なぜ、勉強するのか

「学校の勉強が人生の役に立つのか」、という疑問に答えます。

かなり、真面目に答えます。

 

 

まず、「役に立つ」ということが、生きるうえで利益につながる、とか、有利になるという意味ならば、学校の勉強を通して習う知識が「役に立つ」ことはほとんどありません。

 

そもそも、「全員」の人生にとって同じように「役に立つ」ものなど、世の中にはほとんどないのです。

全ての人にとって共通して有意なことを、中学校で教えることはできません。

 

例えば、会社員になる人、教師になる人、医師になる人・・・それぞれの仕事に必要な技術や知識は同一ではありません。

ですから、職業上で「役に立つ」ものは、もっと後々になって、企業研修や職業訓練によって身につけるのが一般的です。

 

 

 

では、「役に立つ」ことのないものを、なぜ、学ばなければならないのでしょう。

 

 

 

勉強は、生活のための「情報」ではありません。

 

自分という人間を形作る「資源」です。

 

世界と、社会と、人間と、自分を深く理解し、自分の価値や生き方を定めるための土台となるものなのです。

 

 

「 いい仕事につくために勉強するのだ」という考えもやはりずれています。

 

私たちは、恵まれた人生を歩むために学ぶのではありません。

 

より深みのある人生を送るために学ぶのです。

 

 

勉強を将来への「投資」であると考える人もいます。

大枠では間違っていません。

しかし、短絡的に、勉強を「人よりもましな人生を送るための手段」であると割り切ってしまうと、勉強はただの「苦行」になってしまいます。

 

具体的な「夢」に向けて、必要なものとして取り組むのではなく、将来の「就職」のためだけに勉強をしている人をみると、つらそうですよね。

そのような考えにとらわれてしまうと、「関係のないこと」をひたすら覚えさせられているとしか思えなくなるのです。

 

 

 

「どんなきれいごとを言おうと、結局は、勉強は就職のためにするものだ」

 

という考えかたしかできない人も、世の中にはいます。

 

思想は自由ですから、そう思っていればいいと思いますが、多くの人が直感するように、その感性は貧しく、知性に乏しいため、簡単にそのような言葉を口にする人は、人間的に低レベルであると思われてしまいます。

 

具体的な内容でしかものごとに意味づけができず、抽象的な思考によってものごとの価値や本質に迫ることができない、「深み」のない人間であることをさらけ出してしまっているからです。

 

たぶん、その程度の頭脳しか持てない人は、企業も評価しないと思いますが。

望みどおりの就職ができるのでしょうか。

就職できたとしても、会社内で評価されるような仕事ができるのでしょうか。

 

 

 

勉強は、「得」をするための行いではありません。

 

損得で考えてしまうと、「得」になるのがずいぶん先のことなので、よほど苦痛になってしまいます。

 

 

勉強は、自分という人間を形作るために行うものです。

 

 

単語の一語一語、漢字の一字一字、公式のひとつひとつ・・・たとえ、未来にさっぱり忘れ去ったとしても、それぞれが、見えないところで「自分」を構成する要素となっていくのです。

 

それは、画家の描く絵の一筆のようなものだといえるのかもしれません。

 

丹念に、時間をかけて、一筆一筆、根気をもって色を重ねていきます。

下書きや最初の構図は、何十にも重ねられた絵具の下にうずめられて、見えなくなっていきます。

でも、その一筆は、絵にとって必要な要素なのです。

画家は、長い長い時間をかけて、キャンバスに絵具を塗りつけていきます。

 

やがて、ひとつの作品が完成するのです。

 

 

 (ivy 松村)

Let’s get together for studying !

