都立中「適性検査」作文指導の例

小6都立中受検コースで勉強している生徒は、何度も作文を書き直します。

生徒と「議論」をして、構成や内容を煮詰めた後に、作文の書き直しをスタートさせます。

なぜその部分を直さなければならないのか、を説明し、どう直すのか、を問いかけます。

そして、書き直しの際にも、必ず作文の「枠組み」を作ってから書き始めるように指示しています。

 

「完成形」が出来上がったら、次のテーマの作文に取り組むことができます。

 

 

今日は第Ⅲ期の最終日でしたが、短期間でずいぶんと上達しましたね。

これからが楽しみです。

 

 

 

あまりにも素晴らしいので、生徒の承諾を得て、ちょっとだけ、作文の取り組みをご紹介したいと思います。

 

以下は、適性検査の模試を受けた後の「作文」の直しの事例です。

 

 

 

その「作文」の問題は、仕事に関する2つの文章を読んだうえで、「将来働くときに心がけておきたいこと」について書くというものでした。

 

問には、

 

(1)「日々の生活の中で、働いた経験を具体的に書く」

(2)「そのときどのようなことを心がけていたのかを書く」

(3)「(1)(2)をふまえて、将来働くときに心がけておきたいことにどう生かしていくかを書く」

 

という「条件」が設けられていました。

 

 

まず、最初に書いた作文です。

 

 

 

ぼくは学校の委員会活動で全クラスのせん風機の掃除をたのまれました。

 

ぼくがそのとき心がけていたのは、自分たちのクラスじゃないせん風機を掃除するので、全校にかかわる大事な仕事だから、ていねいにやろうと心がけました。また昨年は自分たちが掃除したせん風機じゃないせん風機を取り付けたクラスのみんなが、お礼を言いに聞てくれたのですが、自分たちが掃除したせん風機のクラスからは、文句を言われたので今年は昨年のお礼をしに来てくれたクラスのせん風機よりもきれいにしようと思いました。そしてぼくたちが掃除したクラスのみんながお礼を言いにきてくれてうれしかったです。

 

ぼくが将来働くときには、日本や世界に関わる仕事になってくるので、一回目からどうすればいようになり文句を言われないようになるか考えうまくいったことは続けうまくいかなかったことを直し働くことをよりよいものにしていきたいです。

 

 

 

 

「適性検査」として、制限時間を設けて入試形式の作文を書いたのは、これが2度目です。

 

最初の段落が一文だけになっているのは、条件(1)(2)(3)をそれぞれ段落として構成させようという意図によるものです。

その考えは間違っていません。授業でも、そのように指導しています。

 

ただ、作文を書きなれていないことと、緊張によるあせりから、不自然な「配分」になってしまいました。また、誤字や誤文も目立ちます。

 

実は、これは全国模試だったのですが、この生徒の「作文」の答案は、印象よりも高得点がつけられました。その偏差値は60を超えています。率直にいえば、採点には疑問点もありますが、条件に忠実にしたがって書いたことが高評価につながったといえるでしょう。

 

 

今の時期は、誤字や誤文、主語述語の対応、句読点などの間違いを厳しく指導しません。もちろん、間違いを指摘して正しい表現に直させますが、「絶対にミスをするな」というようなことは言いません。

 

少し想像力を働かせればわかりますが、作文指導で重要なのは「誤字」の根絶ではありません。作文の「上達」にとって重要なのは、「ミスをしないこと」ではなく、「ミスを恐れずにトライすること」です。生徒たちは、さまざまな文章表現に挑戦し、表現の可能性を広げていくことを通して、「日本語の文章」というものを理解していくのです。

 

 

 

まず、構成の見直しから始めます。

 

1段落.「働いた経験」

2段落.「どのようなことを心がけたのか」

3段落.「将来働くときに心がけておきたいこと」

 

 

上のような段落構成を確認し、「経験」の内容と定義を説明しました。

 

