「長文」の「もやもや」

各中学の中間テストが終わり、各教科の平均点や得点分布が配られ始めた中学もあります。

 

この「定期テスト結果」は、家庭でチェックを受けて、中学に提出しなければなりません。

中学に提出する前に、塾に持ってきてください。

 

どうか、忘れないようにお願いします。

 

 

5月の月例テストも終わりました。

得点上位者を教室のわきに掲示しておきました。

 

それにしても、今回の月例テストは、国語が特に難しかったようです。

国語は、自信を持っている生徒もけっこういると思いますが、あまく見ていると足元をすくわれます。今後、気を引き締めて挑むようにしましょう。

 

中3は、英語に苦しめられたようです。

今回の問題は、リスニングはそれほど難しくはありませんでしたが、文章題に苦戦しました。

 

 

国語であっても英語であっても、「文章題」では、「情報処理」の能力が問われます。

 

文章題には、様々なパターンの設問がありますが、求められているのは結局、「問い」に整合する「情報」を「文章」の中から抽出するという能力です。

「情報」を見つけ出し、解答の「形式」に合わせて答えるわけです。

 

毎回毎回「惰性」でテストを受けていても、なかなか点数は上がりません。

どのように「対処」すれば、速く、正確に「情報処理」を実行できるのか、自分なりに考えてみましょう。

 

 

 

ところで、私は文章を題材にした大問を「文章題」とか「文章問題」呼んでいるのですが、「長文問題」という人も多いですね。

 

でも、「長文」という言い方、実は、ちょっと引っかかっています。

 

「文章を用いた問題」を、とにかくすべて「長文問題」と表現している問題集などをよく見かけます。

その場合、「短い文章」も「長い文章」もまとめて「長文」と呼んでいるわけです。

 

それは、まったく「論理的」ではありません。

常識的に、「長い文章」だけが、「長文」と称されるべきです。

「短い文章」は「長文」とはいえません。

 

 

「長文問題」というものを想定するのであれば、それに対応して、「短文問題」というものがあり得るはずです。

 

しかし、たとえば、実際に5~6行程度の「短い文章」を用いた問題は一般的に存在するわけですが、それを「短文問題」と呼ぶとすると、「混乱」が生じます。

普通、「短文」といえば、それは「短い文章」を指すのではなく、「短い文」を指すからです。

 

国語や英語のテストで、「短文を作りなさい」という設問は非常にポピュラーなものです。

 

「短文問題」という言い方がなされた場合、「短い文章」を題材とした問題ではなく、「短い文」を題材とした問題のことを指してるかもしれないわけです。

 

 

したがって、「短い文章を題材とした問題」については「短い文章題」とか「短めの文章問題」などと言い表すほうが適切でしょう。

 

 

もし、それを「短い長文」と呼ぶとすると、よりいっそう「もやもや」します。

 

「短い長文」という言い回し、けっこう使われていますが、完全に破綻したフレーズです。

 

 

まあ、こんなこと、はっきりいって「どうでもいい話」なのですが、何か、「もやもや」してしまいますね。「性分」でしょうか。

 

 

 

さて、6月の月例テストは、期末試験の日程の関係で、6月に入ってすぐに実施されます。

まもなく「リベンジ」の機会が訪れます。

 

中3生は、4月、5月のテスト問題を見返して、対処法を練ってみてください。

 

 

(ivy 松村)

 

難しいテストの方がいい

各中学・学年の期末テストの平均点が発表されはじめましたので、それぞれ報告してもらっています。

 

やはり、中学校の定期テストが、全体的に難化しているようです。

平均点は、一昔前よりも下がっているようです。「ゆとり」が払拭されたことも大きいと思います。

 

 

各中学・学年の期末テストの中で、私が「いい問題」だと思ったものは、どれもがかなり低い平均点となっていました。

 

理由のひとつは、単純な暗記では解答できないような、思考力や読解力、表現力を問う問題を私が好んでいるからだろうと思います。

そして、そういった問題は、多くの生徒にとっては苦手な問題となるのでしょう。

 

また、もうひとつの可能性は、学校の授業とテスト問題が対応していないということです。

 

生徒に作問をした先生のことを訊いてみると、「個性的」な人が多いように思いました。テスト問題はきっちりと作るけれど、普段の授業はそこまで綿密に組み立てていないという先生もいるのかもしれません。

