Silence makes you stronger.

昨日、今日と試験勉強のために教室を開放しました。

 

昨日は1つの教室に数セットの机といすを運び込んで、自習室は「満員」状態でした。

 

中1から高3まで、幅広い学年の生徒が一か所で、それぞれの勉強に取り組んだわけです。

 

 

冷房がしっかり効いていたので、「暑苦しい」ということはなかったはずですが、「息苦しい」という気分になった人は少なからずいたみたいです。

 

 

昨日も自習時間の終わりに言いましたが、「あの感じ」を、私は「理想的な自習」だと思っています。

 

 

勉強時間に、「自由に話さない」、「自由に立ち歩かない」というのは、当たり前のことですね。

 

 

自習を始めて、時間が経ってくると、誰かに話しかけたり、何か理由をつけて教室の外に出てうろうろしたりしたくなる人がいます。

 

時間をかけて、1つのことに意識を向けて時間を過ごすことができないのです。

 

そういう人は、「自由に話せない」「自由に立ち歩けない」という状況になると、イライラしてしまうわけです。

 

 

精神と認知能力が未熟なので、「正しい判断」ができません。

 

「勉強に集中できない」のは、「周りのせい」だと思うわけです。

 

 

周りが静かだから、勉強ができない?

 

 

正常な思考能力をもった人間であれば、誰もしゃべらず、誰も立ちあるかない静かな空間は、勉強に適していると考えるはずです。

 

 

「静かな空間で勉強ができない」のは、個性でも性格でも何でもなく、ただ、その人が未熟な人間であるというだけのことです。

 

(ついでにいうと、さらに幼稚な人間は、すぐに「不満」を口にします。自分の不快な気持ちを周りにまき散らして、「自分だけ」気分を晴らそうとするわけです。)

 

 

 

誰かが教室に入ってくる度に、じぃ~と、相手の顔を見る人がいます。

 

驚いたり、笑ったりする「材料」を探しているのです。

沈黙を破る「何か」を見つけようと、全神経を注ぎ込んでいるわけです。

 

勉強時間に、「声を発する理由」を物色しているわけです。

 

生徒のみなさんも、自習室に入ったときに、顔をじぃ~と見られることがあっても、完全に無視してくださいね。

 

 

その「残念な人」は、悪気なく、あなたの勉強の邪魔をしようとしています。

 

 

 

「静かな空間」で勉強すると疲れてしまう人は、「体質」を変えていかなければなりません。

 

意識を勉強だけに向けることが苦手なので、「意識を勉強だけに向けられる状況」になると疲れてしまうわけです。

 

1時間で終えられるはずの勉強に3時間かかります。

 

窓の外を眺めたり、文房具を分解したり、「余計な線」をノートに書きつけたり、シャーペンの芯を替えるのにたっぷりと時間をかけたり、ぼんやりと妄想にふけったりしながら、ダラダラと時間かけてやっているわけです。

 

 

まともに思考すれば、1時間でできるものを3時間かけて行うのは愚かなことだと理解できるはずです。

 

 

でも、1時間で終わらせよう、とは思わないわけですね。

 

なぜなら、「疲れるから」です。

 

とにかく、何よりも、勉強で疲れるのがイヤでイヤでしかたがないわけです。

 

 

 

「まっとうな人間」は、意識を勉強だけに向けて取り組めば、「普段」の3倍の勉強量をこなせるという「事実」に着目します。

 

だから、意識を勉強だけに向ける時間を、伸ばしていこうとします。

 

そして、徐々に、長い時間「勉強」しても、疲れない「体質」になっていくわけです。

 

 

 

「勉強の耐性」が重要だと、以前からずっといい続けています。

 

 

自習室でしゃべっていて注意された人、それから、「自習時間」に何度も何度も水を飲んだり、明らかに不自然なタイミングで頻繁にトイレに行ったり、すぐに必要なわけでもないのに問題集を探しにきたり、わざわざコピーをしにきたりして注意された人。

 

 

どうしても、話さなければならない「理由」はないのです。

どうしても、教室を出なければならない「理由」もないのです。

 

 

すべて、「休憩時間」や「帰る前」にできることなのです。

 

 

ただ、勉強し続けることを「我慢できていない」だけなのです。

まったくどうでもいいことを、「勉強を中断する理由」に仕立て上げているだけなのです。

 

 

 

どうか「理解」してください。

 

なだめたりすかしたり、手取り足取り、こんこんと、一から十まで世話を焼き、相手をしてやらなければ試験勉強しないような人間になってほしくないのです。

 

 

 

5月の後半、高校の中間試験があった時期、卒業した高校生たちが毎日毎日、入れ替わり立ち替わり自習に来ていました。

 

みんな、ふらっとやって来て、教室の片隅でカリカリカリカリと3、4時間ほど勉強して、お礼を言って帰っていきます。

 

その姿を見て、 掛け値なく、本当にうれしい気持ちになります。

 

 

 

(ivy 松村)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。