You Storm, blow away the blues you’ve got today !

今日は「高校入試演習特訓講座」の第二回目でした。

中3の皆さんはお疲れ様でした。

 

思ったように点が取れずに悔しい思いをした人、全く太刀打ちできず心が折れそうになった人もいると思います。

 

今日は難関校の入試問題を解きましたが、今の時点で皆さんがかなり苦戦をすることは織り込み済みで企画しました。

 

私たちは凡人ですから、未来に、成果を得るためには、こうした経験が必要なのです。

 

 

解説では、この時期にはまだ点数を取れなくてもいい、という話はしませんでした。

それよりも、もっと点数が取れたはずだという話をしました。

 

点が取れなかったのは、難しい問題だったからではなく、正しい筋道で考えていなかったり、読解や思考の過程につまずきがあったり、記述に不備があったりしたからだということを丹念に伝えたつもりです。

 

そのようなミスを責めることはしません。しかし、皆さんは、ミスは恐ろしいものだと自覚してもらいたいと思っています。

 

学校の定期テストが終わり、本格的に入試に向けた取り組みをはじめる時期になったのです。ですから、今までのように笑ってミスを矮小化している場合ではなくなったのです。

 

まだまだ試験慣れしていない皆さんは、うまく時間配分できなかったり、問題のヒントに気づくことができなかったり、それこそ、解答の仕方を知らずに間違ったりしてしまいます。

 

 

まずは、今日の「ミス」をしっかりと受け止め、次に活かすようにしてください。

 

勝負のときまでに、弱点や欠点を洗いざらい見つけ出し、修正していきましょう。

 

そして、十分な力をつけて本番に挑めるように、皆さんを支えていきます。

 

次は、会心の点数を取れるように、いっしょにがんばろう!

(ivy 松村)