良問であっても、その知識や解法を、生徒にていねいに教えていなければ、当然テストで生徒が点を取ることはできません。

 

さらに、普段授業を担当している先生と作問をされた先生が異なることが原因となっている場合もありそうです。大きな規模の中学になると、学年のひとつの教科を複数の先生が担当することになります。先生同士のすり合わせがきちんとなされていないと、授業内容とテスト問題がまったく異質なものになることもあります。

 

 

 

一応念のために付け加えておきますが、それぞれの中学で「やばい先生」がいることも、もちろん把握しています。普段の授業でどのようなことをどのように習っていて、そのうえでどのようなテストが出されたのかも、理解しています。

 

ここで、どの先生がどうなのか、を書き連ねても生産的ではありません。

それよりも、学校の先生に、しっかりと「評価」を受けるためにできるだけのことをしていこうというメッセージを伝えたいと思っているのです。

(婉曲に、注意点や問題点も匂わせているつもりですが。)

 

 

 

「難しいテスト」を生徒のみなさんは嫌なものだと思うでしょうが、ちょっと考え方をかえてください。圧倒的に、疑いようもなく「難しいテスト」のほうがいいに決まっているのです。(もちろん、奇問や悪問を並べたような低質なテストは、論外ですよ。)

 

高い点数のほうが「見栄え」がいいでしょうから、テストの前は、なるべく簡単なテストであってほしいと、多くの人が願います。

しかし、本当に大事なのは、「点数」ではなく、全体の中での自分の「位置」です。

 

たとえば、あるテストが、努力した人も、努力しなかった人も、同じように高得点の取れる簡単なものだったとします。

一部の人には魅力的に思えるでしょうが、テストのためにしっかりとした準備をしてきた人には損害しか生み出しません。

 

 

がんばった人と、がんばらなかった人の差が、くっきりあらわれるようなテストのほうが、テストの役割をしっかり果たしているといえます。

 

生徒の学力をより確実に計りたいという先生であれば、やはり、学力の差がくっきりと現れるテストを作るはずです。私も、学校の先生と同じ立場であれば、努力をしなかった人は、簡単に点を取れないようなテスト作ると思います。

 

テストは、実力を「試す」ものなのですから。

 

 

 

中間テストで5科450点以上の点数を取っていた人は、みな若干点数を落としていましたが、それだけでは成績が低下したとはいえません。

学校が公表する平均点や得点分布グラフを見て、自分の「位置」を確認しておきましょう。

相対的な学力を見ることも重要です。

 

もちろん、点数を取り切れなかったことは反省材料ですので、次はしっかり点数がとりきれるように改善して挑みましょう。

 

 

 

「点数」は、やる気や励みをもたらすものでもあります。

 

ある生徒は、中間テストで5科449点でしたが、期末では453点となりました。

やはり「点数」が上がるのはうれしいものですが、「450点」という「大台」を越えたとなると、喜びもひとしおです。

 

今回の期末では、5科400点越えの生徒も多くいましたが、399点、398点、394点と悔しい点数になってしまった人もいました。

やはり「大台」というのは意識してしまいますよね。

そのくやしさを、エネルギーに変えていこう!

 

すでに、2学期の中間に向けて勉強を始めている人もいます。

 

 

 

学校のテストは、「点数を取らせてあげるテスト」から「学力を計るテスト」へと変質しつつあるように思います。

 

「点数」ばかりにとらわれるのもよくありませんが、点数にこだわりを持つことも大切です。

どんな問題が出てきても、〇点とる!と目標を決めて挑むようにしましょう。

 

 

 

1、2年生は、今週の土曜日が1学期最後の月例テストです。

期待していますので、張り切って挑んでください。

 

 (ivy 松村)

テストの理由

テストは「受けっぱなし」にしないように注意が必要です。折にふれて生徒のみなさんにはお話していますが、テスト直後に必ず解答解説を読み、答えを確認し、自分の点数を出すようにしてください。

 

その後できるだけ早く、「正解への筋道」「正解の理由」、あるいは「不正解になる理由」「不正解だった原因」を分析するようにしましょう。

テストの直後は最も力をつけることができる時間です。

テストの復習は次のテスト、さらに「本番のテスト」のための準備です。そのときまでに、課題を見つけ、克服することを繰り返していくのです。

 

