小池さんの「想定外」

小池さん率いる希望の党の「雲行き」が怪しくなってきました。

 

4つの「想定外」の事態が重なり、小池さんの「計算」を大きく狂わせています。

 

 

1つは、前原さんの「立ち振る舞い」です。

 

おそらく、小池さんは、当初から、希望の党に「ふさわしいといえる立候補者」を受け入れる旨を伝えていたはずです。

 

しかし、前原さんが、民進党の衆議院選挙の立候補予定者「全員」で希望の党への「合流」を目指そうとしたために、「全員を受け入れることはしない」ということを何度も強調してアナウンスするはめになってしまいました。

 

その際に使われた「選別」「排除」といった「刺激的な言葉」は、世間に非情で冷然とした印象を与えました。

 

 

 

2つ目は、若狭さん、細野さんをはじめとする「陣営」の人材が、小池さんの期待にそう「パフォーマンス」を示すことができなかったことです。

 

若狭さんは、党勢の急激な拡大を受け止めきれなかったのか、「テンション」のコントロールを欠き、軽率な発言が目立ちました。

細野さんは、自らの存在感を高めようという意図から、スタンドプレー的な発言が目立ちました。

 

小池さんは、テレビキャスター出身なので、どのような言葉が「テレビ映え」するのか、また、デリケートな質問に対してはどのように受け答えをするべきなのか、を熟知しているわけですが、それはどうしても「個人頼みの能力」であるわけです。

 

結局、小池さん自身が何度か「火消し」を行う必要がありました。

 

そのため、希望の党の「方針」の説明が二転三転し、組織としての未熟さが浮き彫りになってしまいました。

 

 

本来「都知事」という立場である小池さんは、できる限り国政選挙に関与しないという「体裁」を崩したくなかったにちがいありません。

小池さんが最も恐れていたのは、「都政」を疎かにしている、という印象を世間に与えてしまうことでした。

 

さらに、直接メディアに「説明」をする機会にを設けたことで、しきりに記者やキャスターから衆院選への出馬について質問を受けることになりました。

 

小池さんは、「出馬するかどうか」について、念入りに「情勢」を見極めてから判断したいと思っていたはずです。しかし、メディアの前で再三にわたって否定を続けたために、その「選択肢」は使えないカードになってしまいました。

 

 

 

3つ目は、メディアの「注目」が旧民進党候補の「現実」に移ってしまったことです。

 

小池さんの「目論見」では、メディアの報道は、希望の党の「躍進」を後押ししてくれるはずだったのだと思います。

 

ところが、世間の関心は、旧民進党候補が「公認」を求めて右往左往するさまや、また、別の民進党候補が集まり、身を寄せ合って新党を立ち上げたりするさまに集まりました。

 

報道の「中心」が、「希望の党に翻弄される旧民進党員」になってしまったわけです。

 

そのため、希望の党は「公認申請者にどのような義務を課したのか」、また、「公認申請者は何を甘受したのか」、といったことが、せきららに伝えられることになりました。

 

一連の報道は、希望の党の清廉なイメージを、大きく損ないました。

 

 

 

4つ目は、都民ファーストの会の古参都議の離党問題です。

 

「このタイミング」での離党劇は、非常に大きな「インパクト」になりました。

 

離党した2人の都議会議員は、小池さんの姿勢が、独断専行、密室主義、統制的だったと非難しています。

 

 

 

ちょっと厳しくなってきた印象です。

 

おそらく小池さんは、自分は「短期決戦」の選挙に強いという自信を持っていたと思います。

 

それで、今回の急転直下の解散総選挙に、「勝機」を見出そうとしたのだと思いますが、やはり、国政選挙は険しい戦いですね。

 

 

 

 

(ivy 松村)

 

 

 

「私立高校の授業料無償化」について

東京都の「私立高校の無償化」が大きな話題になっています。

少しだけ所感を書きたいと思います。

 

私は、小池さんは、「私立学校より」の教育政策を行うのではないかという懸念を持っていました。このままいけば、そうなりそうです。

 

小池さんが、「私立高校の無償化」へ傾斜した経緯や動機については、さまざまな憶測や分析がなされています。

 

 

近代以降、「政治的」という言葉は、「権力闘争における権謀」「利害調整やトラブル処理」「選挙対策」「世論誘導と情報統制」など、さまざまな意味を含有するものとなりました。

 

 

「私立高校の無償化」は、まさに「政治的」な決定なのだろうと思います。

いきづまりの打破、目線そらし、妥協の産物などなど。

 

 

 

これを「バラマキ」の一形態であると指摘する人もいます。

「教育費」の「バラマキ」によって支持率が上がることはあっても、下がることはありません。その意味では、手を出したくなる政策の一つです。問題は「財政」ですが。

 

 

 

さて、この「無償化」によって、私たちの税金は、どのように世をめぐるのでしょうか。

 

私立高校に通う生徒のいる家庭は、経済的な恩恵を受けるのでしょうか。

 

もちろん、少なからず家計の支出は抑えられるでしょう。しかし、その「経済効果」は、その歳出額の規模に比して、極めて限定的なものにとどまるでしょう。

 

 

私たちが注意深く見なければならないのは、無償化の対象が「授業料」であるという点です。

 

「授業料」の負担は、軽くなるのでしょう。

 

 

で、私立高校は?

