eine Nachricht

早稲田の系属校に合格した生徒が、「メッセージ」を書いてくれました。

 

 

 

 

 私はこの一年間、受験に向かってたくさん勉強をしてきました。夏休みまでに三年生の内容を終わらせて、そこからは志望校の過去問や総合問題を解き進めていきました。

 

 勉強をしている中で苦しいと思うことがたくさんありました。例えば、過去問演習で良い点数が取れなかったときなどです。しかし、私は、自分はレベルアアップし続けている、これを乗り越えれば合格に近づくと信じ、また、高校生活を楽しんでいる自分を想像したりしながら取り組みました。そんな中で、初めて合格点に届いたときは、とても大きな喜びを感じました。

 

 私は自分の受験勉強を振り返り、良かった点と反省すべき点を考えました。全体を通して、最後まで生活のリズムを崩さずに過ごせたことや得意科目を大きく伸ばせたことが合格につながったと思います。一方、もっと早くふり返り学習を習慣化するべきだったと感じます。ふり返り学習をするのとしないのでは、知識の吸収率が違うということを身に染みて感じました。

 

 私は、この一年で、目標に向けて最善の選択を、たとえそれが苦しいことであってもできるようになったと思います。また、計画を立てて物事を進めていくこと、一つのものを多方面から見ることができるようになったと思います。このような力は、今後も必要なものだと考えています。

 

 私は、困難を乗り越えて受験を終える喜びを得ることができました。受験を終えた私が、受験において大切だと思うことは五つあります。一つ目は、自分のやることの優先順位を、やりたいことからではなくやらなければならない順にすること。二つ目は、一度やったことを完璧にすること。三つ目は、満足しないこと。四つ目は、協力してくれる人を積極的に使うこと。五つ目は適度な休息をとることです。これができれば、合格に大きく近づくと思います。受験は我慢勝負です。最後まで諦めず、合格をつかみ取ってください。

 

「Enjoy the pain if it’s inevitable !!」

 

 

 

 

 

「見習うこと」が多いですね。

 

(ivy 松村)

 

One hand, the other hand

いよいよ私立高校入試です。

 

 

いろいろありましたね。

 

長かったようで短く、短かったようで長い半年が過ぎました。

 

 

夏期講習、

夏期合宿、

漢検、

英検、

二次試験の練習、

中間テスト、

期末テスト、

Vもぎ、

過去問、

入試演習、

冬期講習、

 

 

整序、

空欄補充、

和訳、

単語テスト、

連語・熟語テスト、

リスニング、

英作文、

文章題・・・

 

 

漢字、

語句プリント、

文法、

文学史、

古文、

記述、

作文、

読解・・・

 

 

 

「結果」はもちろん大事です。

しかし、それにもまして、みなさんが、「受験」という試練と向き合い、覚悟を持って立ち向かったのだという「証」を携えて、「ここ」に帰ってきてくれることを待ち望んでいます。

 

 

 

不安なときには、「笑い袋」を握りしめてください。

 

ただし、決して「音」を出さないでください。

 

「笑い袋」から笑い声が聞こえなくても大丈夫です。

 

あなたの人生は、これからたくさんの「笑い」に彩られます。

 

 

 

不安なときには、あなたの利き手を見つめてください。

 

もしかすると、震えているかもしれません。

 

でも、大丈夫です。

心強いあなたの「パートナー」は、答えを書きたくて「うずうず」しているのです。

 

試験中、たとえ何にも思い浮かばなくても、放置せず、その手に、何かを書かせてあげよう。

 

 

これまで、あなたの利き手は、いったいどれほどの量の文字を書き続けてきたことでしょう。

 

 

その手は、決してあきらめません。

あなたも、その手とともに「前」に進んでください。

 

 

そして、すべての試験が終わったら、自分の手に、そっとお礼を言ってあげてください。

 

 

 

よし。

 

がんばれ!