 

 

テストを受けることは「直接」学力を伸ばすことにはつながりません。

テストを受けることで成績や学力が上がるのならば、ただ、テストだけを何十回も受ければいいでしょう。しかし、それは無意味です。

 

たとえば、年に16回実施されるVもぎのすべてを受け、さらにWもぎも受け、毎週毎週テストを受けたとしても、それは効果的な受験勉強であるとはいいがたいものです。

 

テストは勉強ではありません。テストは結局「テスト」なのです。

 

 

 

もし、1年後、ivyがカイロ校やメッカ校、バクダッド校などを作ることになり、私はどこかのアラブの国に赴任することになって、仕事のためにアラビア語を習得しなければならない状況になってしまったら、早急にアラビア語の勉強を始めなければなりません。(إن شاء الله)

 

そこで、アラビア語を全く知らない私が、いきなり明日「アラビア語検定テスト」を受けたとしても、それは何の面白みもない冗談にしかなりません。完全に無意味な行為です。

 

アラビア語を学習するという目的において、「アラビア語検定」を正しく活用することで、それはわたしにとって意味のあるものになります。

 

「アラビア語検定」を受けている時間に、アラビア語の力がつくわけではありません。「アラビア語検定」に向けてやる気を引き出したり、対策を考えたりすることが重要なのです。テストは、動機づけの材料です。

力を蓄えるのはテストの前です。

 

その上で、テストで自分の力を測るのです。そして、結果を受け止め、足りないものを補ったり、さらに理解を深めたりするための研究に使うのです。テストは反省のための材料です。

力をつけるのはテストの後です。

 

 

 

たとえ0点を取っても痛くもかゆくもない、というのであれば、受けないほうがましです。

動機のない行動は、無関心を増大させるだけです。

そして、反省のない行動は、成長を阻害します。

 

テストを受ける必要性や目的を考え、効果的にテストという材料を活用しなければ、時間(やお金)の無駄になります。精神的にも悪影響です。

 

「テストを受ける」こと自体に意味はないのです。50分間椅子に座っているという行為に価値はありません。

 

 

これから、またテストが始まります。中間テストです。

 

準備をしましょう。そして、対策を立てましょう。何のためにテストを受けるのかを考え、意志をもってテストに挑みましょう。

 

テストはじゃんけんの勝負とは違います。「たまたまそうなった」という偶然性のゲームではありません。運不運を競うものではないのです。

 

 

テストの点数は「結果」です。それは、そのためにどれだけしっかりと取り組んできたのかということを示すものなのではありませんか?

だから、その数字は、評価の尺度となるのです。

 

(ivy ﻣﺎﺗﻮﻣﻮﺭﺍ )

 

 

テストの「オペレーション」

 

一般的な学習塾のカリキュラムでは、中3の1学期までは単元学習が中心になります。学習内容に対して深く理解することが重要です。

2学期になって、過去問演習が始まると、得点を意識して取り組んでいかなければなりません。

 

そのため、中3の生徒たちに、テストを受ける際に、「いかに処理のスピードをあげるか」という話をしています。

 

入試に向けてどんな訓練をして処理のスピードを身につけるのか、という計画の話ではなく、本番でどう振る舞うのかという方法論についてです。

 

もちろん、処理能力そのものを向上させる訓練を行うことで、問題を解くスピードは上がります。問題を正確に、速く解く能力を身につけることは、最も大事なことです。

そのためのノウハウや理論もありますが、ここでは、手順や対処法を統一したり工夫したりすることで処理の時間を短縮するやり方を紹介したいと思います。

 

 

テストで問題に相対するとき、考えたり、解答を導いたり、記入したりするといった実質的な解答作業以外の処理全体を「オペレーション」と呼ぶことにします。

 

「オペレーション」は、その内容に応じて3つの局面に分けられます。

 

・「ルーティーン」…いつも決まったやり方をする

→どう処理するかという判断を省略し、もっとも効率的なやり方を機械的に行う。

 

・「マネージメント」…場合に応じて対処する

→出題される可能性のある問題内容・形式にあわせて対処法を用意しておき、確認とともに自動的に対処法を発動する。

 

・「アドリブ」…自分で考えて処理する

→想定外の事態に対して、その場で判断し、実行する

 