 

 

想像力を働かせましょう。

 

制服や体操服等の費用、教材費、冷暖房費、図書購入費、修学旅行積立金、施設費、同窓会費…これらはどうなるでしょう。

 

 

言い分は、こうです。

 

今まで、「授業料」、なんとか払えてましたよね。「授業料」を払わなくてもよくなったのですから、余裕ができますよね。だったら、少しくらい「他」が値上がりしても、大丈夫ですよね。

 

 

「無償化」は、家計を助けることよりも、ある種の私立高校を儲けさせる「結果」が見え透いているように思えます。

 

本当に「都立高校ではなく、私立でも大丈夫」ですか?

 

 

もちろん、「誠実な私立高校」もたくさんあります。

しかし、そうではない高校がより多くあることは、よく知られた事実です。

 

 

 

もう少し「きわどい」指摘をするならば、「余裕があるはずだ」、という「推定」によって、学校は「寄付」を期待するでしょう。また、「各種団体」も同様の期待をするでしょう。つまり、特定団体に対するものではない、家計への「バラマキ」は、ある種の「ロンダリング効果」があるわけです。

 

 

 

2年前に、私立高校の学費について調べました。

 

参考までに:私立高校の学費 (→「授業料」以外の額が、大きくならないとでも?)

 

 

 

もし、私が毎年数十億の「教育予算」を使えるなら、迷うことなく、都立高校を充実させます。

都立高校の数を増やし、複数回受験の制度を作ります。

それによって、受験生の進学先は、より妥当に学力を反映したものとなるでしょう。

 

 

なぜ、ほとんどの都立高校は、一般入試選抜を1度だけしか行わないのでしょうか。

 

「ある面」からとらえると、それに「あぶれた」生徒を、私立高校に収容させるためであることがわかります。

 

 

 

毎年計上されることになる何十億の予算を使って、都立高校に通える生徒を増やすというのでは、ダメなのですか?

 

 

 

私立高校が困る?

 

高い学費を払っても、その学校に通わせたい、という家庭がある限り、その学校は困ることはないでしょう。

 

そのような学校が増えることは、間違いなく、私たちの社会を豊かにします。

たとえば、「渋幕」のような学校は、ひとつの光明である、といえるのかもしれません。

 

 

それで、「私立高校の無償化」によって、魅力的な高校は増えるのでしょうか。

まともな想像力を働かせれば、即座に思い描くことができます。むしろ、堕落することは明らかです。

 

 

 

少し考えてみればわかります。一体、「どのような私立学校」が困っているのか。

 

 

また、少し調べてみれば、実際には、困る、困ると大声でわめいているのがどのような高校なのか、わかるかもしれません。

 

 

 

それにしても、「困る」のは誰なのでしょう。

 

生徒たちですか?それとも、「利益を気にしている人たち」ですか?

 

 

 

(私立学校の実態について、以下の記事でもふれました。参考までに:私立学校と東京都教育委員会

 

 

 

(ivy 松村)

 

 

 

最近のニュースから

この数日、2人の女性政治家が注目を浴びました。

 

小池都知事と蓮舫民進党代表は、外国への留学経験、テレビキャスター出身という共通点があります。

 

しかし、政治スタンスや手法などを比べてみると、2人は実に対照的な政治家だと思います。

 

 

蓮舫さんは、旧来の政治手法を踏襲しています。

派閥政治の枠組みの中で、実力者に支持の「お願い」をして、「数」を確保するという「月並み」な、よく言えば「手堅い」党首戦を戦いました。

 

「メディア対応」の点でも、蓮舫さんは「従来型」の政治家でした。

新聞やテレビといった「マスコミ」をおさえれば、「世論」を引き寄せる上で「有利」になるという「素朴な観念」から抜けきることができませんでした。そのために、一連の「批判」の、反響的な拡大を招きました。

 

 

 

一方の小池さんは、現代政治の最も大きな潮流である「劇場型」の選挙を仕掛け、都知事選を勝ち抜きました。それは、はた目には「奇策」に映るものだったわけですが、小池さんの陣営は、「勝算」があって動いていたはずです。