 

 

 

 

(ivy 松村)

 

 

 

「船」に乗る

いよいよ高校入試の「瞬間」が近づいてきました。

 

 

これまで、さまざまなことを君たちに伝えてきました。

 

しかし、まだ伝えていないことがあります。

最後に、「受験」というものについて、記しておこうと思います。

 

 

 

どうして、「受験」というものが存在するのか。

 

受験に挑む者たちにとって、それは、自分の将来を阻もうとする「悪意」のようにさえ感じられることでしょう。

 

その結果によっては、人生が閉ざされてしまうと思い込んでいる人もいるかもしれません。

 

「受験」は、当事者にとっては、「船」に乗れる者と、乗れないものを峻別する「残酷な儀式」のように思えます。

 

 

「試練がきみたちを強くするのだ」というような、「きれいごと」や「おためごかし」を述べるつもりはありません。

あるいは、「人生は、ずっと競争なのだ」というような、「ニヒリズム」もやはり陳腐です。

 

 

 

「どうして、受験をしなければいけないか?」という素朴な疑問の答えは、意外なほどシンプルです。

 

 

「受験」は、「チャンス」だからです。

 

 

「受験」が人生を閉ざすのではなく、「受験」が人生を切り拓くのです。

 

「受験」は、君たちが「船」にのる権利を手に入れるための手段です。

 

そして、「受験」は、考え得る限りもっとも「公正な」選抜方法であるといえます。

 

 

 

想像してください。

 

昔は、自分の将来を、自分で決めることはできなかったのです。

 

農民の子は農民、猟師の子は猟師、靴屋の子は靴屋になる以外の人生はなかったのです。

 

貴族の子は貴族、奴隷の子は奴隷という時代が、この世界には確かに存在したのです。

 

 

生まれた瞬間に、人生の大半は定められていました。

 

「船」に乗れる人間は、はじめから決められていたのです。

 

「字なんか読めるようになったって、役に立たない」と、本気で考えられていた時代があったのです。

 

 

 

私たちの世界は、努力を重ね、犠牲を払いながら、少しずつ進歩してきました。

 

ようやく現代の、その一部の地域に、「自分の人生を自分で決められる」という社会が実現したのです。

 

 

 

私たちは、恵まれています。

 

「将来、何になりたい?」という質問が「成立する」時代に生きているのです。

 

 

「受験」をとおして、私たちは、自分の人生を「前に」進めることができます。

 

 

 

結果を気にしない人は存在しません。そのために、がんばり続けてきました。

 

しかし、「受験」という機会を与えられているという「幸運」に、ほんの少しでも思いをはせてほしい。

 

 

きみたちは「悪意」に立ち向かうのではないのです。

 

 

公正な世界に生きているという確証のために、「点数の勝負」に挑むのです。

 

 

(ivy 松村)

 

都立中受検、終了

都立中の受検が終わりました。

 

 

この1年、さまざまなことを乗り越えて、この「最後の章」にたどり着きました。

受験指導をする機会をいただけたこと、その場に立ち会えたことをうれしく思います。

 

 

作文の授業で、ずっと繰り返し伝えてきたのは「成長」ということの「意味」と「価値」についてでした。

 

今日という日が、自分をどれだけ成長させてくれたのか、いつか気づく日が来るでしょう。

 

この素晴らしい経験を後押ししてくださり、支えてくださったお家の方に、必ず、感謝の気持ちを伝えてください。

 

 

 

手ごたえを感じている問題もあれば、手がつかなかった問題もありました。

 

期待や不安、安堵や後悔、全部含めて「受検」です。

あとは6日後を待ちましょう。

 

 

おつかれさまでした。

 

 

(ivy 松村)

Is there a will ?

今日は、私立高校の併願推薦の合格発表がありました。

 

無事合格を果たしました。おめでとうございます。

しかし、これは通過点ですので、「本番」に向けて気を引きしめていきましょう。

 

 

帰り際に「危機感」の話をしました。

 

「入試」の基準は、厳然として「合格点」にのみあります。

 

「自分基準」で「自分はがんばっている」と自分をなぐさめようとしても、そんなものは無意味です。

 

足りないのであれば、取り組みの量や質を上げていくしかないのです。

「合格点」に必要な努力を積み上げなければなりません。

そのための話をしているのです。

 

しかし、実は、私が一番いいたいのは「点の取り方」や「受験勉強」についてではありません。

「意志の所在」についてです。

 

今日話したことについて、よく考えてください。

 

 

Where there’s a will, there’s a way.

 

 

(ivy 松村)

 

Do you like English?