 

さて、入試でより高得点を取るために、なるべく多くの問題を解かなければなりません。したがって、問題を処理するスピードを上げる必要がある、という話でした。

 

そのための方法として、国語の入試問題を解く際の「オペレーション」を例に挙げます。

 

①まず、解答用紙から、情報を読み取ります。

 

生徒には、入試までに、必要な量の過去問を解き、受験校の入試問題の出題形式を脳に刻み込んでもらう

解答用紙を見れば、出題形式に変更があった場合、すぐに気づくことができる

「違和感」を感じたら、開始と同時に該当の設問を確認

また、問題数や、選択問題や記述問題の割合もわかる

 

 

②素早く問題用紙全体に目を通します。

 

文章題の長さや、語句、知識、文法、漢字などの独立問題の有無をチェックする。出題の傾向に変化がないか確認

問題の内容を確認

大問ごとの所要時間の目安を設定し、どの問題から手を付けるのかを判断する(解く順序を「ルーティーン」にしている場合には、素早く次のステップに移行する)

 

 

→文章題を解く。

 

 

➂必ず、冒頭に書かれている「次の文章を読んで後の問に応えなさい。」という指示を確認します。

 

文章に加工がしてあったり、特殊な文章が用いられていたり、複数の文章が使われている場合には、冒頭にその旨が示される

「次の文章を読んで後の問に応えなさい。」という指示のみの場合には、「普通」の文章が使われているということになる

 

※過去に、日本大学第二高校(日大二高)の入試で、バラバラの段落を並べ替えるという問題がありました。そのような特殊な出題がなされるときには、必ず、文章の「状態」が冒頭に記されます。

 

※都立高校の入試問題の「五」は古典(古文、漢文、韻文)を含む「融合文」の問題ですが、ここで、複数の文章が使われることがあります。鑑賞文や説明文、評論などの文章に、古典の原文、書き下し文、現代語訳がなどが付けられます。それに加えて、対談やスピーチなどの文章が使われることがあるのですが、その際にもやはり、冒頭で知らされます。

 

④筆者(作者)と題名を確認します。

 

知っている作者であれば、どのような文章なのか予想がつくので、内容の理解の手助けになる

また、題名が主題を表していたり、読解の手助けになったりする場合もある

 

※たとえば、外山慈比古氏の文章は、よく入試問題に使われます。外山氏が言語学者であると知っていれば、これから読む文章は言語に関する内容であると、心得た上で読むことができます。また、その文体や文章の特徴、思想などを知っていれば、読解に有利です。

 

ちなみに、2010年度の錦城高校の入試問題で、外山氏の「思考の整理学」が使われたのですが、偶然にも、同じ年の八王子東高校の入試問題で、同じ文章の同じ個所が使われました。八王子東高校が第一志望で、錦城高校を併願受験していた受験生には、かなり有利な状況だったはずです。

 

※入試問題によく使われる評論家、学者、作家の文章は、普段の授業でも扱っていきます。

・池内了氏…科学

・河合隼雄氏…心理学、その他

・鷲田清一氏…哲学

・池田晶子氏…評論、随筆

・日高敏隆氏…生物学

・見田宗介氏…社会学

・向田邦子氏…随筆(父親のこと)

 

 

⑤先に問題に目を通します。

 

筆記の問題があれば、抜き出しなのか、記述なのかを確認

指示語、接続語、語句知識、心情、主題、内容把握といった、問のテーマを読み取る

脱文の問題の有無を確認→あれば、挿入箇所を探しながら読む

選択問題の選択肢に読解のヒントやキーワードが埋め込まれている場合があるので、簡単に確認しておく

文章の要旨を選ぶ問題があれば、その選択肢の内容をしっかりと確認しておく

 

問題を解くために文章を読むというのが大前提→問題の答えを探しながら読む

 

 

⑥指示している方法にしたがって文章を読み、問題を解く。

 

学校の傾向や特徴に合わせて調整しておく

 

文章のジャンル、タイプによってアプローチが違います。

授業で、読解法や、線を引いたり図を書いたりといった読解のための補助作業のやりかたを提示しています。

 

 