 

東京は伝統的に「改革派」の候補者が強い地域です。

東京、大阪などの大都市の首長選挙では、「現状」を打破してくれるという期待を抱かせる候補者が現れたときに、票が集中する傾向があります。

近年は、政令市や都道府県の首長選挙でも、たびたび「改革派」の候補者の、いわゆる「地滑り的勝利」が見られるようになりました。

 

 

「改革派」というのは、いわゆる「保守派」と相対する立場、という意味ではありません。

「保守」の対義語には「革新」あるいは「進歩」という語が用いられますが、政治的な文脈では「リベラル」という言葉が使われます。「リベラル」は、残念ながら、21世紀の政治の潮流のなかで「劣勢」に立たされています。

蓮舫さんが自らを「保守」であると強調し、位置づけたのも、現代政治の文脈と関係があります。

 

 

さて、小池さんは、実は、「かなりの保守派」です。小池さんの政治スタンスや過去の発言に注目してみると、小池さんは、自民党内でもどちらかというと「保守」の色が濃い政治家であることがわかります。

 

つまり、政治的には「保守派」の立場をとる小池さんが、今回の都知事選挙では、「改革派」の政治家として、有権者からの票を集め、当選を果たしたわけです。

 

 

 

その点について、もう少し考えてみましょう。

勘違いしている「評論家」も多くいるのですが、現代は、「保守」か「リベラル」かという観点は、有権者の投票行動を規制していません。

つまり、ほとんどの有権者は、候補者の立場や思想が「保守派」であるか「リベラル派」であるかを確認して、だれに投票するかを決めているわけではないのです。

 

「リベラル」な考え方を持っている有権者が、「保守派」の候補者に投票するということが「自然に」起こるわけです。

 

 

今回の都知事選は、各種メディアでは「保守分裂選挙」と言われていました。

「保守派」は「統一候補」を立てることができずに、2人の有力候補が争うことになったわけです。一般的なとらえ方をすれば、「保守派」を支持する有権者の票が分散されることになります。「構図」から考えると、「漁夫の利」を得ることができる「リベラル派」の立候補者は有利な状況です。

 

ところが、結果は、「保守派」の立候補者の1人である小池さんの圧勝でした。

小池さんの、都政を「改革」しようという意志や構想が、有権者の心をつかんだからです。各種の調査で、心情的に「リベラル派」に近い考えを持っている有権者の多くが、小池さんに投票したことがわかっています。

 

都知事選挙では、「何を変えていくのか」という政策構想を伝えることが、もっとも重要なアピールとなります。

にもかかわらず、「リベラル派」の候補者は、「リベラル」という「主義」を主張するために選挙を戦いました。その結果、「惨敗」を喫することになったのです。

 

 

今回の都知事選挙では、小池さんは、「現状」を打破することを期待されたわけです。つまり、都政をより良いものに変えることができる「改革派」の政治家として、票を集め、当選を果たしたのです。

 

 

選挙活動期間をとおして、小池さんの評価は日増しに高まっていきました。

都知事選後、いくつかの報道や記事で、その選挙戦略は小沢さんや小泉さんに学んだものであるという指摘がなされていました。

考えてみれば、小池さんは、冷戦が崩壊し、55年体制が終焉を迎えた90年代以降の「政局」のメインストリームを歩んできた政治家です。

 

さらにいえば、私は、現在の小池さんの政治的な「方法論」は、安倍さんと橋下さんの影響を強く受けていると思います。

 

 

小池さんは、「世論のつかみ方」がとても上手です。「世論」を正しく捉えるために、小池さんのブレーンは、「インターネット」を綿密に分析されていると思います。

また、トピックの提示や政策メッセージの発信が非常に巧みです。

 

 

安倍さんの「スタッフ」には、世耕さんをはじめとする「ネットリテラシー」に長けた「参謀」がいます。自民党が、2010年代に入って圧倒的な「強さ」を発揮しているのは、「世論」に対して的確な「情報収集」と「情報発信」を行うことができているからです。

 

また、橋下さんは、メディアを非常に巧みに利用する「劇場型」の政治家として知られています。

 

安倍さんと橋下さんに共通するのは、情報の扱いに長けているということです。

「世論」の動向を把握したり、「世論」を刺激したりする方法論を確立しつつあるという点でも共通しています。

そして、小池さんもまた、同じ長所を兼ねそなえた政治家であるといえます。

 

小池さんは、間違いなく「現代政治の最前線」にいます。

 

 

 

ところで、最近、元東京都知事の石原さんがニュースに頻繁に登場しています。築地市場の移設先として新しく建設された豊洲市場の地下に「盛り土」がされていなかったことが発覚した問題です。

