the nostalgia of the hide-and-seek

最近、以前の教え子と話す機会が多くなりました。

 

 

先週も、小学生の時に教えていた生徒がわざわざ訪ねてきてくれました。

懐かしい話ばかりしてしまって、今のこと、今後のことについては少し話しただけになってしまいました。

 

何か、相談があれば、きっと来てください。

私たちには、「できること」と「できないこと」がありますが、もしかしたら、求めている何かが、私たちに「できること」かも知れません。

 

どちらにしても、この場所は、必要とされる人に開放されています。

遠慮なく、話しにきてください。

 

 

 

 

今日は、八王子東の3年生になった元教え子の子たちが来てくれました。

 

「国立大学を目指そう」、という話をしました。

ちょっと、補足をしておきます。

 

実は、私はこの数年間、大学に通っていました。

幅広い分野の学問を学び直したり、今まで取得していなかった資格を取ったりしながら、塾で働いていたのです。

 

 

その中で、改めて思い直したのは、国公立大学の「価値」についてです。

日本の大学に進学するなら、国公立大学に行くべきです。

 

特に、官立大学の流れをくむ名門の国立大学を目指すべきです。

こうした大学群では、本流の学問を学ぶことができます。(私立大学で学ぶ「意義」はまた別のところにあります。)

 

 

本物の学問に触れる経験が、その後の人生をどれだけ豊かにすることか、言葉を尽くすことができません。

 

もちろん、きみたちにとって、大学進学と、その後の人生の展望は、密接なものであるはずです。

 

現代の日本の社会制度のもとでは、「大学」と就職は切り離せないものになっています。

就職や資格は、大学進学のための大きな目的となっているといえます。

 

しかし、それならば、なおのこと、人生が最も凝縮された青春の時期に、学問の深淵を覗くことに意味があるのです。

 

 

 

多くの人が忘れていますが、実は、「受験勉強」は学問の「準備」なのです。

大学で扱われる「知」と向き合えるだけの器量を養うためものなのです。

 

 

入試は、本来「学ぶ権利」を得るための関門なのです。

 

 

 

これからの一年、きみたちは、大変な時間を過ごすでしょう。

その間、私の言葉など、忘れてください。

 

「学ぶ権利」を得た後で、何となく思い出してくれるだけで、うれしいです。

 

 

応援しています。がんばってください。

 

 

 (ivy 松村)

I was talking about CHALLENGE.

今日の授業の最後に、少しシリアスな話をしました。

みんな真剣に聞いてくれていたので、私の思いは伝わったのだと思っています。

 

要約すると「やらない人は、置いて行かれてしまう」という話でした。

 

授業の中で言ったように、今のクラスには、学力差があります。

そのなかで、なるべく、全員が力を伸ばしていけるような授業を考えています。

しかし、ただ「座りに来ている」人の成績をあげることは、どんな教師にも不可能なことなのです。

 

 

勉強ができない、ということは本質的な問題ではありません。

「勉強と向き合わない」ということが問題なのです。

 

単語テストの告知をしていたにもかかわらず、準備していませんでした。

宿題をやらずに授業に出ていました。

説明した通りにノートをとっていませんでした。

集中を切らして、問題に取り組まず、ボーとしていました。

 

このような人たちのために、一から全部説明します。

それもまた聞いていないのだとしたら、空しすぎます。

 

 

一生懸命取り組んで、それでもできない、と悔し涙を流している人のために、どれほどの時間を費やしても惜しいとは思いません。

 

できるようになってやる、という向上心のない人のために使う時間は、かなしいほどに無意味です。

 

 

何度も言いますが、勘違いしないでください。

「できない」のが悪いのではありません。

 

人間には個性があって、得意不得意があります。

勉強が苦手な人もたくさんいます。

 

苦手でいいのです。

 

いっしょに挑戦しましょう。

 

(ivy 松村)