→来年度

本日で、本年度の授業日程が終了しました。

 

次回から、生徒のみなさんの学年が上がります。

授業日も変更になりますので、間違えないように気をつけてください。

 

3月1日(火)~3月4日(金)までは、休校日とさせていただきます。

 

授業は行われませんので、注意してください。

 

 

3月5日(土)から新年度がスタートします。

「演習」や「理社」を受講している「新中3生」(現中2生)は、この日から受験生としての1年が幕を開けます。

 

 

 

「新中2」「新中3」の生徒は、来週に学年末テストの結果を報告してくださるようにお願いします。

また、学年末テストの「レポート」の提出も忘れないようにしてください。

 

明日以降、まだ定期テストが残っている中学もありますね。

しっかりがんばってください。

 

 

今回の定期テストは、これまで以上に力を入れて対策に取り組むことができたという人が多かったみたいです。

ただ、試験範囲が広く、科目数が多くなっていることで、その「量」に苦労している様子でした。

 

いつもより手ごたえがあったという声が多く聞かれますが、当然、反省も多くあるでしょう。

 

テストが返却されてから、来年の取り組みの方向を決めていきましょう。

 

 

本日は、定期テストがまだ終わっていない人は、授業時間を直前の追い込みに使ってもらいました。

 

定期テストが終わった人は、本年度の都立高校の入試問題に挑戦してもらいました。

 

本来ならば、直近の入試問題は、時期をはかって受験生にやってもらうのですが、今年の問題はちょっと使いづらいので、いっそのこと、「デビュー戦」に使うのがいいように思いました。

 

 

ありがたいことに、本年度の入試問題を提供いただきました。

 

さっそく、5日前に実施された都立高校入試の国語の問題を、本番と全く同じ形式で、1年生と2年生の何人かに解いてもらいました。

 

 

大問3はかなりよくできていましたが、大問4で苦労したみたいです。

 

作文は、みんなよく書けていました。

選択問題ばかりで、問題数が少ないので、作文を書く時間が十分にあったようです。

 

 

最高点は、ある1年生の生徒の89点でした。

 

 

もちろん、全員が今回初めて「過去問」を解いたわけです。

都立の入試問題の設問のパターンに慣れていないために点を取り切れないところもありました。

受験のときまでには、「点の取り方」をつかんでいってもらいたいと思います。

 

 

 

体調を崩してしまった人がいてちょっと心配しています。

花粉症で、目が真っ赤になってしまっている人も何人かいます。

 

定期テストが終わって、部活が再開しますが、特に運動部の人は、はりきりすぎてけがをしたり、体調を悪くしたりしないように気をつけてください。

 

 

 

では、次にお会いするのは新年度です。

 

いっそう、はりきって行きましょう。

 

 

(ivy 松村)