「経験」の段落にはいくつかの「ルール」が設定されていますが、最も重要なのは、「事実」以外を書きこまないということです。これは、文章全体の構成を整えるうえでも重要です。また、文章の「筋道」をぶれないようにする効果もあります。

意見や考えは別の段落で展開します。

 

優れた随筆の多くは、上記のような構成になっています。国語の参考書にも書いてある内容ですね。

 

実は、「体験作文」=「随筆」です。そのことに気づいていない指導者があまりにも多いのは残念ですね。

 

 

 

さて、「書き直し」です。

 

まず、第1段落に、「どのように掃除をしたのか」を詳しく書くことにします。

 

すると、洗剤を使わずに掃除をした、ということを書くべきだということがわかりました。

さらに、なぜそのように掃除をしたのかもあわせて書くようにしました。

また、終わったときの心情も書くようにしました

 

 

第2段落で述べる「心がけていたこと」について、内容の変更を検討します。

 

「文句を言われないように」という内容をあらためることにしました。

「なんのために掃除をするのか」ということを考え直し、「みんなのため」という動機がみえてきました。

 

第3段落では、具体的な将来像と「心がけていきたいこと」を結び付けて書くようにします。

 

 

 

ぼくは環境委員会で全クラスの扇風機の掃除を行いました。どうやってやったかというとスポンジに水をつけてこすり洗いました。なぜ洗剤を使わなかったかというと環境のことを考えたり、洗剤を使うと泡が立ってしまい流すまでどのくらいきれいになっているかわからないけど、水でぬらすと扇風機がどんどんきれいになっているのが分かり達成感があることと気持ちがすっきりしました。

 

このとき心がけていたことは洗剤を使った方がよく落ちるけど環境のことを考えて時間がかかるけど終わったときの達成感が洗剤を使ったときよりも大きいから全校のみんなのために頑張ろうという強い気持ちよく授業をしてもらえるように頑張ろうということです。

 

将来ぼくは先生になりたいから仕事がいくら大変でもみんなのために頑張ろうと強い気持ちを持って頑張りたいです。

 

 

 

 

第1段落で、なぜ洗剤を使わないことが環境ことを考えることにつながるのかを書き加えるようにします。

 

第2段落には「達成感」という心情を表わす語彙を入れないようにします。

 

第3段落の内容が後退してしまいました。

具体的な将来像である「先生」と「心がけていきたいこと」がうまく結びつかなかったためです。

なぜ教師になりたいのか、教師という仕事に大切なものなにか、ということを思案してみます。

 

 

 

ぼくは環境委員会の仕事で、全校クラスの扇風機の掃除を行いました。洗剤を使わずに、スポンジを水にぬらしこすってよごれを落としました。なぜ洗剤を使わなかったかというと環境のことを考えて、川や海を汚さないようにしようと思ったからです。スポンジでこすりながら洗っていくと、扇風機がどんどんきれいになっていくのが分かります。全ての扇風機を洗いおえると、達成感がすごく大きいです。

 

このとき心がけていたことは、洗剤を使った方がよく落ちるが、環境のことを考えて、時間と手間はかかるけど、やりきろうと思っていました。また、全校のみんなに気持ちよく授業をしてもらえるようにきれいにしようということも考えていました。

 

将来ぼくは小学校の教師になりたいと思っています。仕事がいくら大変でもそういう仕事にこそやりがいがあるから頑張りぬきたいと思っています。

 

 

 

 

第1段落はほぼ「完成」です。

 

第2段落も、内容面は固まり、あとは正しい自然な文章に練り直すだけです。

 

第3段落はまだ推敲が必要です。

「完成版」に至るまで、これからさらに3、4回書き直しを行いました。

 

 

 

ぼくは環境委員会の仕事で、全校クラスの扇風機の掃除を行いました。洗剤を使わずに、スポンジを水にぬらし、こすってよごれを落としました。なぜ、洗剤を使わなかったかというと、環境のことを考えて、川や海を汚さないようにしようと思ったからです。スポンジでこすりながら洗っていくと、扇風機がどんどんきれいになっていくのが分かります。全ての扇風機を洗いおえると、達成感がすごく大きいです。