だれが「その指示」を出したのか、が焦点となっています。

それで、「当時」の「市場長」だった比留間英人さんがニュースに登場して反論したり意見を述べたりしています。

 

この方の名前、どこかで見かけた記憶があると思っていたのですが、少し前に、石原さんの都知事時代を調べたときに確認していました。

 

 

比留間さんは、石原さんが都知事を辞められる直前の2012年に、東京都教育委員会の教育長になった方です。比留間さんは、「教育畑」を歩んできた方で、もともとは教育庁でキャリアを積まれています。

2001年には学務部長をされ、翌年に総務部長、さらに教育庁次長を経て、中央卸売市場長に就任されます。その後、「関連会社」の社長を歴任された後、教育長に任命されます。

比留間さんは、石原さんに抜擢されて、急速に昇任を果たしています。

 

「畑違い」の市場長に任命されたのも、石原さんが頼りにされていたからなのだろうと思います。石原さんは、都知事時代に、教育庁出身の方を重用されていました。

 

 

 

私が最初に比留間さんの名前を確認したのは、歴代の教育委員を調べたときで、「インフラ系」の方が教育長に就任したことに、少し不思議な感じがしました。

それから、経歴を拝見して、もともと教育庁出身の方なのだと分かりました。

教育長の選任には知事の意向が反映されるので、おそらく、石原さんの信任の厚い方なのだろうと考えていました。

 

ところが、教育委員会の会議録などの発言を読んでみると、比留間さんは、必ずしも石原さんの方向性と一致した考えを持っているわけではないということがわかりました。

 

 

これは、興味深く思いました。

石原さんは、比留間さんを優秀な人材として評価し、信頼していたけれども、比留間さんは、都知事辞任後の石原さんに、献身しようと思っていたわけではないのだろうと感じました。

 

それは、比留間さんが必ずしも冷徹な人間であるということではなく、ある意味では道理に沿った行動です。都知事を辞めた石原さんには、比留間さんの言動を規制するような権限はありません。

 

 

 

報道では、石原さんと比留間さんの説明が食い違うことにスポットがあてられていました。

後になって、石原さんは、自分の勘違いがあったと発言を訂正されています。

 

 

それにしても、この件、私には何やら、一種の「寓話」のように感じられます。

 

今後、どのような展開が訪れるのか、ちょっと気になりますね。

 

 

 

また話は変わりますが、難題が山積みの都政を、小池さんがどう「切り盛り」するのか、大きく注目されています。

 

塾の人間としては、小池さんが「教育政策」をどのように考えているのか、気になります。

 

 

石原さんは、都立高校の「復権」を推し進めました。

しかし、実は、石原さんが都知事になる前から、都立高校の「改革」は教育庁内で議論されていました。

実際には、石原さんが率先して都立高校を「復権」させたというよりも、意欲のある「職員」に権限を与えて、「改革」を推し進めることを認可したというべきなのかもしれません。

 

しかし、一般的に健全な社会では、「そういった仕事」もまた、「組織のトップ」の業績としてみなされるわけです。

 

(そして、一方で、職員たちが「勝手にやったこと」であっても、「組織のトップ」の責任であるとみなされるわけです。)

 

 

注目すべきなのは、石原さんが「私立高校」ではなく「都立高校」に重きを置く政策に水をささなかったことです。そのおかげで、都立高校の「復権」は成し得ました。

それは、僥倖であったとさえ思います。

 

 

なぜ、石原さんが「都立高校」の「改革」を支持したのかといえば、その理由のひとつは、おそらく、石原さんの「学歴」と関係しているように思います。

 

石原さんは、神奈川の名門「県立湘南高校」を卒業されています。

これは個人的な想像にすぎませんが、石原さん自身が「公立高校」の出身であることが、「公立高校寄りの政策」を支援する方針に繋がったのではないかと思います。

 

調べてみると、石原さんの周りにも、公立高校出身の方が多くいらっしゃいました。

(これには、世代的な背景もあります。)

 

公立高校の出身で、政・官・財の要職にある人は、体験的に、名門の公立高校から国立大学に入るという「道程」に誇りを持っています。ですから、名門の公立高校は威厳と実力が備わってしかるべきであると考えます。

そういった観念が、都立高校の「復権」の原動力のひとつとなったのかもしれません。

 

 

広く一般的に、人間という存在は、学閥、門閥、派閥などの「出身」を贔屓にする習性があるといえます。

 

 

さて、新しく都知事に就任された小池さんですが、私立学校の出身です。

 

小池さんが、傑出した「政治感覚」を持った政治家であるならば、都立高校の「路線」を後退させようとするような「職員」に、「権限」を与えることはないと思いますが、どうでしょう。

 

気になりますね。

 

 

(ivy 松村)