テストに対する意識がまだ低い生徒には、自分のペースで最初から順番に問題を解き、時間が無くなったので、後ろの問題は全く手がついていない、ということがあります。

「オペレーション」を指示していても、いざテストになると忘れてしまいます。

点数を取りたい、という気持ちがまだ芽生えていないのです。あるいは、真剣に取り組むことを恐れているのかもしれません。

そんな生徒の意識を変えていくのも、塾教師の仕事だと思っています。

 

 

塾で教えるのは「教科の知識」だけではありません。点の取り方を教えています。

 

(ivy 松村)

問題を処理するスピードを上げる

テストで最も重要なのは、点数を取ることです。

そのために必要なことは、正確な解答を記入すること、そして、できる限りたくさん正解をすることです。

 

今回は、「出来る限りたくさん正解すること」について考えてみましょう。

 

高校入試問題は、長大、増量の傾向にあります。

「ゆとり」云々といわれていますが、二十年前ほど前と比べると英語の文章題などをはじめ、最近の入試問題は非常にボリュームアップしています。

難関校ほど量的な負荷が高く、問題数も多い傾向にあります。

レベルの高いチャレンジ校の入試問題となると、時間内にすべての解答欄を埋めることさえ難しくなります。

 

もちろん、誰も解けない問題ばかりを出せば、全員が不正解になるだけで、学力の差異を判定することができません。ですから、入試問題は、考えればわかる問題をいくつか出題し、時間内に何問正解できるのか、という能力をみるような構成になりやすいのです。

 

したがって、入試においては、テストの時間が余る、ということを想定することはできません。入試本番では一秒さえも無駄にはできないのです。

 

小学校のころのテストは、すぐに解き終わり、残りの時間を暇に過ごしていた人も多いと思います。

小学生のテストや公文などの教材は、子供を褒めてあげるための材料ですが、入試は、ある意味では、基準以下の人を排除するためのシステムです。全く正反対の設計なのです。

 

小学校のころの「点を取らせてあげる」テストのイメージを更新できていない生徒は、入試問題に接したときに、軽いパニックになってしまいます。大量の難しい問題が羅列されていて、途方もなく高い学力が要求されるものだと感じてしまうのです。

 

ですから、学習塾では、基本的には、ほとんどの生徒が時間内に解き終わるようなテストは実施しないようにします。(確認テストなどは別です)。生徒には、テストに対する概念を変えてもらう必要があるのです。

 

塾で受けたテストが返却されたときに、点数が低くて、ショックを受けてしまう生徒がいますが、それは必要な経験です。

 

 

 

 

さて、「できる限りたくさん正解をする」ということは、いい方をかえていうならば、「処理のスピードを上げる」ということです。

 

テストというものの本質は、「問題が解けるかどうか」ではありません。

「制限時間内にどれだけ正解の数を増やせるか」ということです。ですから、速く、正確に問題をこなす能力が要求されるのです。

 

国語という教科は、特にその傾向が顕著です。

 

丹念に文章を読んで、じっくり考えて答えを出せば、高得点を取れるかもしれません。しかし、それは無意味です。制限時間内にどれだけ点数を獲得できるか、が実力と見なされるのです。

 

 

たとえば、中央大学附属高校(中附)の入試問題は、特に処理のスピードが求められます。私は「高速処理型」入試問題と呼んでいます。明治大学付属中野八王子高校(明八)もそのタイプに近いです。

 

「高速処理型」の高校を第一志望とする生徒は、なによりも処理能力を上げていかなければなりません。そのためには多くの過去問演習をこなし、その中でいかにして時間短縮していくのかというコツをつかんでいく必要があります。

 

指導するほうも、無駄な時間を使っていないかチェックし、どうやって時間を削っていくのかアドバイスします。

 

ところで、正解することが難しく、点数が得られる可能性の少ない問題を「捨て問(すてもん)」と呼びます。思い切って、「解かない」という選択をしなければならない問題です。

 

難関校の入試では、いかに早く「捨て問」か、解くべき問題かを判断することも大切です。「捨て問」にすべき問題の処理にとまどってしまうと、その分、貴重な時間が失われてしまいます。そのせいで、解けるはずの問題が手つかずになってしまったら、それはまさしく「失点」です。

 

中附の国語の入試問題はほとんど「捨て問」がありませんが、例えば、早稲田実業学校(早実)などは、「捨て問」かどうかの判断が戦略上重要になってきます。見切りをつける練習もしなければなりません。