 

ぼくがその仕事をするとき心がけていたのは、水だけで洗うのは時間と手間がかかるけれど、最後までしっかりとやりきろうということでした。また、全校のみんなに気持ちよく授業を受けてもらえるようにきれいにしようということも考えていました。

 

ぼくは将来小学校の教師になりたいと思っています。教師という仕事はやりがいがありますが、とても大変な仕事だと思います。だから、何ごとにも全力で取り組んでいくことが大切だと思います。そうやって一つ一つのことをしっかりと成しとげ、立派な教師になりたいと思います。

 

 

 

 

第3段落には、まだ改善の余地がありますが、文章の整合性、表現の精密性が「基準」に達したので、「完成形」として認定しました。

 

 

「将来像」については、夏期講習でも何度か書く機会がありました。

これから、さらに具体的で明確な「将来像」を育んでいきます。

 

 

 

「正しく自然な日本語の文章」を書く訓練を行うという理念が、ivyの都立中受検コースの作文指導のベースになっています。

 

それは、受検という目的に限定されることなく、生徒たちの未来を切り開く「武器」になるものであると確信しています。

 

 

(明言しますが、「いりたま」のような作文は、傍流亜流です。「条件」に合致したときには「効力」を発揮しますが、これを普遍化してしまうと、とんでもない「副作用」が生じます。そのことを理解していない人が多すぎるのは、ちょっと怖いな、と思います。)

 

 

 

さて、夏期講習は折り返し地点を迎え、いよいよ佳境に入ります。

 

このクールではずいぶん作文に苦労しました。

そのぶん、書き上げたときの喜びも格別だったことでしょう。

文字通り「泣き笑い」の日々でしたね。

そのすべての経験が、人生の財産となるはずです。

 

残りの日々も、いっしょにがんばろう。

 

 (ivy 松村)

可能動詞と「れる・られる」の説明

今日は中2授業で、助動詞の「れる・られる」と可能動詞の識別について講義しました。

ちょっと複雑な内容だったので、理解が大変だったようです。

あらためて説明します。

 

 

可能動詞というのは、五段活用動詞をもとにしてつくられた、「~することができる」という意味をもつ新たな動詞(下一段活用)のことをいいます。

 

五段活用動詞とは、手短に説明すると、「ない」に接続したときに、その直前の文字が「ア段(-a)」になるタイプの動詞のことです。

 

たとえば:

 

 

「泳ぐ」→泳「が」ない・・・「が(ga)」 ガ行ア段→五段活用動詞

「読む」→読「ま」ない・・・「ま(ma)」 マ行ア段→五段活用動詞

「歩く」→歩「か」ない・・・「か(ka)」 カ行ア段→五段活用動詞

「買う」→買「わ」ない・・・「わ(wa)」 ワ行ア段→五段活用動詞

 

 

こうした識別法を用いることで、これらの動詞が五段活用動詞であることが分かります。

 

さて、五段活用動詞をもとにして、可能動詞と呼ばれる別の動詞を生成することができます。

 

 

「泳ぐ」→「泳げる」(可能動詞)

「読む」→「読める」(可能動詞)

「歩く」→「歩ける」(可能動詞)

「買う」→「買える」(可能動詞)

「売る」→「売れる」(可能動詞)

 

 

これらはもとの五段活用動詞とは別個の単語として存在しています。

試しに活用をさせてみるとよくわかります。「ない」を接続してみましょう。

 

 

「泳げる」→泳「げ」ない・・・「げ(ge)」 ガ行エ段→下一段活用

「読める」→読「め」ない・・・「め(me)」 マ行エ段→下一段活用

「歩ける」→歩「け」ない・・・「け(ke)」 カ行エ段→下一段活用

「買える」→買「え」ない・・・「え(e)」 ア行エ段→下一段活用

「売れる」→売「れ」ない・・・「れ(re)」 ラ行エ段→下一段活用

 