毎週火曜日と土曜日は「勉強会」を開催しています。

本日は、学校の授業に対応した「勉強会」を行いました。

 

5月の連休明けに、すぐ中間テストが行われる学校もあります。

今のうちから計画的に学習するように伝えています。

 

今日は、なぜか、中間テストのない学校の生徒が多く来ました。

 

 

 

中2の生徒は、中学校の英語のテキストの精読と解説を行いました。

塾ですでに学習した過去形の内容ですので、文法的な説明を省くことができました。

「NEW CROWN」にそって、語彙や意味の取り方を中心に勉強しました。

「How can I get to ~?」などの質問や答え方や、「get on /get off」「take」などの使い方を説明しました。

 

「get」はいろいろな使われ方をしますね。

わかったり、できるようになったりすることも「get」で表せます。

 

その他、学校の授業の進め方などを確認して、今後どう勉強を進めていくのかを確認しました。

より高い評定を得るために、どういった取り組みが必要で、「効果的」なのかという話をしました。

 

今日英語を勉強しにきたのは中間テストのない学校の生徒でした。

定期テストまで2カ月の期間があります。

今日から「期末テスト」に向けての対策をスタートさせたわけですが、気を抜かずにしっかりと取り組んでいきましょう。

 

 

 

苦手な数学の克服に取り組んでいた生徒もいました。

「数学が苦手」といいますが、数学との「相性」が悪いわけではありません。

何らかのきっかけによって、数学を受け入れる余裕が失せてしまっているのです。

 

けんかをしてしまった友達と、仲直りをしなければならない状況に似ているかもしれません。

 

「勇気」が必要だと思います。

 

関係を取り戻すためには、相手に突き放されてしまうことを覚悟して、それでも相手を受け入れようと決意し、行動しなければなりません。

間違っても、わからなくても、苦痛でも、数学という教科の存在を認めてあげてください。

誠実な態度によって、かたくなな人の心が開かれていくように、地道な努力によって、数学に親しめるようになるのです。

 

まず、「時間がかかる」という認識を持つことが大切かもしれません。すぐに、「やっぱり嫌だ」という結論を出さないこと。

継続して、数学に取り組んでいきましょう。

 

 

 

中1の生徒たちは、歴史について学びました。

まだ、ほとんど学校では授業が行われていません。

今日は、先取りで4大文明と縄文時代までの内容を講義しました。

 

覚えることがたくさんあって、うんざりしますよね。

どうして、川の名前なんかを覚えなければいけないのか、と思ってしまいます。

 

「ナイル川」という言葉を覚えても、生活するうえで得することなどありません。

 

しかし、「ナイル川」は、「知的世界」へのひとつの入口なのです。

 

「ナイル川」は人類最古の文明の一つであるエジプト文明を生み出しました。

大河が、文明の条件となるのは、農耕を可能にするからです。

川は、植物の生育を促す栄養分を下流に運びます。

雨季によって、水量が増え、洪水が起こり、栄養分が土地にいきわたり、農作物を育てるのです。

洪水の時期を正確に知るために暦(太陽暦)が発達します。

計画的な農業がおこなわれるようになり、みんなで協力して、大規模な農耕を行うために、リーダーが現れます。

貯蔵可能な穀物は、所有の対象になり、「富」になります。

「富」が蓄えられるようになって、「貧富の差」が生まれます。

「富」をたくさん持つことができた人と、そうでない人が出てくるからです。

「富」をめぐって争いが起こり、戦争に発展します。

戦争のために、さらに、強い権力を持ったリーダーが求められます。

こうして、人類の歴史に「王」が登場するのです。

「王」は、権力を使って、自分の墓であるピラミッドを作ったのです。

 

 

知識を広げて、いろいろなことがらと結びつけて、関心を深めながら勉強していくと、「社会科」は、どんどん「面白く」なっていきます。

 

 

 

今後、火曜日、土曜日はできる限り「勉強会」に参加することを勧めます。

参加は自由ですが、前もって相談してもらえると、学習計画が立てやすくなります。

 

それ以外にも、土日に勉強時間が取れない中3生は水曜日に、中2生は金曜日にできる限り自習に来るようにしてください。

 

 

テスト範囲がわからないからまだ勉強を始めなくていい、と考えないように。

テストの1週間前からテスト勉強を始めることがゆるされるのは、一握りの優秀な生徒だけです。

私たち凡人は、「計画性」と「継続性」で彼らに対抗するしかないのです。

彼らのマネをしないように。

 

 

一学期が終わった後で、「勉強する時間がなかった」という言い訳を絶対にしないでください。

それを言われたら、本気で怒ります。

思わず、「Get out !」と言ってしまうかもしれません。 (また「get」を使ってしまう。)

 

 

(ivy 松村)