今日は、小6の英語の授業がありました。

都立中の受検勉強の合間の、ちょっとした「息抜き」になったようです。

 

最初の1か月、アルファベットに苦戦して、延々と書き取りをしていたころを思い出します。

あれほどまでに苦労した「英語」に癒される日が来るなんて。

 

去年の春から、継続的に英語の勉強をしてきました。

よくある「英会話もどき」のようなものではなく、英単語や英文の暗記をするための授業です。もちろん、英語の発音も指導しますが、英語を書く練習が中心です。

 

講習明けの今日、いきなり100 語以上のテストをしましたが、月、曜日、数、教科、家族、国名、食べ物、スポーツなど、これまでに学習してきた単語はほぼ完璧に覚えていました。

 

中学で英語に困ることはないでしょう。

 

 

夏休みに漢検の5級を取得しました。

2学期からは、中学で習う漢字の練習を始めています。

もし、その気があれば、中1のうちに漢検3級を取得できるでしょう。

 

 

2学期の10月から11月にかけて、1か月以上も歴史の勉強に費やしました。

 

急に下関条約やポーツマス条約の内容を質問されても、よどみなく答えられます。

 

以前にも言ったと思いますが、これまでの都立中の入試では、文系の問題のほとんどが「地理」からの出題となっています。しかし、必ずどこかの年度で「歴史」が「狙われる」はずです。

もしかすると、今年がそうかもしれません。

 

小学校6年生の社会科で勉強する「歴史」は、公立中学の入試の「出題範囲」に含まれています。東京都以外の公立中学の入試では、何度も出題されています。

 

もちろん、「歴史」が出るか出ないかは、当日になってみなければわかりませんが、蓄えた「歴史」の力は、今後大きな意味を持つでしょう。

今、中学の定期テストを受けたとしても、かなりの点数が取れるはずです。

 

 

苦手にしていた理系の問題も、調子が上がってきました。

今日は、英語の授業の後、「二進法」の問題を解いていましたね。

最近は、算数系の問題が得点源になっています。

説明をのみこむまでの早さに、驚かされます。

 

 

様々な分野で大きく成長しています。

しかし、君が一番好きなのは理科なのだそうですね。

 

そういえば、作文の題材でも理科の内容を書くことが多いような気がします。

最近では、モンシロチョウが花を見分ける実験や蒸散などについて書いていました。

 

実は、私は、特に「理科」に対する興味を大きくふくらませてほしいと思っています。

言い換えるならば、それは、科学への「いざない」です。

 

 

この一年、本当にいろいろなものを吸収し、身につけ、成長することができました。

自信を持ってください。

 

 

 

私たちは、受検のためだけの勉強はしてきませんでした。

もし、「それだけ」が目的なのであれば、英語など勉強する必要はなかったわけです。

 

でも、「受からなくてもいい」といってしまったら、それは「逃げ道」になってしまいます。

 

 

武蔵中や三鷹中の過去問演習では、合格するのに十分な得点を取ることができました。

しかし、志望校の過去問で思うように得点が取り切れません。

 

 

「くやしい」と思う気持ちは「本気」の証です。その思いを持ってくれることを、誇らしく思います。

 

 

全力で受検に挑んで、「その結果」を受け止めてほしいと願います。

 

私は、「その結果」を信じています。

 

 

自信を持ってください。

君は、才能を持っています。

 

(ivy 松村)

 

the way you’ve chosen

人生は、「選択」の集積です。

私たちは、常に「選択」を迫られ、「選択」によって人生が方向づけられます。

 

 

自分の「選択」は、自分の責任です。

 

 

「野球」をやりきることを選んだのであれば、その道を。

ただし、絶対に「野球」を逃げ道にしないこと。

 

「野球」のせいで受験勉強ができなかった、と、言い訳を口にしないでください。

「野球」を、自分の人生の「邪魔者」にしないでください。

 

 

私は塾の人間なので、勉強を最優先に考えます。ときに、「野球」に困ってしまうこともあります。

 

けれど、「野球」が、きみたちの人間性を磨いたのだと、折に触れて気づかされます。

私は、きみたちのあいさつや、返事や、根性や、律儀な態度や、建設的な考え方が大好きです。

 

大きな試練に挑戦しようとしているのでしょう。

その経験が、糧となるにちがいありません。

 

 

がんばってください。

 

 (ivy 松村)

Short Message

高校に入学した人たちに、ひとつだけアドバイス。

高校に入ったら、自分の学校の評価を細かく気にしないこと。

 

その高校で過ごし、思い出を作り、その経験を携え、これからの人生が続いていくのです。

自分にとって、かけがえのない、素晴らしい高校生活をおくるために、何ができるのかを考えましょう。

そして、その先の道へとつながるものを、高校時代に育みましょう。

 

いつか、高校の話を聞かせてください。

 

(ivy 松村)