 

ちなみに、中附と同様に、中央大学の附属の高校である中央大学杉並高校(中杉)は、「高速処理型」ではなく、思考力や記述力が問われます。かつては聞き取り問題もありました。

入試問題は、その学校の理念や精神を体現するものであるといえますが、同じ大学の附属高校でも、非常に対照的で面白いですね。

 (ivy 松村)

ミスを防ぐ意識

今週、中1、中3の月例テストが実施されました。中2は来週行われる予定です。

今週末から来週の頭にかけて各中学校の中間テストがあります。

その後はまた、10月の月例テストです。

 

受験学年の中3生はさらに毎月vもぎを受け、そのうえ、月2回ほどのペースで入試演習特訓があります。ほぼ毎週何かしらのテストを受けることになります。

これからはテストが生活の中心になっていきます。

 

 

テストの「受け方」について考えてみましょう。

 

テストとは、制限時間内で設問に対して解答し、その合計点を出すものです。

 

出題者は、対象となる人物がどれくらいの力があるのかを試し、受検者(受験者)は、一般的には、合格点や目標の点数を獲得することを目指して取り組みます。

 

入試では、他の受験生とその点数を競うことになります。

 

なるべく多く得点を取ることが求められているわけですが、高得点を取るためには2つの要素が必要です。すなわち、正確に答えを記入すること、そして、たくさん正解すること、です。

 

 

当然のことながら、正しい答えを、求められている形式で解答しなければ点数にはなりません。

 

計算ミスは不正解になります。

小数点を付け忘れる、通分をし忘れる、単位量の間違い…など、すべて失点につながります。

 

解答欄を間違えたり、解答の形式を間違えたりすれば、得点を逃すことになります。

 

記号で記入するべき問題の答えを語句で記入しても、もちろん、得点は入りません。

ア.of

イ.at

ウ.to

エ.in

という選択肢の答えを「of」と答えてしまうような場合です。

 

「ひらがなで答えなさい」「漢数字で答えなさい」といった指示を守らなければ、正解にはなりません。

 

誤字や、綴り字の間違い、判読できない文字は正解とはみなされないでしょう。

高校入試で出題される漢字の設問に、特に「楷書で書きなさい」と指示されることがあります。それは、点画をつなげて書くと×にする、という意味に取れます。

 

また、文法や語法のルールに反した言葉遣いを用いれば、その答えは×になるでしょう。

 

厳密な国語のテストにおける採点基準に照らせば、記述解答の文末に句点を付け忘れると、「-1」になります。ですから、授業ではいつもしつこく、しつこく指摘します。

いつまでたっても直らない人、このブログ、見てますか?

 

 

人間は、わかっていても間違えることがあります。ミスや勘違いなどをして、得られるはずの点数を取り逃してしまった経験は、誰もが持つものでしょう。

 

時とともにそれを克服していく人がいる一方で、いつまでも「うっかり」を続ける人がいます。意識の差が、得点の差となるのです。

 

昔、テスト後に、「うっかりミス」をしてしまった生徒で、「あぁ~、しまった~!!」となぜか嬉しそうにニヤニヤしながら大声でアピールしている人がいました。今でもそのような人はいるものなのでしょうか。

四重に恥ずかしいので止めましょう。

 

1.答えられる問題をミスしたことの恥ずかしさ

2.その恥を周囲に知らしめるという、不可解な行動をドヤ顔でとる恥ずかしさ

3.反省できない、軽薄な人間性を周りに知られてしまう恥ずかしさ

4.それが恥ずかしいことだと気付いていない恥ずかしさ

 

 

「うっかりミス」をしてしまったときには、静かに、しかし、心の中では激しく反省し、二度としないことを心に刻みましょう。

 

「おっちょこちょい」は「人間的な魅力」だと勘違いしている人がたまにいますが、勉強や仕事において、それは「悪」でしかありません。失敗を笑って済ませる人間が、信用されるはずがありません。

100%なくすことは難しいものですが、「ミス」は憎むべきものであり、根絶しようと努力すべきものです。

 

実際の入試で、極度の緊張を経験する人もいると思います。

ミスが出やすい状況です。

 

 

「うっかりミス」で人生を棒に振っても、笑っているのですか?

 

(ivy 松村)