 

今度は「エ段(-e)」で活用していることが分かります。このような動詞は下一段活用動詞と呼ばれるものです。

これらは、すでに五段活用動詞とは別の種類の動詞であるということになります。

 

 

ここからが、非常に面倒な話になります。

 

実は、五段活用動詞以外の動詞からは可能動詞を作ることは許容されていないのです。

五段活用以外の動詞に「~することができる」という意味を付加したいときには別の方法を用います。

助動詞を使って「可能」を表すのです。

 

「可能」の意味を持つ助動詞は、「られる」です。

 

たとえば、下一段活用動詞である「調べる」の場合、語形を「調べ」と活用させ、それに「られる」を接続して「調べられる」のような形を作ります。

 

可能動詞である「泳げる」は1語の単語なのですが、「調べられる」は「調べ」と「られる」の2語を用いて表されていることになります。

五段活用動詞とそれ以外の動詞では、「可能」の意味を表すときには、異なった方法を用いているのです。

 

 

同じように、以下の動詞も五段活用動詞ではないので、「られる」を用います。

 

 

着る→着「られる」  (×着れる:誤用)

寝る→寝「られる」  (×寝れる:誤用)

見る→見「られる」  (×見れる:誤用)

来る→来「られる」  (×来れる:誤用)

食べる→食べ「られる」 (×食べれる:誤用)

起きる→起き「られる」 (×起きれる:誤用)

 

 

これらは、俗にいう「ら抜き言葉」として使ってしまいやすいものです。

可能動詞の生成原理を知っていれば、「食べれる」のような「ら抜き言葉」がなぜ間違った言葉づかいとされているのか理解できます。

 

「ら抜き言葉」は五段活用以外の動詞から可能動詞を生成しようとして生み出されたものであるといえますが、可能動詞を生成することができるのは五段活用動詞だけです。それ以外の動詞は可能動詞を生成する「資格」がありません。

 

また、五段活用動詞(とサ変の未然形「さ」)以外の動詞は「れる」を接続することはできません。

上一段活用、下一段活用、カ行変格活用の動詞は、「られる」を用いて「可能」を表さなければならないのです。

 

このように、文法の原則に即して考えてみると、「ら抜き言葉」は原則から逸脱した運用をされているいうことになります。

ですから、正しくない言葉づかいであるとされているのです。

 

 

ただ、多くの言語学者が指摘しているように、「ら抜き言葉」はいずれ日本語のスタンダードに組み込まれていくと思います。意味の伝達に支障がなければ、言葉というものは文法の枠組みからはみ出していくものです。

 

 

 

さらに「れる・られる」について復習しておきましょう。

 

 

「れる・られる」には4つの意味があります。まず「られる」です。

 

①「可能」 すぐに覚え「られる」。

②「受け身」 社長にほめ「られる」。

③「尊敬」 先生が来「られる」。

④「自発」 母のことが案じ「られる」。

 

 

次に「れる」です。

五段活用動詞の場合には「れる」が接続されます。前述のように、五段活用動詞の場合、「可能」の意味は、可能動詞を用いて表すことがほとんどです。ですから、「れる」は、基本的には残りの②「受け身」③「尊敬」④「自発」のいずれかの意味で使われます。

 

(※①「可能」 すぐに行か「れる」。→「行ける」〈可能動詞 ※助動詞を用いていない〉)

②「受け身」 相手チームに点を取ら「れる」。

③「尊敬」 先生が話さ「れる」。

④「自発」 故郷のことが思い出さ「れる」。

 

 

 

演習の問題にも出てきましたが、上の②の例の「取られる」は「られる」ではなく「れる」であることに注意が必要です。

 

「取らない」という語形を作ってみれば明らかです。「ない」は「取ら」に接続しています。

つまり、「取る」という動詞は「取ら」という形に活用し、それに「れる」が接続しているのです。

ですから、「取ら」「れる」というように切らなければならないわけです。

 

 

 

