

 

人間は、わかっていても間違えることがあります。ミスや勘違いなどをして、得られるはずの点数を取り逃してしまった経験は、誰もが持つものでしょう。

 

時とともにそれを克服していく人がいる一方で、いつまでも「うっかり」を続ける人がいます。意識の差が、得点の差となるのです。

 

昔、テスト後に、「うっかりミス」をしてしまった生徒で、「あぁ~、しまった~!!」となぜか嬉しそうにニヤニヤしながら大声でアピールしている人がいました。今でもそのような人はいるものなのでしょうか。

四重に恥ずかしいので止めましょう。

 

1.答えられる問題をミスしたことの恥ずかしさ

2.その恥を周囲に知らしめるという、不可解な行動をドヤ顔でとる恥ずかしさ

3.反省できない、軽薄な人間性を周りに知られてしまう恥ずかしさ

4.それが恥ずかしいことだと気付いていない恥ずかしさ

 

 

「うっかりミス」をしてしまったときには、静かに、しかし、心の中では激しく反省し、二度としないことを心に刻みましょう。

 

「おっちょこちょい」は「人間的な魅力」だと勘違いしている人がたまにいますが、勉強や仕事において、それは「悪」でしかありません。失敗を笑って済ませる人間が、信用されるはずがありません。

100%なくすことは難しいものですが、「ミス」は憎むべきものであり、根絶しようと努力すべきものです。

 

実際の入試で、極度の緊張を経験する人もいると思います。

ミスが出やすい状況です。

 

 

「うっかりミス」で人生を棒に振っても、笑っているのですか?

 

(ivy 松村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。