最後に、意外に生徒のみなさんが苦戦していた「ひっかけ」についてです。

 

「さびれる」「乱れる」「暴れる」「現れる」「別れる」などは、可能動詞ではありません。

落ち着いて考えれば、これらの動詞には「~することができる」という意味が含まれていないことがわかると思います。

 

 

 

それにしても、付属語の授業は、説明が多くなってちょっと申し訳ない気持ちです。

漢検の勉強とのバランスをとって進めていくつもりなので、ある程度分割して説明していくことになります。

 

入試でも出題例が多いところですし、中学の定期テストでも難度の高い問題が出されるようになってきました。

 

大変ですが、明日もがんばっていきましょう。

 

 (ivy 松村)

亀さんに、「かめへんよ」とはいいません

夏期講習の第Ⅲ期に入りました。

 

漢検対策を順調に進めている生徒は、すでに半分を終わらせています。

 

こうした「兎さん」は、早ければあと1週間ほどで漢検対策問題集をコンプリートするでしょう。

一方、「亀さん」は、ちょっと心配な雲行きです。

 

現在まだ3分の1ほどしか問題集を進められていない人は、他の人に比べてかなり後れをとっています。

最後に「ゴール」するのであればまだしも、途中で力尽きてしまったら「亀さん」はただの「のろま」です。

 

 

今回のような長丁場の取り組みを行うときに、たまに「時間がないアピール」で、最後までやりきらずに勘弁してもらおうとする人がいます。それ、本当にみじめですから、やらないでください。

最初からずっと、期限内に終れるような時間の取り方と取り組み方を、一人ひとりに説明しています。また、それぞれの夏休みの予定を確認したうえで、個別に指示を出しています。

 

 

まだ、20日あります。

漢検を受検する人は、検定日の8月21日までにすべてを終わらせて挑むように計画をたてましょう。現在、かなり遅れている人でも、単純に、1日1セクション進めていけば検定日前に問題集を終えられる予定です。

 

 

 

夏期講習中に、漢検を受検する予定の生徒が取り組む問題集には20あまりのセクションが設けられています。

 

・新出漢字の確認

・読みの問題

・書きの問題

・熟語や語句の問題

・答えの確認と直し

・復習

・確認テスト

 

以上のようなサイクルで1セクションを終えます。

速い生徒で25分ほどで終えますが、遅い生徒は1時間以上かかっています。

 

 

やっていないから遅れているのではなくて、作業が遅いので、問題集がなかなかはかどっていない人がいます。

 

「遅い人」を見ていて、無駄な時間を過ごしているために作業が遅延していることに気づきました。

 

いちいち手を止めて「熟考」する人がいますが、勉強のスタイルを変えていかなければ、この先、すべての勉強が「きつく」なってしまいます。

周りと同じ量の勉強をするのに、より多くの時間を取られるようになってしまうので、肉体的にも精神的にも勉強がつらくなってしまいます。

 

酷な指摘かもしれませんが、その「熟考」をしているとき、実際には脳は作動していません。

ただ、挙動が緩慢になっているだけです。

 

問題ごとに、いちいち「脳のスイッチ」を切っているのです。1問解くたびに、脳を休憩させているので、その都度また脳を「立ち上げる」必要があります。

マラソン大会で、休み休み「歩いている」ような状態です。

 

そのような取り組み方をしていると、脳のリズムが不安定になります。

また、脳が「オフ」になっているときには、考えごとや気になることに意識をとらわれやすくなります。そうなると、集中も散漫になって、いっそう作業のペースが落ちていきます。

 

 

この先、「上位集団」を維持していくためには、「脳の持久力」をつけなければなりません。

そのためには、まさに現在取り組んでいる漢検対策で、意識的に「脳の持久力」を鍛えていく必要があります。

 

「自分は遅い」という自覚がある人は、意識して、セクション・クリアのペースをあげるためにてきぱきと取り組むようにしてください。

この機会に体質を変えていかなければなりません。

 

 (ivy 松村)